健康診断などで、「コレステロールが高いですね〜」
なんて、お医者さんに言われてちょっと危機感を覚えるようなことあると思います。

そんな、コレステロール対策を考えているあなたに朗報です。
その鍵を握るのは、健康効果の高いシリアルの代表、オールブラン

今回は、コレステロールとオールブランの関係についてご説明します。

コレステロールとはどんなもの?

2015-08-11b-2

「コレステロール0%」とか「コレステロールを下げる」
という謳い文句で売られている食品がたくさんあるのは見たことがありますよね。
でも、コレステロールが高いとどんな悪影響があるのでしょう。

コレステロールというのは全てが悪いわけではなく、身体にとって必要なものでもあります。
その役割は、細胞膜を構成する成分となったりビタミンDの合成に関わること。
ですから、不足してもいけないものなのです。

また、善玉コレステロール、悪玉コレステロールという言葉を聞いたことがあると思います。
善玉コレステロールは正式にはHDLコレステロールと呼ばれ、
悪玉コレステロールはLDLコレステロールと呼ばれます。

HDLコレステロールは余ったコレステロールを体外に排出する役割を担い、
LDLコレステロールは摂取したコレステロールを全身に運ぶ役割を担っています。

LDLコレステロールが高すぎると、過剰に血管内をコレステロールが動くことになり、
そしてそれが留まることによって動脈硬化や心筋梗塞などのリスクが上がってしまうため
悪玉と呼ばれているのです。

悪玉コレステロールを下げるためには

この悪玉コレステロールが過剰になると、大きな病気のリスクが上がってしまうことはご説明しました。
では、悪玉コレステロールを上げない、もしくは上がってしまったものを
下げるためにはどうすれば良いでしょうか。

よく推奨されるのは、肝機能を向上させることと、α-リノレン酸やDHA、
EPAなどのコレステロールを下げる成分を含む食品を食べるようにすることです。

そして、今回特におすすめしたいのが、食物繊維を積極的に摂るようにすることです。
食物繊維は、腸内にあるコレステロールを吸着して便として排出させる効果ももちろんありますが、
それ以上に重要なのは、胆汁酸との関係です。

胆汁酸は、肝臓で作られる消化液の一つなのですが、この材料として使われるのが、
LDLコレステロール、つまり悪玉コレステロールなのです。

食物繊維には腸内の胆汁酸も吸着して排出するため、
それに応じて身体は悪玉コレステロールを使い胆汁酸を作ります。
ですから、食物繊維が豊富な食生活を心がけるとどんどん悪玉コレステロールが使われ、
血中のコレステロール濃度を適切な状態に保ってくれるというわけです。

食物繊維をオールブランで手軽に摂ろう

ここで、その食物繊維を摂取するのにおすすめしたいのが、オールブランです。

オールブランは、その食物繊維の豊富さから
特定保健用食品の認定も受けるほど健康効果が高いことで知られます。

日本人の食生活は、食物繊維が不足しやすいことが問題視されています。
一日に必要とされる食物繊維量はだいたい20〜25gですが、
平均では一日に14g程度しか摂れていないという報告もあります。

これでは、コレステロールだけではなく、便秘や大腸がんのリスクも高まってしまいます。

ですが、今回の話の主役であるオールブランは、1食で一日に必要な食物繊維の
7割を摂取することが可能で、食生活に1食取り入れるだけで、
食物繊維の必要摂取量を満たすことがとても簡単になります。

残りの3割は、それ以外の食事で容易に摂取できる範囲の量なので、
オールブランを取り入れるだけで、
食物繊維の必要量を満たした食生活が本当に手軽に得られるということになります。

まとめ

2015-08-11c-2

このように、オールブランを取り入れることで、便通や大腸がん対策だけでなく、
コレステロールの対策にもなることはあまり知られていないと思います。

ですが、サプリメントや薬でコレステロールを抑えるよりも、
毎日の食事で管理できた方が、より健康的だと思いませんか?

コレステロールの数値は、心臓や血管に関わる大きな病気の原因となりやすい要素です。
ですから、健康診断などで、コレステロールが正常でないと宣告された人は、ぜひ食物繊維を積極的に摂るべきです。

しかし、病院で言われたからと、いきなりおかずの品目や、食事の構成を変更するのは大変なものです。
そんな時は、オールブランで手軽に食物繊維を補うようにしてみてはいかがでしょうか。