ワイン好きの人なら、秋のボジョレーヌーヴォーの解禁が毎年待ち遠しいなんて人も多いですよね。
でもボジョレーヌーヴォーってどうして毎年11月の木曜日に解禁されるのでしょうか?

ボジョレーヌーヴォーについて詳しく知らない人もわかるように、ボジョレーヌーヴォーに
ついてや色々なうんちくもご紹介していきます。

そもそもボジョレーヌーヴォーって?

2015-09-06b-2

ワイン好きならまだしも、ボジョレーヌーヴォーはワイン。
ぐらいの知識しかない人は世の中結構多いものです。
そこで、ここで詳しくボジョレーヌーヴォーについてみていきましょう。

まずボジョレーヌーヴォーという言葉に注目してみましょう。
ボジョレーとは、フランスのパリ東南部にあるブルゴーニュ地方にある地区の名前です。
この地区は、花崗岩質の石灰粘土層の土壌に恵まれていて、赤ワインの原料である黒ブドウの
一種であるガメ種が育つのに最適の環境になっているんです。

また、この地区特有のワインの作り方というものがあり、通常は発酵する前のぶどうを破砕します。
でも、ボジョレーではぶどうを房ごとタンクに入れて発酵させるという作り方をしているんです。
これによってぶどうの実内部のいろんな成分が出されて特有の味が出来るんです。

そしてヌーヴォーという言葉。
これを訳すと、新酒という意味になります。
ボジョレーヌーヴォーは、夏の終わりにとったぶどうをその年の内に作ったつまり新酒になるわけなのです。

つまりボジョレーヌーヴォーとは、
フランスのボジョレー地区でその年の夏に収穫されたぶどうで作られたワインなのですね。

ボジョレーヌーヴォーはどうして11月の第3木曜日に解禁される?

そもそもはボジョレーヌーヴォーには解禁日はなかったのですが、
競争により早く出回ってしまうことで、品質の低下が起きるようになってしまいました。

ボジョレーヌーヴォーの品質を守るために、解禁日が設けられるようになりました。
もともとの解禁日は11月15日と決まっていたのですが、
11月15日が土日になってしまうことがあり、土日だとワインの運搬業者の休日と重なってしまうリスクがあります。
そういった理由と1984年の11月15日が木曜日だったことから1984年以降11月第3土曜日が
ボジョレーヌーヴォーの解禁日とされたのです。

ボジョレーヌーヴォーをおいしく飲むには?

せっかくのボジョレーヌーヴォーだからこそ、おいしく飲みたいものですよね。
どうやったらおいしく飲むことが出来るのでしょうか?

まずワインは寝かすとおいしくなる、というイメージで何年も寝かす場合がありますが
ボジョレーヌーヴォーは新酒を楽しむものです。

だからこそ、ボジョレーヌーヴォーはその年に飲みきることがおいしく飲むためには大切なことです。
さらには、飲む時の温度も大切です。

ボジョレーヌーヴォーは、10〜15℃の温度で飲むとおいしく飲むことができます。
冷蔵庫で1時間ぐらい冷やしておくか、冷蔵庫で冷やしておいたものを飲む30分くらい前に
外に出しておくと適温になっておいしくなりますよ。

ボジョレーヌーヴォーのうんちく色々

ボジョレーヌーヴォーを飲む時に、ちょっとしたうんちくを話しながら飲むとよりおいしくなりますよね。
ボジョレーヌーヴォーに関するうんちくをいくつかご紹介しますね。

うんちく1 ボジョレーヌーヴォーは日本が輸入量1位!

全世界でもダントツで日本がボジョレーヌーヴォーを輸入しています。
その数がどれくらいかというと、輸入量第2位のアメリカが220万本ほどなどに対して
日本はなんと880万本。およそ4倍の量です。
ワイン好きではないけれども、イベントが大好きな国民性がわかりますよね。

うんちく2 ボジョレーヌーヴォーに値段の違いがある理由

ボジョレーヌーヴォーといっても、それぞれで値段が違いますよね。
なぜ値段の違いが出てくるのでしょうか?

これはボジョレー地区から輸出される際に、届けるまでの運搬費や人件費の違いです。
時間をかけてゆっくりと船でくるものと、鮮度を大切に飛行機で運ばれるものでは運搬費は格段に変わってきます。
新酒のおいしさをとにかく早く味わえるように飛行機で運ばれたものほど値段が高くなるんですね。

うんちく3 ボジョレーヌーヴォーに白ワインがない理由

ボジョレーヌーヴォーと言えば赤ワイン。
白ワインが好きな人にとっては、どうして白ワインがないんだ、と感じる人もいるかもしれません。
先述の通り、ボジョレーヌーヴォーはボジョレー地区でつくられたものに限られていますし、

なによりボジョレー地区のガメイ種という黒ぶどう100%で作られたものにだけ
「ボジョレーヌーヴォー」という名前がつけられるのです。
だからこそ、白いボジョレーヌーヴォーがあったらそれは偽物です。

まとめ

2015-09-06a-2

ワイン好きなら11月の第3木曜日が毎年待ち遠しいと思っていることも多いですよね。
ボジョレーヌーヴォーは、その年のおいしさを楽しむためのお酒です。

大切な人や友達、家族と特別な時間を過ごしましょう。
たまには一人でしっぽり飲むのも悪くないですよ。

おいしいチーズを取り寄せてみたり豪華なおつまみを買ってみたり
ワイングラスもいつもは使わないものを用意してみたり、、、

ボジョレーヌーヴォーが年に一度の特別なお酒なのと同じように
ワイン好きとしても、特別な気分を味わいたいものですね。

また、よく○年に一度なんて広告されますが、これは広告文句のひとつです。
広告文句に踊らされることなく、その年ごとのおいしさを楽しんでくださいね。