南国フルーツはおいしいフルーツがたくさんありますよね。
マンゴーやパパイヤ、バナナにパイナップルなどなど。

その中でも「ジャックフルーツ」という果物は知っていますか?

ジャックフルーツの見た目からは
想像もつかないような味なのだとか。
そのジャックフルーツについて調べてみました。

ジャックフルーツとは?

主にベトナムなどの
温かい地域で栽培されているジャックフルーツですが、
正式な名前は「パラミツ」と言います。
ジャックフルーツとは、英語での呼び名です。

栄養価も高く、βカロテンビタミンC、
ペクチンがとっても豊富なので、
生活習慣病の予防や改善の効果があります。

ジャックフルーツの果肉は食用に、
ジャックフルーツが生る木は、建材仏像にも使われるそうです。

ジャックフルーツがギネス認定?

その果実の大きさから、
なんとギネスブックに認定された果実なんですよ。

果実は長さ70cm、重さがなんと40~50kgにもなることから
「世界最大の果実」と言われているんですよ。

「果実の王様」と言われ、
ドリアンと間違える人も多いのだとか。
まさにフルーツ界の王様ですね。


こんな風に生っているなんて驚きですよね。

その他、果物の効果についてはこちらの記事もご参考に♪

ジャックフルーツはどんな味?

さて、ジャックフルーツはどんな味なのでしょうか。

まずい?甘い?
気になるところですね。
熟れているものは、バナナやマンゴーのように
とても甘くておいしいのですが、
匂いはあまり良くないようです。

熟れていないものは、野菜として調理して食べます。
種も茹でたり、蒸したりすると
お芋のようにホクホクとしておいしいんですよ。


このように売られているので、調理も楽です。

通販などでしたら
ドライフルーツが手に入れやすいですね。
甘さも凝縮されていて、食べやすそう(*^^*)

ジャックフルーツの美味しい食べ方

熟れていないジャックフルーツの美味しい食べ方はこちら!

ニンニクや挽肉などを炒めて、
生のジャックフルーツは茹でて和えるサラダ
塩こしょうなどで味付けするとGood!!

熟していないジャックフルーツはお肉のような食感になるので
カレーの具として入れるのもオススメです。

ジャックフルーツのフライ

お土産としても人気の高いジャックフルーツのチップス
なかなか日本では生のジャックフルーツは手に入りにくく、
現地やお土産として、
または海外の食品を扱っているお店などで、
すでに商品として売られているものを食べている人が多いようです。

仮種皮」の部分を油で揚げたフライもあるそうですよ。
「自分で作ってみよう」と思われた方は、ぜひ参考にしてみてください。

【作り方】

  1. 薄くスライスする

  2. 水気をキッチンペーパーなどでよく取り、
    ジャックフルーツの両面にグラニュー糖をまぶす

  3. 網など通気性のあるものの上に並べて、
    窓辺や風通しのいいところで乾燥させる

  4. よく乾いたら、100度のオーブンで
    20~30分入れてパリパリに乾燥させる

  5. たまに裏返して両面にシロップがつくようにする

3.が終わったら、油で揚げる方法もあります。

アレンジとして、鍋に水とグラニュー糖を入れ、
火にかけてシロップ状にしてから、
スライスしたジャックフルーツを一晩漬け、オーブンに入れる。
最後にシナモンをかけるとGood!!

ジャックフルーツのジャム

まずはなんと言っても解体作業から始まりますが、
ジャックフルーツを切るのは南瓜に似た感触です。

切った途端、中からネバネバした粘液が出てきますので注意してくださいね。

イボのある皮を剥いたら房をほぐしながら、
種を取り除いていきます。

イボは先が丸く、触っても痛くはないです。
現地でも果肉だけで売られているようなので、
ここまでの作業はいらないかもしれません。

果肉だけになったら、
これを細かく切り、鍋に入れます。
そこに砂糖を好みの分量入れて、水を入れて煮詰めていきます。

果肉が崩れてきたらアクが出てくるので、
アクは丁寧に取り除きましょう。
水分が飛んで来たらレモンをお好みの量を加えて
鍋をかき混ぜながら煮詰めていき、ドロッとしたら完成です。

焦げないように注意してくださいね。

ジャックフルーツのジュースは美味しいの?

ジャックフルーツに黒糖やミント、ミルク、
お水を少し加えてミキサーにかけて飲むのだそうです。
シェイクにして飲むことが多いようです。

甘くてさっぱりしてそうですね(*^^*)

食べ過ぎるとお腹が痛くなる?予防法は?

フルーツにしては水分が少なめで、
現地では「ジャックフルーツを食べるときは水を飲め」と言われているそうです。

水を飲みながらでないと胃に負担がかかるんです。
胃の中でたくさんの水分を吸収し、胃酸も出やすくなるためなんです。

なので食べる時には、空腹時は避け、水を飲みながら、
食べ過ぎには注意しましょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あまり聞いたことのないフルーツでしたが、
世界にはいろいろなフルーツがあるんですね。

ギネスに認定されるほど大きなフルーツですが、
「貧乏人が食べる果物」とも言われるほど、
一つの実から何人分も食べられるほどの量が取れるんです。

日本でも気軽に手に入るようになったら、ぜひ食べてみたいですね。