多くの女性にとって強い関心事でもあるダイエットと減量との違いについて徹底的に解説します!
ダイエットと減量の定義に関する知識を学んでその違いを正しく理解しよう!

健康的に痩せたい人は減量ではなくダイエットを行うことが大切!
美しく痩せたい人は正しいダイエットの知識を身に付けましょう。正しいダイエット法とは!?

減量とダイエットの違いについて

2015-06-16-2b

大半の人はダイエットと減量を同一視しがちですが、
実はダイエットと減量には決定的な違いがあります。

ダイエットの主な目的は「健康的に体重を減らしつつスリムな身体を手に入れる事」ですが、
減量の目的は単に「体重を減らす事」に終始しています。
つまり、減量はボクサーなどのスポーツ選手が一定の条件を満たす為、
手段を選ばずに体重を減らすことのみを目的に行われる行為なのです。

そのため、多くの女性が目指すべきなのは減量の成功ではなく
ダイエットの成功」だという事になります。

減量の場合、短期的なプランでとにかく体重を減らす事を目的として行われるため、
身体に大きな負担が伴うだけでなく「リバウンド」のリスクがあります。

一方でダイエットは長期的なプランによって無理のない体重減少や
スリムな体型を目指していくので、上手く行えばリバウンドのリスクはほとんど無いと言えます。

正しいダイエット法とは

先に述べたように減量とは決定的に異なるダイエットですが、
正しいダイエット法を知識としてしっかりと身に付けている人は少数派だと言えます。

そこで今回は「正しいダイエット法」について詳しく解説してみたいと思います。
まず、ダイエットというのは「健康的に痩せる事」が大前提であり、
過度な食事制限や運動によって病的に痩せる事は「ダイエットの失敗」を招く恐れがあるので注意が必要です。

正しいダイエット法を大まかに説明すると、
まずは「食べ物で摂取するエネルギーよりも
私生活や運動などで使用するエネルギーの割合を多くする事」を
意識するところから始める事が大切です。

普段、好きな食べ物をお腹一杯になるまで食べている人は
体内でエネルギー過多になってしまっている可能性があります。
過剰に摂取されたエネルギーは体内でエネルギーとして消費されずに残り脂肪」として蓄積されてしまいます。

そのため、日常的に食べ過ぎてしまっている人は少しだけ食事の量を抑え、
更に運動量を増やすことでエネルギーの供給と消費のバランスを整えることが出来ます。

この考え方に基づいた具体的なダイエット法としては、
まず一日の摂取カロリーを「1500キロカロリー」に抑えます。
成人男性の身体が生命活動を維持する為に必要なカロリーは
平均で約1500~1800キロカロリーなので、
まずは一日に必要となる最低限のカロリー摂取に抑える事が大切です。

少し細かい計算になりますが、正確にカロリー管理をするのであれば
カロリー計算機を使いましょう。

食品名や料理名を入力して重さを測り、カロリーを表示してくれるので
細かく、一日の摂取カロリーを管理することができます。
これなら3回の食事配分も考えやすいですね。

その上で軽い運動を毎日行うように心掛け、
一日に「300キロカロリー前後」を消費できるように意識する事で無理のないダイエットが実現します。

ダイエットについてはこちらの記事もご参考に!

やってはいけないダイエット法とは

2015-06-16-2c

ダイエットの方法には実にさまざまなものがありますが、
中には絶対にやってはいけないダイエット法も幾つか存在しています。
やってはいけないダイエット法の中でもっとも代表的なのは、
「特定の食品や栄養素を摂取しないダイエット法」が挙げられます。

たとえば炭水化物だけを極端に減らしたり、
脂質の摂取を極端に避けたりするようなダイエット法は
身体に負担が掛かるだけでなく、生命を維持する為の機能が
正常に働かなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、限られた食品のみを食べ続けるダイエット法は必要な栄養素が不足したり、
逆に特定の栄養素が過剰になり、健康を害してしまう恐れがあるので避けた方が無難です。
また、運動を行わずに食事制限だけでダイエットを行うと体脂肪と一緒に筋肉も衰えてしまいます。

このダイエット法を続けていくと次第に筋肉量が減少していき、
結果的には新陳代謝が悪くなって脂肪が付きやすい体質へと変化してしまいます。
それでもさらに食事制限だけを続けていると、
今度は身体がエネルギーを備蓄しようとして脂肪の量が増えていきます。

そのため、食事制限だけでダイエットを行うと体重は減少しますが
脂肪が増えて筋肉が落ちていくのでおかしな体型になってしまう可能性があるので注意が必要です。