ヨーグルトを顔にぬる、「ヨーグルトパック」ってご存知ですか?
ヨーグルトには、乳酸菌ホエイ、たくさんの水溶性ビタミンが含まれていて、
保湿効果も高く、またピーリング効果もあるので、
ヨーグルトパックは、皮膚やお肌にとても有効なケア方法なのです。

このヨーグルトパック、実はビキニラインケア黒ずみにも効果的なのです。

ヨーグルトが黒ずみに効果的な理由は・・・

どうして、ヨーグルトパックがお肌に良いのかご存知ですか?
ヨーグルトに含まれる水溶性ビタミンには保湿効果もあるので、
乾燥が原因のシミ黒ずみ肌荒れを防ぐ効果があるからです。

そして、デリケートゾーンの黒ずみの原因もまた、下着のこすれによる摩擦乾燥が原因なのです。
また、ヨーグルトに含まれる乳清(ホエイ)は、デリケートゾーンを酸性に保ち、
菌の増殖を抑える働きがあるので、デリケートゾーンのケアにはうってつけです。

ヨーグルトパックが、ビキニラインの黒ずみだけでなく、
デリケートゾーンのケアにも有効だということになります。

デリケートゾーンにも使えるヨーグルトパックの作り方は、とても簡単です。

【材料】

ヨーグルト
大さじ3
ディッシュペーパー
 4,5枚(大きめなコットンでもOK)

【作り方】

  1. ヨーグルト大さじ1をティッシュペーパーに乗せて伸ばす

    ティッシュは2枚重ねがおすすめ

  2. ビキニラインの気になる所にそれを使って5分ほどパックする

  3. 5分経ったら、シャワーで洗い流す

    ごしごしこすらずに、優しく洗い流してください

尚、ヨーグルトは乳製品ですので、乳製品のアレルギーを持っている方はこの方法は控えてください。

また、パックをする前に、少量を肌につけてパッチテストをしてからパックすることをおすすめします。

ビキニラインの粉瘤、痛み始めたら病院へ

ビキニラインに、しこりのようなものができることってありませんか?
場所が場所なので、恥ずかしくて相談しにくいですよね。

これは、粉瘤といいます。
これはおできのようなもので、皮膚の良性腫瘍の中でも、最も多くみられるものです。

粉瘤とは、皮膚の下に袋が出来て、その中に皮膚の古い角質老廃物などがたまったものです。
触ると固い感触がして、しこりのようになっています。

粉瘤は良性腫瘍の一種ですので、例えば今すぐ癌になるようなことはありません。
また、粉瘤は出来たとしても、規則正しい生活をしていれば自然に消えることもあります。

しかし、ビキニラインのしこりはちょっとしたことで刺激を受けやすく、
粉瘤を放置しておくと、まれにしこりの中に雑菌が入って炎症を起こして腫れ上がることもあります。

できものの中に膿がたまっている状態ですので、
中にはその膿を自分で出してしまう人もいるようなのですが、これで完治という訳ではありません。

もしも、粉瘤が大きくなったり痛むようになってきたのなら、整形外科皮膚科で診てもらいましょう。
粉瘤がひどい場合は、簡単な切除手術になることもあります。

デリケートな場所なので、診てもらうのはちょっと…と思う方は、
とりあえず婦人科で相談してみましょう。
そして、皮膚科や整形外科への紹介状を書いてもらってはいかがでしょうか。

ビキニラインのケアグッズ

気になるビキニライン、市販のケアグッズでどんなグッズがあるか少し調べてみました。

薬用 ピュアバージンピンク

  • 友人に紹介していただき、膝や肘の黒ずみにも効くよと聞きましたので、
    愛用しています?*.+゚大きいサイズはお家用で、小さいサイズは持ち歩き用にしています!使って3ヵ月くらいたつのですが、皮膚自体少し柔らかくなってきているように思います!!黒ずみも少しマシになってきましたのでもう少し経過観察してみたいです
  • ひざや下着による摩擦の黒ずみや、乳首がピンクになると聞いて愛用しています*¥(??∀??)/*?保湿力が高く、アレルギー体質な私でもバージンピンクは使いやすく、愛用中☆塗りすぎるとたまにポロポロ出るので、そこだけ注意ですかね(°▽°)入れ物が昔ながらで、それがまた良いのかなと思っています☆笑

ビキニラインに限らず、身体の黒ずみ全般によく効くようですね。
デリケートゾーンの黒ずみにも効くという商品案内でしたが、そのレビューは見受けられなかったのが残念です。

皮膚が柔らかくなり、美白効果もあるとか。
みなさん、さまざまな理由で購入しているようです。

MDピンクニップル

  • あまり量を多く出しすぎて使うと皮が剥けて赤くなりヒリヒリしました。でも回りから段々色が薄くなってきた感じです。しばらく使い続けてみます。
  • 黒ずんだ表皮を、このクリームを塗ることでペリッと剥けさせ、無理矢理新しい表皮にする結果、ピンクになるというクリームのようです。
    クリーム自体ではヒリヒリしませんが、その結果表皮が薄くなってきた時は、クリームだけでなくお湯もしみました。
    クリームもかなりくさいです。結果的に、ピンクではなく赤くなりました。
    すごく不自然だし、腫れ上がっておかしかったです。オロ◯◯ンの方がよっぽど優秀です。これは捨てました。

こちらも、ビキニラインだけではなく、乳首や身体の黒ずみがピンク色になるというクリームです。
量を使いすぎるとしみる、目に見えた効果が出るまで1か月ほどかかるとのレビューもありましたが、
Amazonで★5つの評価をしている人が多いので、それなりに効果があるかと思います。

黒ずみについてはこちらの記事もご参考に!

日頃からできるビキニランケアには、締め付けない服と、保湿を。

さて、それでは日頃からできるビキニラインの黒ずみ対策はないのでしょうか?

ビキニラインの黒ずみの原因は、主に下着の摩擦と、乾燥が原因のようですので、
この二つに重点を置いてケアをしてゆくのが良いかと思います。

  • 下着の摩擦を減らす
  • まめに保湿する

日頃から下着と皮膚が摩擦を起こさないようにするのが重要です。

下着を天然素材コットンシルクにしてみたり、
あるいはサイズに合わない下着であれば、ちゃんとサイズに合った下着をつけるのも大切です。

また、服装も、股をあまり締め付けないスカートやシームレスカットにするなど、
それだけでも随分違うと思います。

そして、ビキニラインの黒ずみは、
色素沈着が表皮だけではなく、その内部まで及んでいることが多いです。

肌のターンオーバーも一か月ほどですが、
内部まで色素沈着していると、その色素が抜けるまでは1年以上かかることもあります。

根気よく保湿ケアをして、美白効果のある食品を食べて、時間をかけて治してください。

まとめ

  • ビキニラインの気になる黒住には、ヨーグルトパックが効果的
  • ビキニラインにできた粉瘤は、一般的に良性腫瘍ですので入院するほどではない
  • まれに悪性化したり肥大化するので、出来れば医師に診てもらうことをおすすめ
  • 日頃から下着の摩擦に気を付けて、保湿をするなどで黒ずみの予防ができる

気になるビキニラインの黒ずみは、ヨーグルトパックが効果的のようです。
黒ずみが気になる方は、是非一度、お試しになってみてはいかがでしょうか?

粉瘤も、基本的には陽性ですので、すぐに命に係わるようなことはありませんが、
痛んだり腫れてくるようであれば、病院に診てもらうことをおすすめします。

ビキニラインの黒ずみも、日頃のケアで予防することはできます。
ビキニラインの黒ずみは、とても気になるところですよね。

日頃からケアをしっかりして、気にならないようにしたいですね。