アムラという果実を知っていますか?
古代から心と身体の健康を守るために使用されてきたんですよ。

あまり聞きなれない果実ですが、どんな効果があるのか、
どんな使い方があるのかを詳しく説明します。

これで今日から「アムラ美人」になりますよ。

アムラってなに?

2016-12-06b

アムラはアーユルヴェーダの三大果実の一つで、
実は梅の実に似ています。

アムラとはトウダイグサ科の木の名前です。
インドや台湾、中国南部の山の斜面に生えています。

インドでは実だけでなく、種や葉、木の幹や根もすべて
として使用するのだそうです。
ジャムやピクルスとして食べることもでき、
さまざまな症状を改善してくれる、
まさに「食べる看護師」と呼ばれています。

ビタミンCやポリフェノール、ペクチンがとても豊富で
アンチエイジング効果に優れています。

抗酸化作用、免疫機能の向上、
肝機能保護などの作用があるので「若返りの果実」と言われています。

また、ビタミンBやカルシウム、カロテンも豊富なことから、
髪の毛の成長を促し、毛根を強化して髪の毛に潤いを与えてくれます。

アムラ風呂の効果がすごい!

少し贅沢ですが、アムラパウダー入浴剤として
お風呂で使うことも出来るんですよ。
バスソルトも一緒に入れると、より身体が温まります。

肌の透明感やキメが整ったり、
アトピーが改善することもあるようです。

アムラにはレモンの7倍、ポリフェノールはワインの10倍
その他にもミネラルなどもとっても豊富に入っているので、
美容効果がとても高いんです。

もちろんデトックス効果も高いんですよ。

入浴に関する記事はこちら♪

アムラのヘアケアがすごいんです!

アムラを使用した商品には、
シャンプーやトリートメントが豊富にあります。

アムラは髪の毛にハリコシを与えて、
頭皮を清潔に保つ効果があります。

インドでは古くから、
ヘナやシシカイと一緒に使うなどしてヘアケアに使われてきました。

ビタミンが豊富なことから、白髪にも効くと言われ艶も出します。

使い方はとっても簡単です。
粉末で売られていることが多く、熱湯に粉末を入れ、
良く混ぜて乾いた頭皮につけてマッサージします。

最後に残っているお湯を
髪の毛全体に馴染ませて揉みこみます。

また、ペースト状にして使用する方法もあります。

これで終わりです。
コンディショナーもいりません。

鉄分を多く含んでいるため、頭皮を健やかに改善し、
酸性度が高いため髪の毛のキューティクルをしっかりと引き締めるんです。

通常では落ちにくい毛穴に詰まった皮脂や汚れを
強力に吸着して、取ってくれるペクチンもたっぷり入っています。

たくさんシャンプー液を作った場合には、
1週間までなら保存がききます。
その際は冷蔵庫に保存しましょうね。

ただアムラには洗浄成分はないので、
シシカイと混ぜて使うことでシャンプーになります。

粉末の量は、個人差で効果が変わるため、
いろいろ調整して自分に合った量を使ってみてくださいね。

そのまましばらく時間を置いたらよく洗い流します。


みなさんも、効果を実感しているようですね。

アムラのサプリメント

「若返りの果実」とも言われるアムラですから、
サプリメントとして中から摂取したいですよね。

アンチエイジングでは、ヒアルロン酸
コラーゲンの保護に役立つポリフェノールがたっぷりです。

そして、ビタミンCは、整腸作用や抗酸化作用に優れています。

ストレス緩和にも効果を発揮するアムラのサプリメント。
1日数回に分けて飲むと効果的なようです。

また、アムラジュースもあります。
酸味とえぐみで、なかなか飲みにくい物もあるようですが、
健康と美のためならぜひ摂りたいところですよね。


やはり味はあまり美味しいとは言えないようですが、美しくなるため…ですね。

まとめ

2016-12-06c

いかがでしたでしょうか?

まだあまり馴染みのない
アムラ」という果実の効能ですが、
インドではクスリの代わりに使用されるくらいポピュラーな果実です。

アーユルヴェーダに詳しい人や、
自然派のシャンプーなどを好んで使う方には、
もうお馴染みの果実ですね。

色々なサイトやブログで、
オリジナルのレシピを載せている人も少なくありません。

生活に上手く取り入れ、美髪や美肌を手に入れて、
身体の中からもキレイになりましょうね。

ぜひお試しください。