30代~40代の方にとって、お肌の悩みの一つは、“肝斑”だと思います。
肝斑は、普通のシミとは違う物なので、普通のシミ治療では治りません。

また、一生懸命治療して薄くなったのに、完全に消えない、という方も多いと思います。
そこで、肝斑の治療方法について、調べてゆきます。
消えない理由ポイントが見つかるかもしれませんよ?

そもそも肝斑って?

肝斑とは、顔の頬骨や額、下顎、鼻の下のあたりに、左右対象に淡褐色のシミ(班)のように現れます。

浮き出方や濃度変化など、普通のシミとは違う特徴が現れています。
更年期や、妊娠、出産時期に出現したまま改善しないこともあります。

また、肝斑はせっかく治療して薄くなったとしても、完全に消えない事も多いのです。
これは困りものですね。

シミにもいろいろ種類があります。
けれど、日本人の皮膚、特に皮膚の色が浅黒い人はこの肝斑ができやすいそうです。

肝斑は普通のシミ治療では効果が出ません。
もしもシミか肝斑か判らないのなら、まずは正しい判別が重要です。

皮膚科で診てもらうことをお勧めします。
そして、肝斑なら肝斑治療、肝斑でなければ別の治療法が選択肢になります。

顔のシミって、気になりますよね。
それがあるだけで、表情や顔色が暗く見えてしまいますので
きちんと治して、元の明るい肌を取り戻しましょう。

ところが、肝斑のはっきりとした原因は、今のところはっきりとは判っていません。
ただ、肝斑発症するのが30代~40代に多いこと、男性には発症しない等、
女性ホルモンの減少が主な原因だろう、と考えられています。

また、紫外線が当たりやすい箇所に肝斑ができることから、
紫外線によるメラニン色素が関係しているとも言われています。

肝斑の治療方法

肝斑の治療方法もあります。
肝斑に有効な成分は、トラネキサム酸ビタミンC,L-システインです。

トラネキサム酸にはもともと抗出血作用があり、止血剤として使用されていましたが、
美白効果湿疹、じんましん、薬疹、紅斑、腫れ、かゆみなどの症状にも有効で、治療に使われています。

このトラネキサム酸は、効果が現れるまで時間がかかり、大体4,5週間で効果が現れる
と言われています。
ちょっと薄くなったからと言って治療をやめてしまうと、肝斑は治りません。

処方して最初の1,2ヶ月は根気よく治療を続けましょう。
やめてしまうと、せっかく消えかけた肝斑が消えないままになってしまいます。


また、ビタミンCは肌にとても良く、肌にビタミンCを直接つけると美白や美肌効果を得ることができます。

そして、L-システインという成分は、アミノ酸の一種で、髪の毛や皮膚、肌を作る成分を持っています。
身体の中に元々存在している成分だそうです。

このL-システインとビタミンCを一緒に取り入れることで、
肝斑の原因ともなっているメラニンの生成を抑えることができます。

いずれにしても、肝斑治療には時間と根気が必要です。
薄くなったからもう大丈夫!と思わず、完全に消えるまで治療することをお勧めします。
薄くなったくらいでは消えないのです。

アメリカでのシミ治療事情

アメリカでは、20年程前から、“ハイドロキノン”という美白成分がシミ治療に使われています。
これは、“肌の漂白剤”とも言われていて、高い効果を上げているそうです。

ただ、このハイドロキノンは扱いが難しく、酸化するのが早いそうです。
各メーカーでは、いかに酸化しないようにこのハイドロキノンを化粧品に配合するかが課題になっているようです。

また、長期にわたって使用し続けると、白斑が生じる可能性があります。
製品によっては、何ヶ月か使ったら1ヶ月使用をやめるようにと注意書きされている物もあります。

また、ユーザーさんの間でも「肌がヒリヒリする」「赤く腫れる」人もいらっしゃるそうです。
もしも使う場合は、パッチテストをしてから使うことをお勧めします。

日本でも、この“ハイドロキノン”を配合した美容液が出回るようになってきました。
中には、日本人の肌に合う配合をしているものもあるようです。

濃厚本舗:ホワイトクリーム

純ハイドロキノン2%配合されています。
たった2%?と思いますが、2%でも十分に効果があると謳っています。

デルミサ スキンフェイドクリーム

こちらも、ハイドロキノン2%を謳っています。
どうやらこれくらいの量が、肌の美白にちょうど良い量なのかもしれませんね。

肝斑の予防

肝斑に限らず、シミの一番の原因は紫外線です。
肝斑も勿論、紫外線で悪化します。

常に、紫外線から肌を守るように心がけてください。
日焼け止めは勿論、化粧品紫外線対策してある物をお勧めします。

肝斑の原因の一つに、ホルモンバランスの悪化があります。
ホルモンバランスを整えるためにも、大豆イソブラボンを含めて、バランスの良い食事をとってください。

また、ゆっくりとお風呂に浸かって、マッサージストレッチをして、
身体をリラックスさせて、よく眠るのも、ホルモンバランスを整えるのに効果的です。

ごく当たり前のことかもしれませんが、こういった健康的な生活が、
肝斑のような治りにくい病気になりにくい身体を作っていっているのです。

ハイドロキノンの効果についてはこちらの記事もご参考に!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私もそろそろ、肝斑を気にしなければいけない歳になりました。
幸いまだ肝斑にはなっていませんが、誰でもいつなってもおかしくない皮膚の病気だと思います。

もし肝斑かも・・・と思ったら、下手な自己治療をせず皮膚科へ行く事を強くお勧めします。
そして、一人でもたくさんの人がこの肝斑治療に成功しますように・・・