保湿剤を使っていて、赤くなることはありませんか?
赤く炎症してしまうなどの症状は使用している保湿剤が向いていない可能性があります。
せっかく保湿をして乾燥を防ごうとしても、これでは逆効果です。

そこで今回は、保湿剤で赤くなってしまう原因やデメリット予防法などをご紹介します。
これから乾燥の気になる季節、自分に合う肌ケアを取り入れましょう。

保湿剤で赤くなる原因やデメリットは?


保湿剤で肌が赤くなってしまう原因は、炎症が起きているからだと思われます。
保湿剤を塗っても肌がガサガサと乾燥する方、それは乾燥ではなく炎症なのです。

あくまで保湿剤は炎症を予防するものであり、治すものではありません。

病院で処方された保湿剤を、炎症の起きている部分に塗っても治らず、
むしろヒリヒリしたりして悪化してしまいます。

ここで、保湿剤を使った時のデメリットをご紹介します。

自分の肌が保湿力を失う

保湿剤を使い続けると、もともと体に備わっていた保湿力が失われ、
自分で肌を保湿する力を失ってしまいます。

これは、肌が常に保湿していると勘違いした皮膚が「乾燥していないな」と思い、
保湿機能を低下させてしまうことが原因です。

こうなってしまうと、保湿剤がないと肌が乾燥しっぱなしになってしまうのです。

新陳代謝がうまくおこなわれない

肌は、空気に触れることによって新陳代謝を促します。
しかし、保湿剤で肌を覆ってしまうと空気に触れることができず、新陳代謝能力が下がってしまいます。

余分な成分が入っているものが多い

防腐剤など、保湿以外を目的としたものが入っている保湿剤も多いため、肌にも負担をかけてしまいます。

また、アトピー肌や敏感肌にも反応してしまうので、無添加なものを使うのをおすすめします。

炎症を抑えるにはステロイド!ですが…?

皮膚トラブルの炎症を抑えるには、ステロイドがダントツ効果的です。

ですが、頼り過ぎてしまうと、今度は皮膚が薄くなってしまい、
特にお子様は皮膚が弱くなっていくこともあります。

処方される薬では、個々に合わせたステロイドを薄めた塗り薬を処方してもらえると思いますが、
市販薬だと薄めずに使わなければならないので、逆効果になってしまうこともあります。

そこでおすすめなのが、ヴァセリンです。

ヴァセリンは自然のものしか使っておらず、敏感肌や赤ちゃんの肌にも使え、
保湿力ターンオーバーをサポートしてくれます。

乾燥を押さえ、やけどなどの回復も早くしてくれます。
ヴァセリンの口コミを見てみましょう。

  • シンプルなクリームですが、保湿効果は優れています。湿疹の箇所につけていても保湿効果で被膜ができ、悪化の防止になっています。
  • かなり保湿力があり、ベタつきも気になりません。
  • 手は少しべたつき感はありますが、身体すべての保湿に重宝しています。

保湿能力はかなり良いと評判です。
べたつき感は、薬の塗量で調整できるので、しっかり薄くのばせば問題もなさそうです。

日頃からできる炎症や乾燥の予防法は?

まず、化粧品をつける方は「セラミド」配合の化粧品を選ぶようにしましょう。
ビタミンC誘導体などは、刺激があるので選ぶのを避けます。

化粧水や乳液などを付ける際は、肌をたたくように塗ってはいけません。
肌が刺激され、赤みが増す原因になってしまいます。

化粧水は両手で顔を覆うように押さえることで、しっかり潤いを与えてくれます。
乳液は、手で塗り込もうとせず、人差し指と中指の腹の部分を使ってトントンと塗っていきましょう。

スキンケアのやり方ひとつでも、お肌に影響を及ぼします。
毎日のことなので正しいやり方を身につけましょう。

また、お風呂に浸かる際の温度は、38〜40℃くらいがおすすめです。
冬場になるとあつ〜いお風呂が恋しくなりますが、熱いお風呂は皮膚の乾燥を招きます。
そして、20分以上の長風呂も、実は乾燥に繋がります。
少しぬるめのお湯に10〜20分浸かることで、日頃からお肌の乾燥を防ぐことができますよ。

最後に、顔の赤みや乾燥のトラブルを解消する方法を動画でご紹介します。

日頃から乾燥や炎症を防ぐ方法を身につけ、ご自身のお肌を守ってくださいね。

刺激の少ない保湿剤を使おう!

上でもお話した、敏感肌にとって重要な保湿剤選び。
いろいろ使ってみたけれど、なかなか満足のいくものが見つからず
もう何を使ったらいいのかわからなくなりますよね。
私も同じです。

合うものを探すのも苦労しますよね。
そこで、敏感肌でも安心して使える保湿剤を見つけ出しました(*^^*)

バリアバランス保湿ジェル

こちらは3種類セラミドを配合したオールインワンジェルです。
乳液やクリームがいらないし、
防腐剤石油系界面活性剤鉱物油無添加低刺激なので安心して使えますね。

乾燥がひどく毎日時間をかけて保湿していたあなたもこれひとつで完了!
薄くつければ化粧下地にもなるので忙しい女子にはとっても心強いオールインワンジェルです。

まとめ

  • 保湿剤で赤くなるのは炎症が原因!保湿剤を使えば安心というわけではありません!
  • ステロイドとヴァセリン、うまく使いわけましょう
  • 炎症、乾燥を防ぐ方法は日頃の積み重ねも大切

今回の内容をまとめるとこのようになります。

乾燥が原因で赤みが出ていると思っていた方もおられると思います。
慌てて保湿剤を大量に塗っていても、逆効果だったようです。

セルフケアのみでおこなわず、赤みの原因が何なのかを病院等で診察してもらい、
ご自身に合ったケアを処方してもらいましょう。
スキンケアは思い込みが恐い落とし穴です。

また、ステロイドが効くと思っていても、よく効く分副作用もあり、
いずれ皮膚は薄くなっていってしまいます。
最終的には脱ステロイドを目指して肌ケアをおこなう方がいいでしょう。

これから冬にかけて乾燥する季節です。
ご自身の肌トラブルの原因を見直し、悪化の道をたどることなく穏やかな肌を手に入れましょう。