朝起きて雨戸を開けた瞬間、
太陽の光が射し込んで思わず「くしゅん!あれ、風邪でも引いたかな?」
なんて経験ありませんか?

他にも家から出てすぐに太陽を仰ぎ見た瞬間に鼻がムズムズしたり、
くしゃみがよく出ると言われる方が増えているのですが、実はこれ光とくしゃみに関係があるようなのです。

光くしゃみ反射とは?

2016-05-02b-2

太陽や光を見た時に鼻がムズムズしたり、
くしゃみが出る反応があるのですが、これは光くしゃみ反射と呼ばれています。

実は細かなメカニズムは現時点ではまだ解明されていないのですが、
生理現象としてちゃんと光くしゃみ反射という名前が付いているのです。

では何故、光を見た時や眩しさを感じた時にくしゃみが出てしまうのでしょうか?
それは光や眩しさを受けた時に反応して刺激を受ける神経細胞が、
その近くを通っている鼻水などの分泌を司る神経細胞にまで到達し、反応してしまっているからなのです。

つまり、光を見るとその刺激が脳へと伝わります。
そしてその刺激が鼻にまで伝わって、くしゃみやムズムズ感、鼻水などの症状を引き起こすのです。

しかし、これはもちろん全ての人がその症状を持ちあわせている訳ではありません。
日本人ではおよそ25パーセントくらいの方が光くしゃみ反射の症状があると言われていますが、
その中には若い頃に起こった事がある人や、
なった事はあるが稀にしか起こらない人などの数も含まれている為に
実際に日常的に良く起こるという人は10パーセント程度と言われています。

それでも10人に一人はいるというのは驚きかも知れませんね。
しかも、この光くしゃみ反射という病気は実は遺伝子に関係があるというのです。

光くしゃみ反射と遺伝子の関係

光くしゃみ反射が出るか出ないかは全てその遺伝子を持つか持たないかで決まっています。
光くしゃみ反射は正式には染色体上にある優性遺伝子が引き起こす突発性の太陽視覚症候群と呼ばれています。

優性遺伝から引き起こすという事で
遺伝により親から子供へと引き継がれるということなのです。
ということは自分が光くしゃみ反射だというあなたは
親のどちらかが光くしゃみ反射の症状を持っていたり、
自分の子供が同じような症状を持つ場合があるという事です。

そして、その症状は小さい子供の時からでも出ていたりします。
ただし、光くしゃみ反射があるといってもその症状の程度は様々です。

例えば、家から出た時に太陽の強い光を浴びるとくしゃみしてしまうけど、
それ以外は何ともないという人もいれば、
家の蛍光灯の灯りでも見ているとムズムズしてしまうという人もいるくらいです。

つまり、くしゃみが反応する光の強さや種類は人によって様々だという事です。

自分が光くしゃみ反射の遺伝子を持っているかを検査する
キットもありますので、少々お高いですが気になる場合はお試しください。

光くしゃみ反射持ちに関連する危険とは?

光くしゃみ反射を持っている人はてんかんの遺伝子も持っているという説があります。
その中でも光てんかんを持っている人は
みんな光くしゃみ反射があると言われていますが、まだハッキリと解明されたわけではありません。

ただし、逆に考えてみると光くしゃみ反射を持っている人は
同じく光の刺激により起こる光てんかんの体質を持っている場合が懸念されているので、
テレビを見る際などは光てんかんに注意をした方が良いと言うわけです。

他にも光くしゃみ反射を注意すべき事は車などの運転時です。
くしゃみなんてほんの一瞬の事かも知れませんがトンネルから出た際や
ミラーなどの光の反射によってくしゃみをしてしまい、
運転を誤って事故を起こしてしまう場合などが考えられます。

光の程度によるかも知れませんが、
光くしゃみ反射の自覚がある方はサングラスの対策などはしておいた方がよいでしょう。

まとめ

2016-05-02c-2

光くしゃみ反射は珍しいようでも4人に一人の日本人は経験した事があったり、
今でも症状があるという事がわかりました。

そして遺伝性もあるので自分がそうである場合は
家族にもいる可能性があるので注意して下さい。

そして、この光くしゃみ反射はいわば神経の誤作動により引き起こされるものですので、
未だに明確な治療法はありません。

しかも光てんかんなどの症状も持っている可能性がありますので
強い光の刺激には十分に注意して過ごしましょう。