保湿効果の高い基礎化粧品を使っているのに
肌の乾燥が改善しない。
濃密泡洗顔をしているのに肌荒れが落ち着かない。

もしかしたら、ケアの仕方が間違っているせいで
お肌の角質層にある細胞肌間脂質や
天然保湿成分が流れ出ているかもしれません。

肌に優しい成分でケアをしたいけれど色々試すのは怖い。
どうすれば、潤いのある肌に戻れるのでしょうか?

何故肌荒れが起きるの?

2016-11-18b

肌荒れの原因は主に生活習慣の乱れストレス
食生活の乱れによる栄養バランスの偏りが原因です。

効果の高い基礎化粧品を使っていても、
その成分や使うタイミングを間違えれば効果は得られません。

十分に肌に潤いを与えても乾燥が気になる時は、
肌のバリア機能が低下している状態であることと
間違った保湿をしている可能性が高いのです。

お風呂で洗顔をする人も多いと思います。
ですが、シャワーを直接顔に当てるのは良くありません。
洗顔は刺激や摩擦を避けて行う事が大切です。

肌が濡れている状態が続いてしまうと、
角質層の細胞肌間脂質天然保湿成分がどんどんと流れ出てしまいます。

なので、洗顔後は肌が湿っている内に
化粧水やクリームを塗り、
肌のバリア機能の立て直しをする事が大切です。

この時に使う化粧水などに
天然保湿成分や細胞肌間脂質を補う作用や
生成力を高める作用の成分が十分に入っていないと、
たっぷり化粧水を使っても肌がふやけて角質層の保湿成分が流れてしまいます。

正しい洗顔方法は時間がかかるけれど効果があります。
動画を見ると、やらないといけなかった事が見つかるかもしれません。

本来の皮膚の状態に戻す

肌が荒れた状態が続くと、
皮膚は炎症をおこした状態になります。
その状態を改善する為に保湿をすると、
一時的に乾燥防止になり、
身体は皮膚の修復をしなくても良いと思い込んでしまいます。

こうなると、いつまで経っても肌は改善されません。
そこで、一度保湿を断ち自然治癒力で本来の皮膚の状態に戻す、
脱保湿」を行うと効果が現れます。

潤いを閉じ込めようとオイル系のスキンケアをすると、
肌のバランスが崩れてしまいバリア機能が低下してしまいます。

そこで、肌の乾燥状態が酷い時には
本来の皮膚の状態に戻すために
基礎化粧品の主婦意を少なくし、シンプルなケアのみにします。

アトピー性皮膚炎のような状況にまで進行している場合は、
皮膚科での診察をオススメします。

天然成分で低刺激で安全

最近話題になっているホホバオイルをご存知でしょうか?
ホホバという木の種皮から抽出するオイルなのですが、
このホホバオイルには
人の皮脂に近い成分ワックスエステルが多く含まれています。

そして、ホホバオイルから2種類のホホバオイルが造られます。

まず、ビタミンやミネラルなどの
天然の有効成分が抽出されたゴールデンホホバオイル
そして不純物を取り除き、
脱臭・脱色の工程を経て作られたクリアホホバオイルです。


クリアホホバオイルはゴールデンホホバオイルに比べて
低刺激で安全性も非常に高く、反バクテリア作用があるため、
腐敗し難く酸化しにくいという利点があります。

一般的に手軽に手に入るホホバオイルは
ほとんどがクリアホホバオイルです(*^^*)

アクネ菌や肌の黄色ブドウ球菌
ホホバオイルの中では生き残れない事から、
ニキビや吹き出物に効果があります。

また、バリア機能を高める、保湿、紫外線予防といった効果もあります。
https://twitter.com/suzucrcr/status/791947833469382656


スキンケアも楽チンになるお得なオイルです♪

自然由来成分

赤ちゃんの頃から身近な保湿クリームといえばワセリンです。


このワセリンは原料である原油を
高純度に精製して作った自然由来の保湿剤です。

肌に塗る事で埃や
空気などの刺激から肌を守る膜を作ってくれます。
入浴後すぐに塗る事で肌の乾燥防止になりますし、
スキンケアの後にワセリンを塗ると
スキンケア成分を閉じ込めるだけでなく、
寝ている間の水分蒸発の防止にも効果があります。

ですが、皮脂が多い部分やニキビには塗り過ぎない、
又はニキビが酷い場合は頻繁に塗らない方が良いです。
皮脂が多い部分だと
肌表面の油分の割合が高くなってしまい、皮脂が目立ってしまいます。

また、ワセリンは黄色くなったり
臭いを感じるようになると酸化している証拠ですので、
ティースプーンなどで黄色くなった部分を取り除いてから使うと良いですね。


お肌トラブルの救世主として愛されていますね( *´艸`)

食事内容の見直し

食生活が乱れてくると、栄養バランスが崩れてしまい、
必要な栄養素が吸収されにくくなってしまいます。

特に寝る前に食事をする事が多くなると
肌荒れが酷くなってしまいます。

サプリメントを摂取していても、
普段の食事の栄養バランスが崩れてしまっていては
サプリメントの効果は台無しになってしまいます。

更に、寝る前に食事をする事で
身体が寝ている間も胃腸は働くので
成長ホルモンが分泌しなくなり
ターンオーバーにも影響が出てしまい美肌にならなくなります。

食生活と生活リズムが整ってこその美肌作りですので、
見直してみると美肌以外にも健康にもなれますね。

まとめ

2016-11-18c

美容情報というのは
今では化粧品メーカーの美容部員さん以外からでも入手する事ができます。

インターネットには様々な美容情報が載っていて、
とても効果の高い基礎化粧品も多く見られます。

先ずは自分の肌の状態を確かめる事が大切です。
肌の状態から原因は見えてきますので、
何が間違っていたかを知る事が出来ます。

乾燥で肌は硬くなってしまいます。
硬くなると水分が肌内部に浸透しなくなり
肌トラブルを繰り返してしまいます。

どれだけ高性能の化粧水も
硬くなった肌を完全に元に戻す事は期待できません。

洗顔のやり方、ケア、食生活、生活リズムを整えて
初めて肌は自然治癒力を発揮し、
本来の皮膚の状態に戻る事ができるのです。