乾燥肌や敏感肌、アトピー等のアレルギー性皮膚炎など、
肌のトラブルは現代人にとっては大きな悩みとなっています。
薬等に頼るのも良いですが合わないと症状が酷くなる事も有ります。
人の皮脂とほぼ同じ成分で、肌に優しく副作用が殆ど出ないと言われる「馬油」ですが
残念ながら極度の敏感の私には合いませんでした。
スキンケアは諦めるしかないのかなと思っていた時に勧められてのが「カレンデユラオイル」でした。
優しい使い心地にも関わらず、しっかりとスキンケアを行ってくれるので今では手放せないスキンオイルです

「万能なオイル」と言われる「カレンデュラオイル」

2015-08-18b-2
植物の種や実から直接取られる他のオイルとは、カレンデュラオイルは抽出方法が異なります。
植物を乾燥させて作られるハーブをオリーブオイル等の植物油に浸して、
成分をじっくりと抽出するのが、カレンデュラオイルです。

抽出に使われるハーブは日本でキンセンカ(または、ポットマリーゴールド)と呼ばれる、
黄色い花のカレンデュラです。
カレンデュラオイルはの発祥地はエジプトで、その後アメリカやカナダに渡り、
南北戦争の際にカレンデュラオイルを使って傷の手当てをしたことから、
高い皮膚治癒力がある事が広まりました。
黄色い花のカレンデュラは「太陽のハーブ」と呼ばれ、ヨーロッパでは庭で栽培されて、
乾燥してハーブにしてオリーブオイルに付けて「カレンデュラオイル」を作り、
子どもの怪我や打撲、女性の肌荒れ、やけどの治療等に用いられてきました。

自宅で作れる「カレンデュラオイル」

カレンデュラオイルは市販で売っていますが、自宅でも簡単に作る事が出来ます。
作り方を紹介しますので、一度自分で作られてみては如何でしょうか?
<作り方>

  1. カレンデュラのハーブ5をオリーブオイル5に浸して、
    日当たりの良い場所に2週間置いて、ガーゼで濾す。
  2. 濾した物に、さらに10のカレンデュラのハーブを入れて
    2週間浸けこんで、ガーゼで濾したら出来上がりです。

オイル状では使いにくいと思われる場合は、
耐熱容器に入れて溶かしたミツロウ4にカレンデュラオイル25 m?の割合で混ぜれば良質のクリームになります。

カレンデュラオイルの効用

カレンデュラオイルには、様々な効用があります。

  1. ビタミンA(カロチン)・ステロール・フラボノイドを含む為、
    傷ついた皮膚や粘膜。血管の修復を促す瘢痕形成作用があります。
    それにより、皮膚表面の保護能力が高められます。
  2. タンニンやカレンデュリンなどの収斂作用の強い成分が含まれている為に、
    擦り傷や切り傷、肌荒れだけでなく、肌を引き締めてしわやたるみの予防、改善などを行います。
  3. カレンデュラは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持っている為に、
    更年期障害や月経不順等の緩和に効果があります。

優しいオイルなので、年齢性別を問わずに誰にでも使えるオイルです。

手湿疹に高い効果あり

水仕事を行う事で、手の平や指の皮膚が乾燥して指の間に紅斑が現われて
悪化すると強い痒みが亀裂が生じる症状を手湿疹と言います。
家事などで毎日水仕事を行う主婦に多いことから「主婦湿疹」とも呼ばれています。
通常はハンドクリームやワセリンを使用するのですが、皮膚の再生を促し
保湿効果のある「カレンデュラオイル」を一緒に使う事で、効果が高くなります。

まとめ

2015-08-18c-2
アレルギー性皮膚炎や敏感肌など、肌トラブルがあるとスキンケアが出来ない以上に
肌の乾燥やトラブルによる痒みに悩まされます。
自分に合ったスキンケアを見付けると、多くの肌トラブルが改善されて
快適な日常生活が送れるようにもなります。
自分にあったスキンケア用品がまだ見つかっていない方
今使っているスキンケアに不満があるか方
他にもっと自分に有るスキンケア用品が無いかなと思われている方。
一度、カレンデュラオイルを為されてみては如何でしょうか?