副鼻腔にウミが溜まる蓄膿症
かかってしまうと、治りづらい上に、症状の鼻づまりがつらい病気ですよね。
手術で治す方法もありますが、そこまでひどくない、というの中には、

鼻づまり対策に綿棒を使う人もいるようですが、大丈夫なのでしょうか?
ここでは、面貌を使った対策はやってもいいのかと、蓄膿症の予防法などをみていきます。

蓄膿症の治療法は?

鼻うがいは、自分でできる効果的な蓄膿症の治療法です。

このような専用の容器やストローなどを使って生理食塩水を片方の鼻の穴から吸い込んで行います。
このとき真水を使うと、鼻の奥にツーンとした痛みがあるので、生理食塩水を使うようにして下さい。

生理食塩水は、塩分の濃度が0.9%の食塩水です。
作り方は、ミネラルウォーターか浄水器を通した水に、鼻うがい専用の食塩を混ぜて作ります。

生理食塩水を鼻の穴から吸いこんだら、咽喉の奥に溜めます。
このとき、生理食塩水を飲み込まないように気をつけて下さいね。

しばらくおいたら、咽喉の奥の水を口から出します。
これを5~6回くり返して行います。
反対側の鼻の穴からも、同様の回数行います。

生理食塩水に、うがい薬を混ぜると、殺菌効果もあってより効果的です。


鼻うがいは蓄膿症だけでなく、アレルギー性鼻炎にも効果的です。
でも、最初はやっぱり勇気がいりますよね。


鼻うがいは、やったらすぐスッキリするのが嬉しい効果ですよね。


鼻うがいの効果が抜群だったツイートです。ここまで効果的だと嬉しいですよね。

市販薬を使った治療法

蓄膿症には、市販薬もあります。
市販薬を使うと、症状が緩和されて、早く治りやすくなる傾向があります。
いくつか蓄膿症の市販薬をご紹介しますね。

チクナイン錠

9種類の生薬が効く蓄膿症の薬です。
鼻の炎症を鎮めたり、膿を抑える効果があります。

夷清肺湯エキス錠

中国で蓄膿症などの治療に使われる漢方薬です。
鼻づまりを改善する効果があります。

病院に通う治療法

病院で抗生物質を出してもらうのも一般的な蓄膿症の治療法です。
蓄膿症は、風邪やアレルギーの他に、細菌ウイルスに感染してもなるので、
耳鼻科に行くと、症状に合った薬を処方されます。
症状が治まっても、医師から大丈夫と診断されるまでは病院に通うようにして下さい。

病院で受ける治療には、ヤミック療法という新しい治療法もあります。
カテーテルを使って副鼻腔に溜まった膿を吸い出し、空いた副鼻腔に薬剤を入れる治療法です。

痛みもなく保険も使えるので、設備が整っている病院ではヤミック療法を受けるのもおすすめの治療法です。

綿棒にオイルを塗る対処法って何?

綿棒を使ってオイルを塗る対処法は、民間の蓄膿症対処法として有名です。

まず、鼻や副鼻腔に溜まった膿や鼻水を、鼻をかんで出して綺麗にします。
綺麗になった鼻に、馬油ハーブオイルを綿棒に2、3滴たらしてのどの奥に塗ります。
こうすることで、再び膿や鼻水が副鼻腔に溜まるのを防ぎます。

使用するオイルは、馬油がおすすめです。
天然由来のオイルなので、粘膜に塗っても優しい塗り心地で安心して使用できます。

ハーブのオイルでは、ティーツリーオイルがおすすめです。
ティーツリーオイルは、殺菌力が高いので、
副鼻腔に塗ることで蓄膿症の原因の細菌の繁殖を防ぐ効果が期待できます。
塗り方は馬油と同じで、綿棒の先に2、3滴つけて、のどの奥に塗ります。

馬油やエッセンシャルオイルについてはこちらの記事もご参考に!

でも、蓄膿症に綿棒で対処してもいいの?

蓄膿症に、綿棒を使って対処する方法はあくまで民間療法です。
行う場合は、自己責任で行うことになります。

病院で治療を受けるときに綿棒を使用されることもありますが、
市販の綿棒とは違う綿棒で、蓄膿症の治療薬を塗るので、これは自分で綿棒を使っての対処とは異なります。

綿棒でオイルを塗ることは、対処法としては効果がありますが、
あくまで民間の対処法ということを覚えておいて下さい。

蓄膿症の予防法は?

蓄膿症は、細菌やウイルスに感染して鼻の粘膜が炎症してなる病気です。
鼻の粘膜の炎症の原因は、ヒスタミンです。
糖分を摂りすぎると、ヒスタミンが増えてしまいます。
だから、糖分の摂取を控えることが、蓄膿症の予防には大切です。

アレルギーが悪化して蓄膿症になることもあります。
アレルギーは、消化の悪い動物性タンパク質を摂りすぎると悪化します。
野菜中心の食事で、魚などを摂るよう心がけることも、蓄膿症の予防になります。

風邪が長引いてかかることもあります。
だから、感染しないように予防することが大切です。
外から帰ったら、うがい手洗いをしっかりすることは蓄膿症の有効な予防法です。

まとめ

蓄膿症は、鼻水の他にも頭痛なども伴うこともあるので、なったら早く治したいですよね。
自己流の綿棒を使った対処は、病院ではあまりおすすめされないようです。
あくまで一時的な対処として、綿棒で消毒して市販薬や病院の受診などで早めに治していきたいですね。