いちごは美味しい果物ですが、ただ美味しいだけではありません。
いちごにビタミンCが豊富な事は有名ですが、いちごには葉酸も多く含まれていて、

粘膜や血液や細胞を作り出す力もあります。
しかもどちらの成分も加熱するとその殆どが失われるので生で食べるいちごはその
補給にうってつけなのです。

いちごの美容成分

2016-03-12b

いちごは豊富な美容成分を含有しています。
最も知られているのはビタミンCですが、これはなんとレモンより多いとされています。
いちごのビタミンCは100g中62mg含まれていると言われていて、
人が1日に必要とするビタミンCは100mg程、いちごは1個10gより
少し多いぐらいなので大体1日16個食べれば良いという事になります。

もちろんいちごだけでビタミンCを摂取する必要はありませんが、あえて考えれば
朝昼晩にそれぞれ5個ずつ食べれば1日分のビタミンCは摂取出来る計算となります。
葉酸については100g中に90μgとなっています。

葉酸の必要量に付いては、男女、妊娠中などでかなり変化しますが、
大体1日200から300μg摂取すれば良いようです。
そうすると1日33個程・・・これはさすがに多いですね。
もちろん葉酸も他の食品から摂取出来ますからこれほどいちごだけで摂取する必要はありません。

こんな風にスムージーなどにして摂取すると量も摂れますね。
とは言えいちごはそのまま食べる方が美味しいようにも思えますが。
ビタミンCや葉酸の他には食物繊維なども豊富です。

更にはまだ研究中ですが、どうやらいちごを食べる事でLDLコレステロール値が減少するとも言われています。

美肌成分ビタミンC

ビタミンCはお肌を美しくする成分であり、アンチエイジング効果がある成分として有名です。
白血球を強化して病気に罹りにくくする、抗酸化作用でお肌のくすみを防止、

そして、コラーゲンの生成を助けて美肌のサポートをするのです。
さらに、これらの紫外線からお肌を守り、シワを予防してお肌のキメを整えたりという、

ビタミンCを摂取する事で得られる効果があるという事は、
逆に考えるとビタミンCが足りないとお肌が酸化、シミ、ソバカスが目立つようになり、
ニキビが出来やすくなってお肌がくすんで化粧品の乗りが悪くなるという事になります。

つまり、ビタミンCは老化防止、肌荒れ防止の為には絶対に必要な成分なのです。
もちろんサプリで摂取する方法もありますが、いちごで摂取すれば前述したように、
他の美容成分も一緒に摂取出来るので、
普通のサプリより一粒で何度も美味しいという事になる訳です。
美味しく食べて綺麗になれるならそれが一番幸せな事だと思いませんか?

葉酸の必要性

いちごに含まれる成分の中でビタミンCに次いで多い成分の葉酸ですが、
これはタンパク質や細胞の核となるDNAを生成するのに必要な成分で、
主に赤血球や粘膜、体細胞の生成の手助けをするため、不足すると貧血になったりします。

更に葉酸は胎児の細胞分裂や胎盤の生成などに大きく関わっているので、
不足していると流産しやすくなったり、
胎児の成長に問題が発生したりすると言われていて、
特に妊娠初期や妊娠予定の時期には普段より多めに摂取する必要があります。

特に高齢出産の場合、この葉酸を多く摂取する事が無事な妊娠出産の要と言われていて、
母子手帳に明記されているぐらいです。

その為、妊娠した場合には医師から
葉酸サプリを摂取するように勧められる事もあると思います。

厚生省にもそれを推奨するようにという指示が出ているのです。


元気な赤ちゃんを出産する為にも葉酸の日頃からの摂取が大切です。

冬はいちごの季節

2016-03-12c

冬はいちごが出まわり、普段高いいちごも少しは値段が落ち着いてたくさん食べる事が出来るようになります。

また、楽しくいっぱい食べるにはいちご狩りとかが便利ですね。
レジャーを兼ねた体験をしながら美味しくいちごを食べる事が出来て、楽しいです。
ただ、実は一度に量をたくさん摂取すると、その分栄養の吸収率が下がってしまう傾向にあります。
せっかく身体に良い栄養を摂取しようとしているのに食べただけの効果が無いのは勿体無いですね。
とは言え、10個程度で吸収が落ちたりはしないのですが、こまめにたくさん食べる方が
取りこぼし少なく栄養素を摂取するには良い方法です。

朝昼晩の食前のデザートとして食べると吸収率も上がり、その分食事の全体量も減るので
栄養も摂れてダイエットにもなって丁度良いのではないでしょうか。