小さい頃から皮膚に湿疹が出来たり、消えたりを繰り返してる人はいませんか?

その原因は様々ですが、
病院に行くとアトピーと診断された事がある人は多いと思います。
アトピーがひどい時には痒みも強く、
ついつい掻きむしって余計に悪化させてしまう事もありがちですが、
対処法としてはどんなお薬が良いのでしょうか?

とにかく即効性があるからステロイドを含んだ薬を使うという方もいるでしょうし、
ステロイドは副作用が怖いから非ステロイドの製品を使用するという人もいるでしょう。

どちらが必ず正しいとは言いませんが、
症状に合わせてなるべく正しい薬の選び方を学んでいきましょう。

アトピーの主な症状

2016-04-30b-2

まず、そもそもアトピー性皮膚炎とはどんな病気かと言いますと、
アレルギーを起こしやすい体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人などが引き起こす皮膚の炎症です。

症状としては痒みや湿疹が主で、
薬などで緩和しても時間が経つとまた発症しやすい厄介な病気です。

アトピーを悪化させる原因とは

アトピー体質の方は知らず知らずのうちに
アトピーを悪化させる原因を作ってしまっていませんか?

それは日々のちょっとした行動からも影響しているのです。
例えば、汗をかいたままで拭いたりせずに放置をして肌を不潔にしてしまっていたり、
石鹸やシャンプー、リンス、化粧品の使い過ぎで刺激により悪化してしまったりと
単純な日常生活の中でもアトピー悪化の原因は隠されているのです。

次に食事によって悪化させている場合もあります。
例えばアレルギーを引き起こす原因となるアレルゲンを摂取している場合です。

自分で意識をしないところで摂取しているというのは良くある話です。
その他にも精神的なストレスや寝不足、過労などアトピーを悪化させる原因はたくさん潜んでいるのです。

塗り薬はステロイド?非ステロイド?どちらが効果的?

アトピー性皮膚炎の治療法も様々ですが、
塗り薬で治療を行う場合に悩むのがステロイド製品か非ステロイド製品かと言うところです。

単純比較してメリット、デメリットを考えてみましょう。

まず、ステロイド製品の良いところはと言うと、
炎症作用の抑制と即効性があるという事です。

このステロイドの抗炎症作用というのは強力でアトピーの湿疹だけではなく、
膠原病や腎臓病、癌、気管支炎などあらゆる病気に対して効果があると言われ、
治療薬として重宝されています。

デメリットとしてはタンパク代謝や
糖代謝の異常により発生していまう病気があるという事。

例えば、白内障などは強いステロイドを使用した際に良く見受けられる病気で、
他にも緑内障や高血糖などもよく見られる病気です。

またステロイドは骨やホルモンに対しても影響を及ぼすため、
骨粗鬆症や生理出血などを引き起こす可能性もあるのです。
こうして考えると即効性と病気のリスクで使うか使わないか悩んでしまうところですね。

椿油はアトピーに効果的?

平成7年の朝日新聞でアトピー性皮膚炎の人が
椿油でかゆみや湿疹などの体質が改善したという記事が紹介されました。

内容として乾燥した肌というのは紫外線からの影響や雑菌などの影響を受けやすく、
その乾燥を防御するためには肌のバリアを強化しなければならず、椿油にはその効果があると言われています。

椿油は保湿効果と殺菌作用が高い事でよく知られており、
触感もサラサラで人肌に近い天然食物オイルですので肌に負担もありません。

これが皮脂としっかり混ざり合って肌のバリア機能を高めてくれるのです。
椿油はその昔、殺菌作用の強さからダニやシラミの駆除に使用されていたのを御存知でしょうか?

これは椿油に含まれているサポニンという成分のおかげなのです。
この効果により雑菌などのアレルゲンによるアトピーを防止してくれるのです。

まとめ

2016-04-30c-2

確かにステロイドには即効性や抗炎症作用があり、
症状を改善するには最適かも知れませんが副作用などを考えた場合、
必ずしも常用して良いものではないように感じます。

それならば、強い炎症はまずステロイドで軽減させてから、
その後は椿油のような天然の食物オイルなどで保湿や雑菌をして状態改善するという方法をお勧め致します。

肌だけでなく、内臓に対する副作用を考えても
薬に頼り過ぎない上手なステロイド使用を考えていきましょう。