筋トレしている人には
欠かせないプロテインですが、
プロテインを飲んで下痢になったりしませんか?

なぜプロテインを飲むと下痢になるのでしょうか。
下痢の時は筋トレをしてもいいの?と疑問に思ってしまいますよね。

下痢とプロテイン、筋トレの関係を調べてみました。

下痢はなぜおこるの?

下痢は何かの原因から、腸の働きが鈍ったり、
水分の調節が上手く出来なくなったりした時に起こります。

食べ物の細菌や毒素、
ウィルスや病気など様々なことが考えられます。
排便回数が増えたり、腹痛を伴うことがあります。

急性の下痢の場合は、
ほとんどが細菌ウィルスによるもので、
慢性の場合は、消化器の病気の場合が多いです。

プロテインが引き起こす下痢の理由

プロテインを飲んで下痢になるのは、乳糖不耐症という体質だからです。

乳糖とは、牛乳・ホエイプロテインに含まれる糖質です。
この乳糖をうまく消化吸収できないと下痢になってしまうんです。

この症状は日本人にとても多く、
牛乳を飲むとお腹を下すという人もこれに当てはまりますね。

人にはラクターゼという乳糖を消化する酵素を持っていて、
みんな赤ちゃんの頃は、この酵素は活発に働いていました。

母乳にも乳糖が含まれているので、機能していやのですが、
母乳をやめるとどんどん機能を失ってしまうんです。

下痢をしないプロテインはあるの?

まずは牛乳に溶かしてプロテインを飲むのを止めてみましょう。

それでも下痢になる人は
ホエイプロテインが身体に合わないということになります。

ホエイプロテインにも分類があり、
乳糖を含まないものがありますので
WPIタイプ」のプロテインを選べば下痢になりません。

「WPI」とは、アイソレートと言われ、
他のホエイプロテインよりもグレードが高く、乳糖を含みません。

これで乳糖不耐症の人も安心ですね。

こちらは評価が高く、
口コミでも「国産のWPIタイプのプロテインとしては安い」「美味しい」と評価されています。

こちらは楽天市場のプロテイン配合ランキングで1位の高評価プロテインです。
高たんぱく、低糖質、おいしさの三拍子がそろっていることが人気の秘訣なのかもしれませんね(*^^*)

腹筋が下痢の原因となる場合もある?

腹筋と下痢に関係性があるとは思えませんが、
なんと腹筋の鍛え方によって下痢を引き起こすことがあるんです。

筋肉は関節運動であり、伸び縮みすることで血液循環を促します。

お腹周りの筋肉は内臓の血行に直結するため、
間違ったやり方で腹筋を繰り返してしまうと、
内臓全体の血行を悪くしてしまい下痢に繋がってしまいます。

下痢だけでなく、便秘や食欲不振など
さまざまな病気に繋がってしまうので、
間違った腹筋をしてる人は、すぐに見直してみてください。

下痢の時は筋トレしちゃいけないの?

体調が悪いときは、もちろん無理は禁物です。

でも特に体調は悪くないけれど、
下痢をしている…という時はどうなんでしょうか。

まず、食事が十分に摂れていない時に
筋トレをしても、筋肉はつきません。

筋トレをしても、なかなか筋肉がつかないという人は
消化器が弱っている可能性があるので、
消化器の状態を見直した方がいいでしょう。

しかし、下痢をするというのは何らかの身体のサインですから、
まずは安静にして体調を整えてから、効率よく筋トレしてくださいね。

筋トレについてはこちらの記事もご参考に♪

筋トレ時の下痢の予防法

下痢はストレスからも起こります。

もしも、「筋トレしなければ」と思い詰めているなら、
まずその呪縛を解きましょう。

その思い込みがストレスとなって
下痢を引き起こしている可能性があります。

筋トレのフォームの見直しも大切です。
間違ったフォームは筋肉を傷めるだけでなく、内臓も傷める危険があります。

また、身体が疲れている時や病中・病後も控えましょう。
腸の運動機能や分泌機能がしっかりしていない時に
筋トレを行うのも、下痢を引き起こす原因のひとつです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
「早く筋肉をつけよう」とプロテインを飲んだり、筋トレをしたり。

ですが、それがかえって下痢を引き起こすなんて知りませんでしたね。

下痢を起こしていると、
水分が足りなく脱水症状を引き起こしやすいので、無理は禁物です。

下痢を起こしやすい人は、自分が乳糖不耐症ではないか、
もう一度見直してみてくださいね。
筋トレのフォームも忘れずに見直しましょう。

健康的な身体を目指しての筋トレのはずが、
病気を招いてしまっては意味がありませんからね。

ぜひお試しくださいね。