オイルと聞くとどうしてもサンオイルのイメージがあるために、
日焼けをしてしまうイメージがあります。
でも実は椿油日焼け止めにもなるんです。
普通の日焼け止めが肌にも副作用があるといわれているので、
自然に日焼け止めをしたい人にとっては嬉しい効果と言えます。
どのようにしたら日焼け止めとして椿油を使うことができるのでしょうか。

日焼け止めの副作用とは

2015-07-30-1b
日焼け止めは紫外線を防いでくれるという効果から、
肌に良いものとして認識されていますが実はいくつかの副作用があります。
一つは肌に密着しているために、皮膚呼吸ができないということです。
効果を持続させるために、日焼け止めは時間が経つと
さらに塗り重ねて使う場合が多いものです。
こうした行為が皮膚呼吸を長い時間させないまま過ごすことになるのです。
もう一つは日焼け止めに含まれる化学物質の効果によるものです。
日焼け止めに含まれる化学物質により、ホルモンのバランスが崩れて
肌のハリやツヤが失われ、冷え性や便秘になりやすくなるというものです。
強力な日焼け止めには強力なクレンジング剤が必要になるので、
界面活性剤で肌を傷めてしまう可能性もあります。

椿油が日焼け止めになる理由

紫外線に種類があることはご存知のことと思います。UV-AとUV-Bです。
UV-Aは波長が長いために肌の奥まで到達するので、シワやたるみの原因になります。
UV-Bは波長は弱いのですがエネルギーが強いため、
肌の表面に赤い炎症を起こさせてシミやソバカスを作ります。
椿油が抑えてくれる紫外線は、シミやソバカスの原因になるUV-Bの紫外線です。
UV-Aの紫外線には効果がありませんのでご注意して下さい。
UV-Aを防止してくれる日焼け止めを塗る前に椿油を塗ると、
表皮にバリアを張ってくれる作用があります。
水分の蒸発を防いでくれるので肌表面の乾燥を防ぎ、肌をなめらかに保ってくれます。
椿油に含まれるオレイン酸は人に皮脂と同じ成分なので、
肌に負担を与えることもありません。
椿油を最初に塗ることで、日焼け止めによる副作用も少なくてすむ
といった効果もあるようです。
肌の弱い人は、日焼け止めを直接肌に塗る前に椿油を塗っておくのが良いのではないでしょうか。

椿油で日焼けした肌の手入れも

肌が日に焼けると肌表面の細胞から水分が失われて、乾燥が始まります。
ダメージを受けた肌はターンオーバーが崩れてしまい、
本来の肌に戻るのに時間がかかるようになってしまいます。
日焼けでダメージを受けてしまった肌を元に戻すためには、
このターンオーバーを正常に戻してあげる必要があります。
表皮が日焼けで乾燥してしまっていると、肌の水分が失われてカサカサしてしまいます。
必要な皮脂が分泌されていないために起こるのですが、
それを補うためにも保湿に適しているオレイン酸を含む椿油を塗布すると良いでしょう。
椿油はクレンジング効果もあるので、よけいな角質も除去してくれるので
肌のターンオーバーを正常に戻してくれるのにもぴったりの保湿剤といえます。
日焼けでダメージを受けた肌を守るためにも、椿オイルを塗っておくことをオススメします。

椿オイルは日焼け止めにも効果がある

2015-07-30-1c
椿オイルは肌表面に当たって表皮を赤くしたりしてしまうUV-Bを防ぐ効果があります。
そのために日焼け止めを塗る前に肌に椿油を塗ってくと、
更なる効果が期待できるどころか日焼け止めの副作用が直接肌に触れないので
肌にとって良い効果があるといわれているのです。
また日焼けしていたんだ肌を元に戻すためにも、椿オイルを塗ることで
ターンオーバーを正常に戻すことができます。
肌が弱かったり日焼け止めが合わないという人は、自然の日焼け止めである椿油をぜひ試してみて下さい。