頭皮皮がむける原因は、
皮膚がハウスダストダニほこり紫外線などの外部からの刺激を受け、炎症を起こしてしまうために起こります。

ここでは、頭皮の皮むけの対処法や
炎症を起こすことを防ぐためのシャンプーの選び方や、頭皮の日焼け対策などを紹介します。

頭皮の皮むけを改善しないままでいると、いつまでたっても頭皮の炎症はおさまらず、
そのままの状態になってしまいます。まずはできることから始めてみましょう。

頭皮の皮がむける原因とは?

あなたは、シャンプーをした後など、頭皮から白っぽい薄い皮が落ちてくることありませんか?
まるで皮がむけてポロポロ落ちて頭皮の皮がはがれてくるこの現象は
一体どういう原因で起こっているのでしょうか。

原因として考えられるのは、皮膚が外部から刺激を受け、
炎症を起こした結果起こるものだそうで、特にもともとアトピーで、肌が弱い人などは起こりやすいそうです。

外部からの刺激というのは、主にハウスダストやダニ、
そしてシャンプーによる刺激なども原因として考えられます。

また、加齢により、肌のバリア機能が弱くなることでも起こるため、
こういった頭皮の皮がむける現象は、肌が弱い人や高齢の人に多いです。

もみあげ周辺の皮がむけるのはなぜ?

もみあげ周辺の頭皮の皮がむけるのはなぜなのでしょう。
実はこの原因は、もみあげの毛穴が詰まって菌が増殖しやすくなってしまうからなのです。

もみあげは、皮脂量が少ないUゾーンと呼ばれる部分でもみあげという場所、
実はフケ以外にニキビができやすい場所でもあります。

ここは毛穴が詰まりやすく、汗をかきやすい場所であり、シャンプーも洗い流すとき、
ここに溜まって蓄積してしまうこともあり、
それら多くのことが原因で、もみあげ周辺の皮がむけてしまうようです。

頭皮のトラブルについてはこちらの記事もご参考に!

頭皮の皮むけの対処法は?

「フケにしては大きいな」と思って荒れて皮膚の表面がめくれている状態だった時、
どういう対処をすればいいのでしょう。

日焼けした頭皮は弱っています。
弱った頭皮の皮むけに対処する方法はまず、それ以上頭皮を傷つけないように優しく洗うことです。
そして、できるだけ刺激のあるシャンプーは避ける方がいいです。

どうしても使わなければならない場合には、少量で髪に乗せる感じにしましょう。
そして、すすぎはぬるめのお湯にすると頭皮に刺激を与えないので良いでしょう。

どんなシャンプーを選ぶべき?

先ほど、原因はホコリやダニ、そしてシャンプーによる刺激とありましたが、
シャンプーの刺激をおさえるためには一体どういうシャンプーを選ぶといいのでしょうか。

市販シャンプーは石油系界面活性剤という洗浄成分がほとんどのシャンプーに成分として入っており、
汚れを落とす洗浄力が強いですが、皮膚に浸透して肌に刺激を与える力も強いのです。

それ以外にも、髪の指通りをよくするシリコンなどは、
車のコーティングにも使われるほど、強力な膜を頭皮に作ってしまいます。
ここでできた膜は、頭皮の毛穴を覆い、そのままお湯で流れきらずに頭皮に残り蓄積してしまいます。

他にも強い香りをだすための人工香料や、
防腐剤のパラベンなどの頭皮にダメージを与える刺激物がたくさん入っているシャンプーは数多くあります。

ですが、多少シャンプーに刺激があっても、普通の人は皮膚が荒れることがありません。
しかし、肌が敏感な人などは、こういった少しの刺激には特に敏感なのです。

そのため、肌が弱い人やアトピーの人、
高齢の人は、刺激が少ないシャンプーに変える必要があります。

楽天などで買えるおすすめのシャンプーは?

無添加シャンプー低刺激シャンプーといわれるものは市販のものでも多くありますが、
実は無添加なところは一部だけだそうです。

頭皮へ刺激を与える心配がないのはあくまでも一部ではなくすべて無添加でないといけないので、
おススメのシャンプーは天然成分が100%のものを選びましょう。

天然成分100%のシャンプーは、市販ではなかなか手に入りません。
ここでは楽天などで買えるおすすめの天然成分100%のシャンプーをご紹介します。

ヘアードレッシングシャンプー

石油系界面活性剤、合成防腐剤、シリコン、香料不使用の弱酸性シャンプーです。
水ではなくハーブティーを使用してミネラル濃度にこだわっています。
そして、高濃度ヒアルロン酸も含まれており、
水で洗い流しても髪に残るヒアルロン酸が、しなやかな髪をキープしてくれます。

数分放置してから洗い流すことで、まるでヘアパックをした後のような指通りを感じられ、
合成防腐剤は不使用なので、防腐効果がある成分として、
グレープフルーツから特殊な方法で抽出した植物エキス原料を使用しており、
高級サロンでシャンプーしたような仕上がりになるのだとか。

頭皮の日焼け対策は?

頭皮の日焼け対策としては、まず紫外線を防ぐために帽子をかぶることを意識しましょう。
帽子以外には日焼け止めをしっかり塗るのもいいですし、
また、なるべく頭皮が直射日光などに当たり続けることを防ぐため、
髪の毛の分け目を変えることが日焼け対策となります。

頭皮の皮むけに効果的な市販薬

頭皮の皮むけに効果的な市販薬としては、
医薬品より頭皮にやさしい医薬部外品の市販薬がおすすめです。

医薬部外品は副作用も少なく頭皮にも安全なので、まずは医薬部外品から使うといいでしょう。

例えば、最近売れている頭皮のかゆみを治す市販の塗り薬である「メディクイックH」!
そして、頭皮のかゆみの原因を改善する頭皮専用の塗り薬の「すこやか地肌」がおすすめです。

これらは、荒れた頭皮の炎症を改善してくれる塗り薬で、
頭皮のかゆみを治すだけでは無く「ふけ」や「かさぶた」などの原因も改善してくれるのでとても便利です。

こういったピンポイントに塗りやすい塗り薬だと、使いやすいです。

まとめ

今回は頭皮の皮がむける原因などについてご案内させていただきました。

  • 肌が弱い人や高齢の人に頭皮の皮がむける人が多い
  • もみあげ付近の毛穴には雑菌がたまりやすく、皮がむけやすい
  • 頭皮の皮がむける原因には、シャンプーの選び方が関係している

今回の記事をまとめるとこのようになります。

頭皮の皮がむける原因には、主に、外部からのハウスダストやダニ、
紫外線などやシャンプーの刺激などがあります。

こういった原因で頭皮の皮がむけてしまった場合、
その対処法や原因をあらかじめ頭に入れておくと、
とっさに改善する方法が頭に浮かんできて、すぐに治療することができます。

こういった知識を身に着けておくと、健康な髪を保て、頭皮も健康に保つことができるでしょう。