肌荒れ改善用の医薬品や美容系サプリメント、
女性向け栄養ドリンクなどでよく見かける「Lシステイン」という成分。

お肌に良いものだということは大体想像が付きますが、
具体的にはどんなふうに作用するのでしょう。

美白とひとくちに言っても色々な効果が考えられますから、
このLシステインがどんな効果を持って、
どのように作用するのかを調べてみました。

Lシステインとは

2015-07-09-1b

Lシステインアミノ酸の一種で、代謝を助ける役割を持ち、
皮膚、髪、爪などに多く含まれます。

ですが、通常はアミノ酸は食事で摂取しますが、
このLシステインは自然の食品から直接の摂取が難しいために欠乏しやすいアミノ酸のひとつです。

このLシステインの役割は代謝を助けることだとお伝えしましたが、
まず第一に、皮膚の新陳代謝つまり新しい皮膚を生まれ変わらせる
ターンオーバー」と呼ばれる現象を補助します。

また、エネルギー代謝を促進する作用もあるので、
身体を疲れにくくする効果もあります。
そして体内に入ったアルコールの分解にも働きかけ二日酔いを防いだり、
もう既に起こってしまった二日酔いを軽減させることもできるのです。

このように多岐に渡る効果があるLシステインですが、
やはり一番注目されている効果は最初に挙げたお肌へのアプローチ。

この効果に着目して、お肌に対する効果を詳しく説明します。

Lシステインと美肌

まず、Lシステインの効果としてターンオーバーを助けることはご説明しました。
そのほかに、お肌のハリを保ち、乾燥を防ぐコラーゲンの生成を補助する効果もあるのです。

ですが、これだけではありません。
「美白の栄養素」を謳うくらいですからお肌のハリやみずみずしさを保つ以外にも、
肌の色に働きかける効果も、Lシステインにはあります。

それは、お肌のシミホクロの原因となるメラニンを抑制する力です。
メラニンができるためには、チロシナーゼという酵素が働きますが、
Lシステインは、このチロシナーゼの働きを抑えるのです。

それによって、メラニンの生成が阻害されシミやホクロができるのを防げるようになります。

また、既にできてしまったメラニンに対しても、先ほどご説明した、
ターンオーバーを促進する作用によって皮膚から体外への排出を促してくれます。

このように、肌にシミやホクロができないようにする作用と、
できても無くする作用があるために「美白の栄養素」と呼ばれているのですね。

Lシステインをどうやって摂れば効果的なの?

Lシステインの効果が高いことはわかったけれど
どうやって身体に取り入れればいいの?という疑問もわいてきますよね。

それは、やはり栄養素ですから、食べ物から摂取することが可能です。

ですが、Lシステインの状態で含んでいる食べ物は、ほとんどありません。
ですが、体内でLシステインを作る栄養素なら、多くの食べ物に含まれます。

それは、「メチオニン」という必須アミノ酸です。これは、豚肉や卵、
ブロッコリーや芽キャベツ、にんにくや玉ねぎなどに含まれています。
これなら、普段の食事でもよく使用する食材です。

ただ、メチオニンをLシステインに変化させるのに必要なビタミンB6も一緒に摂らないと、
Lシステインになる手前の「ホモシステイン」という成分として体内に残り、
動脈硬化のリスクが高まるとも言われています。
この点は、注意したいところです。

また、美肌効果を狙ってLシステインを摂取するなら、
同時にビタミンCを含む食品も食べた方がより高い効果を得られます。

このように、色々な制約があるために、
食品で摂るのは面倒に感じる人もいるでしょう。
そんな人は、サプリメントなどもありますので、
まずはLシステインだけをサプリで摂取するといいでしょう。

もっと確実にシミをアプローチ!

Lシステインにも美白・美肌効果はありますが、もっと効果的に作られたサプリもあります。

こちらはシミへの効能効果が認められた医薬品です。
そう!サプリメントではなくシミに効果的なお薬なんです(*^^*)

本当に効果があるのかわからないサプリよりも、確実にシミにアプローチしていきましょう!
また、小じわにも効果があるのでお肌の悩みも全て解決してくれますね。

そんなシミにも小じわにも効果のある医薬品は国内ではロスミンローヤルだけみたいです。
腰痛肩こり冷え性にも効果的なので一本買っておくと毎日快適に過ごせますね(*^^*)

まとめ

2015-07-09-1c

いかがでしたでしょうか。Lシステインがどういうものかとその効果、
摂取の方法や注意点などについてご説明しました。

このLシステインは、美肌、肝機能、ダイエットなど、色々な健康効果が期待できる栄養素です。
食べ物から摂取しようと思うと色々と面倒事もあります。

ですが、現在はこのLシステインに注目したサプリメントや
健康飲料が各メーカーから発売されています。
食品からLシステインを摂るよりもこのようなサプリメント等を利用した方が確実かもしれません。

ともあれ、美白や美肌は、年齢に関係なく女性の永遠の憧れです。
少しでも美肌になれる可能性があるなら、

Lシステインもこれからどんどん摂るようにしていきたいものですよね。