年の始まり、元旦に習慣となっているのが初詣ですよね。
大晦日の夜から、除夜の鐘をききながら1月1日になった瞬間に参拝することも多いと思います。

当たり前すぎて普段は気に留めていないかもしれませんが、
初詣っていつごろからある習慣なのでしょうか?
初詣の歴史について詳しくご紹介していきます。

初詣はいつから始まった?その原型は”年籠り”

2015-11-26b-2

日本ではいつから初詣という習慣が始まったのでしょうか?
それは、日本にある年籠りというのものです。
年籠りとは、大晦日の日の夕暮れから元旦までの間、
つまり新しい年を迎える瞬間は、自分の家または氏神様がいる社にこもるというものです。
これは幸福をもたらしてくれる「年神様」を迎えるためです。

日本では昔から、この年籠りという習慣がありましたが、
初詣をする習慣というものはありませんでした。
ですが、江戸時代に冬に恵方参りをすることが習慣になっていました。

近年、節分に恵方巻を食べることが当たり前になりましたが、
恵方とは年神様がやってくる方角で幸運をもたらしてくれる方角です。
恵方参りは、その年神様がやってくる方角にある一番近い神社やお寺をお参りすることです。
これが初詣の原型となっているのです。

初詣が今の形になったのは明治時代!

現代の初詣は、大きな神社やお寺にお参りに行くことですよね。
ですが、こういったことが出来るようになったのは、明治時代以降です。
というのも、それ以前は交通手段がないため、近くの神社やお寺に足を運ぶことしかできなかったかです。
それが明治時代以降、遠くの神社やお寺にも足を運べるようになったので、今のような

初詣の形が出来上がったのです。
1885年、今から約100年前の新聞に、元旦にお参りすることを”初詣”と新聞が報じた
ことから、元旦に行くお参りを初詣というようになったのです。

初詣という言葉は、実はまだ100年ほどの歴史しかない最近作られた言葉なのです。

初詣の正しい方法

初詣は、そもそも私たちに幸運をもたらしてくれる神様にご挨拶をする神聖な時間です。
だからこそ、初詣の正しい方法を知らなければ失礼になりますし、特に大人になってから
初詣に行くとき正しい初詣の仕方を知らなければ恥ずかしい思いをすることも。
正しい初詣の仕方についてチェックしておきましょう。

初詣というと、お賽銭箱の目の前をイメージするかもしれませんが、
正しい参拝方法というのは、鳥居をくぐった時からはじまっています。

鳥居をくぐる時、自分の身なりを整えて一礼するというのが正しい方法です。
さらに、鳥居をくぐってからの道は参道と言われます。
参道の真ん中は神様の通る道なので、私たちは道の端を歩くというのが作法です。
気分が盛り上がっている元旦でも、鳥居をくぐったら心を落ち着けて
大声で騒ぐなどは絶対にしてはいけませんよ。

参道を歩いてしばらくすると、手水舎があります。
水と柄杓があるところです。
ここでもなんとなく手を洗っていませんか?ちゃんとした作法があります。
右手に柄杓を持って水を汲みます→最初に左手に水をかけ清めます。

→柄杓を左手に

持ち替えます。

  1. 右手に水をかけて清めます。
  2. さらにまた右手に柄杓を持ちます。
  3. 左手を丸め器のようにして水を注ぎ、口の中を清めます。
  4. また左手に水をかけ清めます。
  5. 柄杓を立てにして、残った水で手で持っていた柄杓の柄を清めます。
  6. 柄杓は伏せた

状態にして元の場所に置いて完了です。
よく柄杓から直接水を飲むという方法をしている人がいますが、それは間違いなのでご注意くださいね。

そして、お賽銭箱まえでも正しい方法で参拝を行いましょう。
お賽銭箱前まで来たら、姿勢を正してお賽銭を入れます。
この時投げ入れは禁止、優しく丁寧に入れます。

そして、鐘を鳴らしたら、おじきを2回して胸の前で2回手を叩きます。
そして手を合わしたら、最後おじきをもう一度します。
これは二礼二拍手一礼という方法です。
手を叩いて一礼だけなんて、大人だったら恥ずかしいですよ。

有名な初詣スポット

初詣がいつから始まったのかの由来や正しい初詣の仕方がわかったら、
有名な初詣スポットもチェックしてみましょう。
ちょっとした旅行気分で、いつもとは違うところへ行ってみるのもいいですよ。

一年の一番最初のおめでたい行事ですから、着物なんて着てみると雰囲気ありますね。

ですが、下駄は足が痛くならないものを選ばないと、とても辛い初詣になりますよ。
20何回も休憩をして、歩くのがもう嫌になり、家に帰るのも一苦労なんてことはさけましょう。

初詣スポット1 明治神宮

明治神宮は日本でも一番参拝者数が多い神社です。
明治天皇と昭憲皇太后が祀られており、皇室弥栄・家内安全・縁結び・厄除け・合格祈願など
様々なご利益があることから、参拝者数が多い神社なのです。
人が多いですが、同時に初詣の賑わいを感じられる場所だからこそ一度足を運んでみても
いいかもしれません。

初詣スポット2 成田山新勝寺

千葉県の成田にあるのが成田山心情児です。
真言宗智山派のお寺で、毎年300万人もの
人が訪れる人気スポットです。

本尊が不動明王であり、新春不動明王御印紋という額に印をおしてもらうという珍しいですが、
無病息災から学業成就など様々なご利益がある
ということから多くの人が訪れています。
成田空港に近いスポットということもあり、初詣に外国の人が多く見られるというのも、

成田山新勝寺の特徴かもしれません。

初詣スポット3 伏見稲荷大社

京都にある伏見稲荷大社は、全国にある稲荷神社の総本社であり、
千本もの鳥居がずらっと並んでいる様が海外の人から人気があるスポットです。
特に近畿地方からは訪れる人が多く、五穀豊穣・商売繁盛
交通安全などのご利益を得ることができます。

初詣スポット4 太宰府天満宮

毎年200万人ほどが参拝に訪れる、九州福岡にある太宰府天満宮は、
学問の神様として有名な菅原道真が祀られています。
そのため、学業成就を願う受験生や学生などが多く参拝することも特徴です。

まとめ

2015-11-26a-2

初詣は、なんとなくの習慣からやっている。
そんな人がほとんどかもしれませんが、どういう歴史があるということを知れば、

初詣もより思い入れのある習慣になるかもしれませんね。
初詣をする時には、正しい参拝方法で正しく神様へ日ごろのお礼をするように心がけましょう。