「最高の美白剤」と呼ばれ美白効果だけでなく肌のシミやしわも除去する
ハイドロキノンですが、強い効果があるからこそ
副作用等についてもきちんと考える必要があります。
自宅でのスキンケアに使っている方は
今一度ハイドロキノンについての知識をしっかり持ち、安全に使用するべきではないでしょうか?

ハイドロキノンとは?

2015-08-09b-1
イチゴや紅茶、コーヒー、麦芽などの自然物質にも存在する成分です。
還元作用(物質が元の状態に戻る事)がある為に、写真の現像に使われています。
写真を現像していた人の肌が白くなったことから、美白効果がある事が発見されました。
ハイドロキノンには、シミの原因であるメラニン色素の生成を妨害する効果があります。
その美白効果はアルプチンやコウジ酸の数10倍~100倍と言われています。
アメリカでは、美白と言えば「ハイドロキノン」が主流ですが、
日本では2001年の規制緩和によって化粧品メーカーの責任で化粧品に使用できるようになりました。
規制緩和前は、医師の管理下でのみ使われていました。
日本で長らく化粧品への配合が禁止されていたのは、
「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」と構造が似ている為でした。
「ハイドロキノンモノベンジルエーテル」はメラニン色素の生成を強力に抑制する反面、
色素細胞に対する毒性が非常に強く長期で使用すると「不可逆的白斑」を引き起こすと言われています。
また、アレルギーを起こしやすい性質もある事から化粧品への配合が禁止されています。
その為、ハイドロキノンも長年化粧品への配合が行えなかった為に、
ハイドロキノンをまねた美白剤がいくつも開発されました。

スキンケア・クリニックでの使われ方

シミやニキビ痕、レーザーの後の色素沈着に効果が高く色素沈着の除去として良く使われています。
ハイドロキノン自体は浸透性が高くない為に、ピーリングやチノイン酸と併用して使われる事が多いです。

効果のあるシミ

基底層から表皮の皮膚の浅い部分にメラニン色素が異常増殖したり色素沈着しているシミに効果があります。
真皮性のシミには効果がありません。
効果があるシミは

肝斑(かんぱん)

肝臓の色に良く似たシミで、額や頬、目、口の周りなどに左右対称で現われるシミです。
女性ホルモンの分泌が原因と言われており、レーザー治療では効果が無く逆に色素沈着を起こす事があります

雀卵斑(じゃらんはん)

頬や鼻の上にメラニン色素が異常増殖したり色素沈着が起こる事で、
小さな褐色の斑点がたくさん散在します。
一般にはソバカスと呼ばれています。

炎症後色素沈着

ニキビ痕の色素沈着やレーザー治療後の色素沈着です。

老人性色素斑

中年以降に出来る、顔や手の甲など、長時間日光に当たる事で発生するシミです。

副作用

人によってはかぶれたり、皮膚への刺激が起きたりします。
赤味や刺激が出た場合にはすぐに使用を中止して医師に相談する必要があります。
ハイドロキノンは安定性が非常に悪く、酸化して出来るベンゾキノンと云う成分は強い刺激があります。
純度の悪い原料を用いた製品や茶色く変色して劣化した物は使用してはいけません。
また、高濃度のハイドロキノンを長期に大量に使用して、
無防備に日光をあびると色素沈着が起こ可能性性がありますので、
ハイドロキノンを使用する場合には必ずUVケアが必要です。

ハイドロキノンを使用する上でも注意点

肌の弱い人は化粧水等で肌を整えてから使用する。
肌に傷やかぶれ、湿疹などの異常がある場合は使用しないでください。
使用中に赤味や痒み等刺激を感じたら、すぐに使用を中止して医師に相談して下さい。
日中、強い紫外線を浴びると、逆に色素沈着が起こる場合がありますので、きちんとUVケアを行って下さい。
皮膚科の専門医によると、ハイドロキノンの濃度が5%をこえると危険性が増すと言われています。

市販でもハイドロキノンを手に入れることができますが
通常の化粧品よりも効果が高いと云う事は、強い刺激が皮膚に与えられると云う事でもあります。
顔に使用する前に、腕の内側などで
アレルギー等のパッチテストをきちんとされてから使う事をお勧めします。

また、効果の高い、高濃度のハイドロキノンを使用する場合は、
皮膚科の医師に相談しながら使用された方が、より安全に使う事が出来ます。

まとめ

2015-08-09c-1
肌が白くなる上にシワまで取れるならば、使いたいと思う方も多いと思います。
ですが、誰にでも安全な成分と云う訳ではありません。
大多数の人にとっては、副作用なく使用できるものでも、もしかしたら自分には副作用が出るかもしれません。
少しでも、違和感を感じたら病院に行くなど、高い効果があるからこそ
リスクもあるのだと云う事を踏まえて、正しい使用法で使う必要があります。