今話題のグリーンピールで美肌を目指そう!
グリーンピールの概要や特徴について徹底的に解説します!
グリーンピールを行う事によって得られる効能や化粧品との違いについても紹介。

ドイツ生まれのグリーンピールでお肌の生まれ変わりを促進しよう!
グリーンピールを行う事によってどのようにお肌が変化するのかを詳しく検証

グリーンピールとは

2015-06-26-2a

今、エステ業界では「グリーンピール」と呼ばれる施術が話題となっていますが、
グリーンピールとはドイツで発祥した「天然ハーブのみを100%使用した皮膚の再生療法」の名称です。

グリーンピールでは施術に用いられる天然ハーブの作用によって
細胞の奥から皮膚を活性化させることが出来るため、
お肌をツルツルに生まれ変わらせて効果的に「美肌」を目指すことが出来ます。

グリーンピールで用いられるのは数種類のハーブを混ぜた「複合体」なので、
それぞれのハーブが持つ効果や効能を一回の施術で同時に得ることが出来ます。

また、ハーブ複合体の作用によって細胞レベルでターンオーバーを促し、
新しいお肌を作り出す機能を高める効果なども期待できます。
グリーンピールを行うと不要となった古い角質は剥がれやすくなり、
目に見える形でお肌の「生まれ変わり」を実感する事が出来ます。

グリーンピールはドイツで生まれてからまだ50年ほどの歴史しかありませんが、
その美容効果には科学的な根拠が数多く示されており、
今後もエステ業界ではスキンケアの主流として発展していく事が予想されます。

グリーンピールを行う流れ

2015-06-26-2b

エステ業界ではスキンケアの主流となりつつあるグリーンピールですが、
一般的な流れとしては他の施術と同様にまず専門のスタッフによる「カウンセリング」を受ける事から始まります。

この際、一人一人のお肌の状態をしっかりと把握して、
グリーンピールで用いるハーブの種類を専門のエステティシャンが選出していきます。
その後、施術内容の説明やアフターケアに関する説明が行われてからグリーンピール本番へと移ります。

まずはダブルクレンジングやリンパマッサージによってお肌の状態をしっかりと整えていきます。
次に数種類のさまざまなハーブを調合したグリーンピールを顔から首元までたっぷりと塗っていき、
その後はお肌にハーブの有効成分がしっかりと浸透するように
エステティシャンが自らの手を使って優しくすり込んでいきます。

この際、施術を受けている人の「体温」によってグリーンピールが温められ、
マッサージとの相乗効果でハーブの有効成分がお肌の深層部まで浸透していきます。
約10分ほどマッサージを行ったら、次はハーブの力をお肌の深部まで届けるための「パック」を顔全体と首に塗り込んでいきます。

ここで用いられるパックはすぐに固まる性質の「コンセントレート」になりますが、
表面が少し乾いたらその上から更に塗り込むという工程を繰り返すことによって
ハーブの有効成分がドンドンお肌に浸透していきます。

最後にパックとグリーンピールを取り除き、
専用のローションで顔や首元を拭き取れば完了となります。

グリーンピール後は自宅でも専用ローションをお使いください。

ネットなどであれば、サロンで買うよりも多少はお安く手に入れることができます。
かなり保湿効果が高いようで、毎日使うことで潤いのあるお肌を作ってくれるそう。

こちらの記事でもグリーンピールについて詳しく説明しています。

グリーンピールで得られる効果について

グリーンピールは一般的な化粧品とは異なり、複数のハーブの成分によって
古い角質の「剥離」を第一の目的として行われます。

そのため、グリーンピールを行って数日後には少しずつお肌が剥がれ始め、
古いお肌が取り除かれていきます。

しかし、100%天然ハーブ由来の成分なのでお肌に負担やリスクはほとんどなく、
安全に行うことが出来るという点がグリーンピール最大の魅力だと言えます。

グリーンピールを行ってから平均で5日後にはうっすらと古い角質がめくれ始めますが、
この段階でメイクを行う場合はエステサロンで提供される専用の「BBクリーム」などを使用する必要があります。
めくれ上がってきたお肌は次第に剥離していき、下からは新しく生まれ変わったお肌が現れてきます。

この時点で既に「アンチエイジング」や「ニキビ痕や傷痕などの解消」、
「敏感肌の改善」や「乾燥肌の改善」などの効果が得られています。

また、個人差はありますが人によってはフェイスラインがスッキリしたり、
むくみが改善されて「リフトアップ効果」などを得る事も出来ます。