季節を問わず冷えは女性の大敵です。
冬は元より実は夏でも冷房による冷えが女性の体に影響を与えてしまうのです。
ガウチョパンツは夏のファッションでも素敵に着こなすことができます。
レギンスを組み合わせてみたりして、ファッションを楽しみましょう。

また、冷え取りファッションをしている時でも、パンプスを履かなくてはならない機会もあることでしょう。
冷え取りと分からないようなファッションにするには、どのようにするのが良いのでしょうか。

冷えが女性によくない訳

2015-08-29c-1

冷え性に女性が多いという理由は、女性特有の月経も関係があります。
血が少なくなるということは、体の中を巡る血液が少ない、
すなわち体が温まらないということになります。

そればかりか女性は無理なダイエットを行ったりしてしまうために、食事が少なかったりするのです。
偏った食事や栄養不良は、エネルギーが十分に作れなくなってしまうため、
貧血や冷え性の原因になるのです。

こうした女性の体に影響のある冷えを少しでも和らげるために、
薄着のファッションを改めることが見直されています。

体型を無理に細く見せようとするようなファッションは、冷えを誘発してしまうのです。

そこで最近注目されているのがガウチョパンツです。
ガウチョパンツはすそが広く、誰にでも着ることのできるファッションです。
冷房の効いた部屋でも、炎天下の外でも涼しく過ごせるファッションといえます。

冷え取りファッションとしてのガウチョパンツ

冷え取りファッションとしてあげられているのは、
短いパンツやスカートの下にレギンスを履いたりすることが、今までの冷え取りファッションの中心でした。

しかし、レギンスは、夏は肌に張り付いてしまうために、熱いところではあまり履きたいものでもありません。

そこで登場するのがガウチョパンツです。

ガウチョパンツはパンツの部分が広くとられているために、
足とパンツにかなりの隙間を開けてくれます。

これが夏でも暑さを感じさせない工夫になるのです。
暑いからといって布地の少ないものを着こんでしまうと、逆に太陽の光を浴びて暑くなる場合があります。

エジプトの民族衣装ガラベーヤは、だぼだぼのパジャマのようですがこれが涼しいのだそうです。
同じ理論でガウチョパンツも夏の暑さでは涼しい上、冷房の効いた部屋においては冷やし過ぎから守ってくれます。

冷え取り中のパンプス

冷え取りファッション中は、履く靴もストレスの無いフラットなものを着用したものですが、
時によってはパンプスを履かなくてはならない場面もあることでしょう。

そういった時にパンプスを履いても見えない靴下が存在します。
甲が開いたデザインなので、パンプスを履いても外からは見えない作りになっています。

こうしたものを利用して、足先が冷たくならないように工夫するのが良いでしょう。
パンプスを履いて夏場歩くと、足の裏に汗をかいてしまいます。

そんな時にもこのような靴下を履いていることで、
汗で滑って足がパンプスのつま先に行ってしまうといったようなことを防ぐことができます。
冷え取り生活を行っている時は、足の先まで工夫して下さい。

冷え取りにはガウチョパンツやレギンスを!パンプスに使用には工夫を

2015-08-29b-1

季節を問わず冷えは女性の敵です。
冷えてしまうことで新陳代謝も遅くなってしまいます。

少しでも冷えないように、冷え取りファッションを始めてみましょう。
短いと思ったパンツやスカートの下にレギンスを履いたり、

ガウチョパンツで夏の冷房から守ったりするのが良いようです。
パンプスは意外に足の先が冷えてしまうものです。

そのまま履かないで、パンプスを履いても見えないような靴下を着用するなど工夫してみるのも良いでしょう。