よくなったり、悪くなったり、気長に付き合わなければと思いながらも、
長引くアトピー性皮膚炎の治療に疲れきっているあなたを襲うのが不安感。

そして、その延長線上にリバウンドの問題があります。
特に、ステロイド外用薬を使用するようになって、赤ら顔や顔が熱る副作用が出始めると心配になりますよね。
薬の副作用ということでステロイド外用薬の使用を中止しますが、
顔の表面がガビガビになったり、粉をふいたり、浸出液がでたりして、
初めてそれがリバウンドであることを周辺情報から判断する人が結構多いのです。

ひどい場合は外出もままならず、学校や会社も休みがち。ストレスもたまるだけでなく、
「早く治らなければ」との焦りから、悪循環を繰り返すことになります。

ですが、リバウンドについては、日本皮膚科学会のアトピーのページを見ても、ガイドラインの中に確かな記述はありません。
そこで、アトピー治療の現状とリバウンドの実態、肌への保湿効果について、今回は説明をしていきましょう。

アトピーはなぜ起こるのでしょうか?

2015-06-22-1b

日本皮膚科学会では、アトピー性皮膚炎は、増悪、寛解を繰り返す、
痩痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つと定義しています。

ようは、悪くなったりよくなったりしながら、痒みとか湿疹を伴ないながら、遺伝的要因を持つことが特徴とされています。
アトピー性皮膚炎の原因は諸説あり、必ずしも明確にはなっていません。
しかしながら、遺伝体質、環境などが関係していることは間違いありません。

中でも、アレルギーが大きく関与しているははっきりしています。
アトピー性皮膚炎は、アトピー性素因を持ち、皮膚が乾燥しやすいドライスキンの人に多く見られます。
そこで、アトピー性素因とドライスキンについて見てみます。

アトピー性素因って、なに?

日本皮膚科学会ではアトピー性素因について、本人、家族が

  1. アレルギー性の疾患(気管支喘息、アレルギー性の鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)を持っている。
  2. 免疫システムの中で、特定の異物を除くIgE抗体を作りやすい体質を保持していることの2点を挙げています。

つまり、アレルギー家系に多く発症しやすく、アトピーだけでなく、
他のアレルギー疾患との関連性も高いということを強調しています。

ドライスキンって、なに?

では、次にドライスキンについてです。
私たちの皮膚表面の角質層は、保湿成分や油分を含んだ皮膚バリア機能を持っています。
その役割は、体内の水分の滲出を防ぐのと同時に、多くの外界からの物質の侵入を阻むことで、
言ってみれば、外部の刺激から身体を守ることです。

例えば、空気の乾燥、紫外線、化学物質などの外部刺激に対して、
保湿効果のあるアミノ酸や尿素成分、それから、皮膚表面上の表皮の角質細胞を繋ぐ
脂質主成分のセラミドが、水分が外にでないように守っているのです。

それに加えて角質層の上を皮脂膜が守り、バリア機能をより一層強化しています。

アトピー性皮膚炎の人はバリア機能が弱まっています

アトピー性皮膚炎になる人は、この保湿成分やセラミドが少なくなっていることがわかっています。

というのも、皮膚表面のバリア機能は、引っ掻くなどの物理的刺激だけでなく、
大気中の刺激などでも傷つきやすく、バリア機能に低下が見られます。
まさにアトピー皮膚炎は、さきほどの保湿成分やセラミドが少なくなったドライスキンの状態で、

しかもバリア機能が弱体化したところに、アレルギーの大因のアレルゲン、微生物の侵入を許すのです。

アトピー性皮膚炎の患者さんが、薬、化粧品、金属などによる刺激で、かゆみの症状がでるのは、このためです。
かゆみの症状は、負のサイクルを呼び起こします。
バリア機能が低下すると、少しの刺激でも痒くなります。

かゆくなれば無意識のうちに掻く。そうなればバリア機能は破壊の連鎖を続け、
ダニやアレルゲンの侵入がしやすくなり、
その結果として炎症を起こすことが続き、症状の固定化に陥りやすくなります。

アトピー性皮膚炎についてはこちらの記事もご参考に!

アトピー性皮膚炎のリバウンド

これまで見てきたとおり、アトピー性皮膚炎は、アトピー素因に代表されるアトピー素因と、
バリア機能の低下に起因することがわかっています。
巷間、ステロイド外用薬が原因ともっともらしく言われておりますが、まったく根拠のない噂話です。

実際、アトピー関係の本にも書かれているのを見るにつけ、科学的根拠のないデマを信じる人がいるのには、驚かされます。

多くの場合、アトピー性皮膚炎には、標準治療になっているステロイド外用薬が使われます。
皮膚の炎症を抑えるのにはうってつけの薬剤です。

ところが、途中でステロイド外用薬の使用を止める人がいます。
その結果、せっかく炎症を抑える過程にあったにもかかわらず、以前にもましてぶり返すことがあるのです。
それを見て噂話と結びつけてリバウンドと勝手に解釈し、その情報が、また独り歩きを始めます。
炎症までしっかり治療が行なわれれば、ステロイド外用薬を止めても、すぐに悪化しないことを肝に銘じてください。

アトピー性皮膚炎には、スキンケアによる保湿が重要です

2015-06-22-1c

アトピー皮膚炎の原因としてバリア機能について説明しましたが、
その中に、角質層の保湿の問題がありましたね。

そう、保湿はアトピー性の皮膚炎を撃退する大事な要素なのです。
しかも、肌を清潔に保つことを同時に行なえば、もっと効果が現れます。

まずは、

  1. 汚れを落とし保湿をすることで、皮膚の炎症、治療効果が得られます。
  2. 汗や汚れを落とすために、シャワーをこまめに実行します。
  3. その後は、肌の保湿に気をつけて、保湿薬を丁寧に使います。
  4. ステロイドなどの外用薬は、保湿薬を先に塗り、その後から塗ることを忘れないようにしたいですね。

いかがでしたか?アトピー性皮膚炎の克服には、3本柱の標準治療法でアプローチいたします。

  1. 清潔な肌、そして潤い(保湿)。
  2. 炎症を抑えるための薬物(ステロイド、タクロリムス)外用薬での治療
  3. ご自分の生活周辺にある悪化因子の洗い出し。

などが挙げられ、正しい知識と気長に付き合う姿勢があれば、
必ず厄介なアトピー性皮膚炎からおさらばできること間違いありません。

保湿にはできるだけ無添加のものを使いましょう。
香料や添加物が原因でアトピーが悪化している場合もあります。

こちらは日本アトピー協会推薦品の商品なので
安心して使用してくださいね。

アトピー性皮膚炎ではリバウンドを気にするよりも、清潔な肌、
そして保湿に注意を払うことのほうが大事なこと、お分かりいただけたでしょうか。