汗をかく暑い時期には、臭いが気になりますね。
食生活によっても体臭は変わり、特に肉類の摂取量が多い方は、
気が付かないうちに周りが迷惑しているかもしれません。
臭いの対策は、大人のマナーでもあり、男女ともに大切です。

デオドラント商品は年々進化しており、
夏場を中心にボディーシートやパウダースプレー、クールコンディショナー、パウダー、ロールオン、固形タイプなど、様々な種類が店頭に並びます。

その中でもデオドラントウォーターは香りのバリエーションも多く、
全身に使いやすくおすすめです。

おすすめのウォータータイプのデオドラントは?

さっそく、デオドラントウォーターはどんなものがあるのかみていきましょう!
ドラッグストアに行く前の参考にしてみてくださいね。

ギャツビー/クレイジークール ボディウォーター アイスシトラス

6種類の冷感成分配合のボディウォーターで、ほてった体を瞬間冷却クール感が長時間持続します。
逆さでも使えて、背中にも使いやすい仕様で、冷たさを感じるシトラス系の香りです。

  • これこそスースーコスメの決定版、最強スースーしすぎてちょっと痛いくらい
  • とにかくスースー感が最高!べたつかないし、変なサラサラ感も無いです。
  • すごく涼しくなります!むしろ寒いくらいw でも効果は1時間弱かな…

ギャツビーの商品は、冷んやり感が女性用とは比較にならないほど強く、
夏場は特に女性にも人気です。
使いやすいスプレータイプで無香料もあります。
ボディーシートもおすすめです。

シーブリーズ/デオ ウォーター A ヴァーベナクール

汗とニオイをおさえ、いい香りが続く、爽快成分配合の制汗デオドラントウォーターです。
お出かけ前やスポーツ後、またリフレッシュしたいときにも使えます。

  • 香りは柑橘系でレモンやシトラスのような爽やかさと、スーッと清涼感ある心地良さです。汗をかいてベタベタしてる身体を、生まれ変わったかのようにサラサラにしてくれます。
  • 最初は旦那が使っていたのですが夏場は私も一緒に。爽やかな香り、柑橘系だし、レモンのようなハーブのようなロクシタンで好きになったこのヴァーベナの香り、大好きです。
  • 風呂あがりにしっかりクールダウンしてくれます。塗った所が風に当たったらヒヤッとしてとても涼しいです。さわやかないい香りで肌にのせた瞬間浸透してさらっとしてくれます。

デオドラントウォーターといえば、シーブリーズですよね。
最近ではバリエーションも増え、特にこちらの香りは大人でも使いやすいです。

デオドラントについてはこちらの記事もご参考に!

ウォータータイプのメリット・デメリットは?

やはり、使う前にデメリットなんかも知っておきたいですよね!
メリットも一緒にみていきましょう!

メリット

  • 外出前や入浴後に使うことで、汗を抑える
  • 香りのバリエーションが多い
  • 全身に使える
  • 保湿効果がある

出かける前や汗の出やすい入浴後に使うことで、汗を抑え、冷んやりサラサラを保ちます。

ウォータータイプは、シートタイプやパウダースプレーと比較すると、
香りのバリエーションが多いのも特徴です。

好きな香りを選べるのは嬉しいですね。
リフレッシュ効果も期待できます。
また、ロールオン固形タイプなどと比較すると、全身に使いやすくなっています。

そして、保湿成分が含まれているものもあり、夏用のボディローションとして使うこともできます。

デメリット

  • 外出先では使いにくい
  • 根本的な臭い対策にならないことがある

人前でパシャパシャ、もしくはスプレーするのは
大人としては少しマナー違反でもあり、恥ずかしいですね。
外出先では、シートタイプが便利だと思います。

なお、使い方(汗をかく前ではなく、汗をかいた後に使う)や商品によっては、
臭いの元を断つというよりも、香りやサラサラ感でごまかすことになります。
スポーツやジムの後には、シャワーを浴びた後に使うのがおすすめです。

また、どうしても成分を凝縮した固形タイプなどに比べると、局所的な消臭効果は劣ります。

他にはどんなデオドラントがある?

上で紹介した以外にもデオドラントケア用品はたくさんあります。
自分に合う物を見つけて、快適にケアしていきましょう!

ユニクロのデオドラントシャツはいいの?

ユニクロの夏用インナーといえばエアリズムが定番ですが、
デオドラントシャツも販売されているようです。

MEN ドライデオドラントメッシュVネックT

汗をかいてもニオイがしにくい消臭機能付きで
ニオイを元から中和するので、暑い時季でも清潔&快適な着心地を長くキープできます。
ドライ機能でサラサラの肌触りもキープしてくれるのだとか。
2017/11現在、オンラインショップでは完売しています


オンラインショップの口コミでは、安くて品質が良く、メッシュなので通気性が良いという声が多くみられました。

汗が蒸れると臭いの元になるので、通気性は大切です。
なお、ユニクロにはデオドラントソックスの販売もあるので足汗対策もバッチリです。

飲むデオドラントとは?

体臭は、汗や皮脂の分泌による雑菌の繁殖によって発生します。

そもそも日本人は、
野菜植物性たんぱく質中心の食生活のため、体臭がほとんどないといわれています。
欧米から広まった香水の文化は、元はその体臭を消すためのものです。

ところが、現代では食生活が変わり、体臭が強い人が増えてきています。
特に肉類の多い食生活をしている人は明らかに体臭が強く
周りの人のためにも、エチケットとして注意が必要です。

人工知能を利用し、身体の臭いをチェックできるサービスもあるようです。

飲むデオドラントは、
サプリメントを飲むことで、身体の内側から根本的な臭いの対策ができ、
臭いの元を殺菌消臭する成分が配合されています。

また、商品によってはホルモンバランスの乱れを整えたり、
利尿作用のある成分を配合することにより、汗の質や量を調整します。

なお、胸や背中の過剰な汗の原因として、体温調節機能が低下している場合があります。

飲むデオドランドはポリフェノールイソフラボンなどの栄養素を配合することにより、
身体の機能を正常に整えることが期待できます。
その結果として、胸や背中の過剰な汗の分泌を抑えることができると考えられます。

全身のニオイの悩みに使えるものは?

デリケートゾーン足の裏など、全身に使える
デオプラスラボ プラチナムというデオドラントクリームがあります。

デオプラスラボ プラチナムには、約97%の臭いをカットする柿タンニン40倍配合されています。
また、脇やデリケートゾーンなどの過敏な部分にも使える天然由来成分の
海藻シルク緑茶エキス紅茶エキスの力で臭いを抑えます。
医薬部外品の日本製なので安心して使えるのも嬉しいポイントですよね。

お肌に優しい天然収れん成分が5種類(セージ/シャクヤク/ドクダミ/甘茶/キノシタ)配合されています。
収れんとは、肌を保湿し、余計な汗や皮脂を抑え、
皮膚の温度が下がり、一時的に毛穴が引き締まります。
肌・毛穴を引き締めながら、肌のべたつきを軽減します。

更に、大豆イソフラボンが11種類も配合されており、
女性ホルモンに似た作用のなめらか効果もあるため、余分な汗をかかせません。
肌の潤い・ハリなどを補って乾燥を防ぐことができます。

上品な香りで嫌みがなく、
シシリアレモンの爽やかな透き通る甘さをもつ魅力的な香りで女としての魅力もアップしますね(*^^*)

まとめ

デオドラント商品は年々進化しており、冷んやり感やサラサラ感が持続し、
暑い時期を快適に過ごすことができます。

ウォータータイプのメリットとしては、

  • 汗を抑える
  • 香りのバリエーションが多い
  • 全身に使える
  • 保湿効果がある

デメリットとしては、

  • 外出先では使いにくい
  • 根本的な臭い対策にならないことがある

などが挙げられます。

お肌や体質に合う合わないもあるので、クリームなども
試してみるといいですね(*^^*)