お肌の乾燥やニキビなどのトラブルに高い効果が期待できると人気の「フェイスオイル
ですが、「エッセンシャルオイル」をプラスする事で、より高い効果が期待できるので、

上手にエッセンシャルオイルを使って、
ワンランク上のスキンケアをしてみませんか?

エッセンシャルオイルって何?

2015-11-06b-1

エッセンシャルオイルは「精油」とも呼ばれるもので、植物の花や葉、
果実などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した芳香物質の事を言います。

植物の種類によって特有の香りや働きがあり、アロマテラピーの基本となる物です。

「オイル」「油」と云う字が入る為に「油脂」と思われるかもしれませんが、
油脂ではなく、また、オリーブオイルやゴマ油などの植物「油」とも違います。
植物油の多くは脂肪酸とグリセリンが結合して出来た「油脂」と言われる物質ですが、
エッセンシャルオイルは天然の「有機化合物」が集まって出来た物です。

スキンケアにお勧めは

乾燥肌・・・ゼラニウム、カモミール・ローマン、ローズオットー、ローズウッド

肌荒れ、炎症(ニキビ)・・・ラベンダー、ローズウッド、カモミール・ジャーマン、ローズオットー

などがあります。

ただし、エッセンシャルオイルを現役のまま肌に付けると炎症を起こしたりしますので、
アーモンドオイルやホホバオイルなどの植物油で薄めて「フェイスオイル」として使って下さい。

植物油30mlに対して、エッセンシャルオイルを1〜3滴の割合です。

フェイスオイルでスキンケア

保湿力の高さだけでなく、
肌に馴染みやすく豊富な成分を含むなどで、
今美容通達が最期に行きつくのが「オイル美容」と言われています。

オイルは、成分が人間の皮脂組織に似ているものが多く、肌によく馴染み、保湿しながら
肌の皮脂のバランスを整えてくれる働きがあります。
また、肌の角質層にある細胞間脂質は油性のためオイルとの親和性が高く、
オイルの成分が細胞の隅々まで浸透しやすい性質があります

その他にも、抗酸化物質や必須脂肪酸ビタミン、ミネラルと云った肌に良い栄養素が
たっぷりとオイルには含まれています。
外的な刺激から肌を守り、肌の潤いをオイルの皮膜で閉じ込めてくれ、
豊富な栄養で健やかな肌を育んでくれます。

オイルの効果的な活用法

1.お手入れの最期はオイルで

朝晩のお手入れの最期に、顔全体にオイルをのばします。
これは、肌の表面をオイルで覆う事で、潤いを閉じ込めて保湿力を強化する事で、肌の乾燥を防ぐ事が出来るからです。
最初は1〜2滴のオイルから初めて、自分にベストな量に調整して下さい。

2.手持ちのスキンケア用品にプラスして保湿力UP

手持ちの乳液や化粧水にオイルを1〜2滴混ぜると保湿力がUPします。
また、リキッドやクリームファンデーションに1滴加えると伸びが良くなり「夕方まで」乾きにくくなります。

3.化粧水の前に使って、浸透力UP

洗顔後すぐにオイルを科を全体に伸ばすと、お肌が柔らかくほぐれるため、
その後の化粧水の浸透力がUPします。

4.忙しい朝には、オイルだけスキンケアでOK

肌にうるおいを与え、保湿効果があるフェイスオイルは、オイル一つでスキンケアが行えるので、忙しい朝に最適です。
余分な油は、ティッシュで取ってファンデーションやパウダーを使えば、
程良くツヤが出るので、化粧下地もいりません。

5.時には時間を取って、オイルでフェイスマッサージ

【動画】ニールズヤードのオイルマッサージ法#49【リカエメイク】

フェイスオイルを顔に塗って、肌をゆっくりとマッサージします。
オイルを使えば、肌の摩擦が防げるので負担も少なくなります。
マッサージで血行が良くなり、
むくみや老廃物が排出されるので、くすみのない透明感のある肌になります。

毛穴の汚れもオイルが肌の奥まで浸透して、
汚れが浮きだすことから、毛穴のつまりや黒ずみにも効果があります。

まとめ

お肌に良いフェイシャルオイルに、
エッセンシャルオイルを数滴加えるだけで、自分の肌トラブルに対応する
「マイフェイスオイル」を作る事も可能なようです。

でも、稀に肌に合わない人もいるので、使う前には炎症が起こらないかのパッチテストをきちんとして下さいね。