カレンデュラオイルって知っていますか?
カレンデュラオイルは、スキンケアアイテムのひとつですが
スキンケアだけではなく肌の弱い赤ちゃん湿疹にまで使うことができるのです。
でもカレンデュラオイルとはどういったものなのでしょうか?

カレンデュラオイルって?

2015-08-13b-1
カレンデュラオイルとはその名の通りカレンデュラという花のオイルです。
カレンデュラというとあまり聞き慣れませんが、日本でいうところのキンセンカがカレンデュラです。
カレンデュラオイルは他のオイルとその生成方法が異なります。
多くのオイルは種や実を直接抽出しますが、カレンデュラオイルは
カレンデュラをハーブにしてそれをオリーブオイルに漬け込むことで成分を染み出させるというものです。
そのため、カレンデュラオイルはカレンデュラの良いところと
オリーブオイルの良いところをあわせもったものなのです。

赤ちゃんの湿疹にも効果的

昔カレンデュラは戦争で傷ついた人たちの治療にも使われるほどのものです。
そのため、傷や炎症、肌荒れに効果が期待できるのです。
カレンデュラオイルの成分は、敏感肌や肌の弱い人、さらには赤ちゃんにまで使用できるものです。
なので、赤ちゃんがいるママの多くが悩んでいる赤ちゃんの湿疹にも効果が期待できます。
赤ちゃんの湿疹に対しては、皮膚科でもそこまで強い薬を使うことが出来ないため
病院で処方された薬を使用しても効果があまり出ないこともしばしばです。
ですがカレンデュラオイルであれば肌荒れや炎症にも効果が期待できるため
赤ちゃんの湿疹にも効果的なのです。
もちろん赤ちゃんにも使えるので、妊娠中のママの妊娠線予防などにもおすすめできるのです。

カレンデュラオイルを手作りしよう!

そんなカレンデュラオイルは自分で作ることもできます
赤ちゃんに使うのであれば自分で作ってより安心なものを作ってみましょう。
まず用意するのがカレンデュラのハーブです。
カレンデュラのハーブを5グラムとオリーブオイル5グラムを用意し、
日当たりの良い場所で2週間ほどオリーブオイルにつけておきます。
2週間経ったらガーゼで濾し、更に10グラムカレンデュラのハーブを使用し
同様にして2週間つけこみます。同じようにガーゼで濾します。
これで出来上がりです。
カレンデュラオイルとしてこのまま使用するのもOKですし、
耐熱容器で溶かしたミツロウと混ぜればクリームを作ることもできます。

カレンデュラオイルの効能とは?

赤ちゃんでも使用することができるカレンデュラオイル。
肌の炎症など以外にも効能があるのです。

カレンデュラオイルの効能についてご紹介していきます。
アンチエイジング
カレンデュラオイルに含まれるβカロテンは体に入ることでビタミンAとなります。
ビタミンAは体内から活性酸素を除去してくれ抗酸化作用が高いので、
肌・髪などの老化を防ぐアンチエイジングの効果があるのです。
収斂作用
収斂作用とはひきしめ効果のこと。
カレンデュラオイルにはこのひきしめ効果があるので、肌のしわやたるみに効果が高いと考えられます。
皮膚をやわらかくする
皮膚をやわらかくする軟化作用があります。
肌がやわらかくなることで、ニキビなどができにくくなるのです。
角質除去
カレンデュラオイルには古くなった角質を取り除く作用があります。
そのため、肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。
ホルモン調整
カレンデュラオイルには女性モルモンを調整してくれる働きがあります。
更年期であったり、生理不順であったりの女性の悩みの効果が期待できます。
傷を治す
カレンデュラオイルは炎症にも効果が期待できますが、傷にも効果があります。
青あざや打撲、切り傷などにも効果が期待できます。

まとめ

2015-08-13c-1
カレンデュラオイルは敏感肌、赤ちゃん、妊婦さんなど肌が弱い人でも
使うことが出来る優秀なスキンケアアイテムです。
スキンケアだけではなく、肌にいい効果をたくさんもたらしてくれるため、
肌が弱い人でなくても使用することをおすすめします。
傷にも効果があるので、ニキビなどで肌が傷ついている時にも
スキンケアとして使用できるので、ひとつはもっていてもいいと思いますよ。