ここ数年、甘酒ブームが続いていますが、
それと似たような「どぶろく」というお酒がありますよね。

こちらは甘酒とは異なり、アルコールをしっかり含む「お酒」に分類される飲み物ですが、
材料は甘酒と同じく麹菌お米なのです。
と、いうことは、どぶろくも甘酒と同じような美容や健康の効果がありそうですが、実際はどうなのでしょうか。

そこで今回は、甘酒とどぶろくの違い、そして美味しい飲み方についてお伝えします。

どぶろくとはどんなお酒?甘酒とはどう違うの?

どぶろくとは、炊いたお米に米麹を加えて発酵させただけのお酒を指します。
でも、これって甘酒と同じ作り方ですよね。

そう、甘酒もお米を米麹の力で発酵させて作られますが、
こちらは発酵によってお米のでんぷんから糖ができるところまでで加熱して発酵を止めたもの

どぶろくはここで発酵を止めず、
できた糖を餌にして酵母菌アルコールを作り出すところまで進めたもの

このことから、アルコールを含むどぶろくは分類上は「酒」
含まない甘酒は「清涼飲料水」に分けられるようになるのです。

どぶろくはお酒なので製造や販売に国の許可が必要ですが、
甘酒はお酒ではないので自宅で自由に作ることができるという違いもあります。

アルコールがあるかないかがどぶろくと甘酒の大きな違いだと覚えておくと良いですね。

甘酒もどぶろくも美容に良いらしい!

甘酒(米麹からできたもの)とどぶろくは材料が同じということは、
同じような健康・美容への効果が期待できますよね。

甘酒と言えば、吸収の良いブドウ糖豊富なこと、
そして必須アミノ酸が含まれていることから「飲む点滴」と言われています。
身体が弱った時の栄養補給に昔から使われていることから、栄養の豊富さがわかりますね。

また、乳酸菌食物繊維が摂れることから整腸効果が得られるというメリットもあります。

どぶろくは、甘酒のブドウ糖からアルコールが作られただけのものなので、
アミノ酸、乳酸菌、そして濁りの成分である米麹がそのまま入っているので食物繊維も摂取できます。

お酒が苦手なら、甘酒の方がおすすめ!

先ほどのお話のように、どぶろくと甘酒は同じような栄養素が摂れるというのは確かなのですが、
どぶろくはやはりお酒なので、お酒に弱い人健康のため
栄養補給のために飲むというのはおすすめできません。

どぶろくのアルコール度数は商品にもよりますが、10%前後ビールよりも高い度数のものがほとんどです。


どぶろくは飲み口がさわやかなので、アルコールが入っていることを忘れてしまいそうになります。
そのせいでお酒に弱い人も油断してしまうんですよね……。

お酒が苦手なのに無理してどぶろくを飲むというくらいなら、
甘酒を飲んだ方が健康のためになります。
アルコールを薄めるためにあれこれ混ぜると栄養成分まで薄まってしまうので意味がありません。

どぶろくは、透明な日本酒を飲むより
色々な栄養が摂れるというくらいに考えた方が良いでしょう。

甘酒なら自宅で簡単に作れます。
こちらの動画のように、自分で作ってみてはいかがでしょうか。

甘酒の効果についてはこちらの記事もご参考に!

おすすめの甘酒・どぶろく

甘酒を自分で作るのは面倒くさいという人や、お酒が好きだからどぶろくを、
という人におすすめの商品をご紹介します。

おすすめの甘酒

マルコメ プラス糀 米糀からつくった甘酒

やはり大手メーカー製の甘酒がAmazonのベストセラーのようです。
味噌メーカーの甘酒で、粒が少なく、癖が無いことから万人受けする味です。
日持ちするパック入りで、まとめ買いすると安く入手できるというのも人気の理由ですね。

大手メーカー製なので、そのまま飲む以外にも
料理やスイーツに活用するレシピが豊富というのもおすすめポイントの一つ。

おすすめのどぶろく

酒田醗酵 みちのく山形どぶろく 雪化粧 火入れ

こちらは、楽天レビューで総合評価が4.73と大変高いです。
最近よく見かけるどぶろく風のお酒ではなく、
余計な手を加えていない「本物のどぶろく」というのがセールスポイントなのだそうです。

「本物」というとクセが強そうですが、酸味が控えめで香りもさわやか、とても飲みやすいお味と評判です。

まとめ

  • どぶろくと甘酒は材料はほぼ同じ、アルコールの有無が大きな違い
  • 材料と製法が同じなので、同じ健康効果が期待できる
  • どぶろくはお酒に弱い人が健康のため飲むのはおすすめできない

以上のようになりましたが、いかがでしたでしょうか。

どぶろくと甘酒、どちらの方が良いということは好みの問題になってきます。

甘酒は文字通り甘さが前に出た優しいお味ですが、
どぶろくは糖がアルコールに変化していることから甘さはそれほど無く、
乳酸発酵が進んでいるので酸味が出ているという特徴があります。

このような味の違いがあるので、甘党かどうか、酒好きかどうかに合わせて選ぶと良いですね。

甘酒もどぶろくも、これからの季節は冷やすと美味しいです。
夏でも健康のために続けたいものですね。