女性は特にいつでもダイエットを意識している人が多いです。
そのため、世の中にはたくさんのダイエット方法があり効果がある!
とわかるとすぐに新しいダイエットへと飛びついていきます。
様々なダイエット方法がある中で、「食べない」という方法をとる人もいますよね。
ですが、食べないことが必ずしもダイエットになるわけではないのです!

食べないダイエットとは?

2015-07-05-2b
食べないダイエットとはその名の通り食事を極力減らすというものです。
食べるものを減らせば摂取カロリーが減るため、
食べないダイエットを始めたばかりの時にはみるみる体重は減っていきます。
体が痩せる仕組みというのは人が生活したり運動したりする際に
消費するエネルギーつまり消費カロリーが、
食べ物から得られる摂取カロリーを上回ると人は脂肪を燃焼させて体重が減るわけなのです。
食べないということはこの摂取カロリーが
ぐっと減るために食べないダイエットを始めた当初は痩せていくのです。

体が飢餓状態になると痩せなくなる

食べないダイエットは食べないことで摂取カロリーが少なくなり、
体重が減っていきますがある時を境に急に全然痩せなくなります
食べないことは続けているのになぜ痩せなくなるのか?
これは食べないことで体が飢餓状態だと錯覚してしまうことが原因です。
実際は体は飢餓状態ではないけれども、食べないことで胃腸の働きが弱り
体が飢餓状態だと勘違いしてしまうのです。
飢餓状態だと勘違いした体は命を守ろうと防衛本能が働いて
エネルギーを使わず、脂肪も燃やさないようになります。
つまり痩せにくい体になってしまうのです。
これが食べないダイエットで痩せなくなる理由なのです。

痩せやすい体を手に入れるには

では痩せるためにはどうしたらいいのでしょうか?
痩せるためには「食べる」ということが大切です。
痩せると食べるを対抗的に見ている人もいますが、
実際は痩せると食べるに背反的な意味はないのです。
痩せやすい体というのは、カロリーをしっかりと消費することが出来る体です。
人は食べ物を食べるときにもカロリーを消費しています
だからこそ食べることも痩せるためには必要なことなのです。
逆に食べないことですでにご説明した通り、
カロリーを消費しない体になってしまうので、食べるということは大切なのです。
ですがもちろん好きな食べ物だけを食べていては痩せるわけはありません。
痩せやすい体のためには痩せる食べ物を食べることが大切なのです。

その他のダイエット方法についてはこちらの記事もご参考に!

食べて痩せるためにおすすめの食材

痩せる食べ物と考えるとローカロリーの食べ物を想像してしまいますが、
ローカロリーな食べ物ばかりだと体の熱量が上がらないためカロリーを消費できないのです。
ではどんな食べ物が痩せるためには効果的なのでしょうか?
野菜
野菜の中でも特に痩せやすいものがあります。
ブロッコリーや大根やれんこんは食物繊維が多く含まれているので、
腸をきれいに痩せやすい体を作ってくれます。
またアスパラガスは代謝を促進させるなどの
アスパラギン酸という成分が含まれているのでダイエットには最適です。
そしてトマトにはリコピンが含まれリコピンは血糖値を下げてくれます。
つまり痩せやすい体を作ってくれるのに効果があるのです。
脂肪を落とすにはアボカドがおすすめで、
アボカドの不和脂肪酸は代謝をあげ、L-カルニチンは脂肪の燃焼効果を高めてくれるのです。
きのこ
きのこは全般的に食物繊維が多く、胃腸をきれいにしてくれるのです。
胃腸がきれいになることで体の代謝がアップしてくれるので
ダイエット効果が非常に期待できるのです。
大豆食品

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、体の代謝をあげて脂肪を燃焼させる働きがあります。
また食物繊維もたっぷりなため胃腸をきれいにしてくれるのに効果があるのです。
しかも高タンパク質にも関わらずカロリーはそこまで高くないので
ダイエットには向いている食品だといえます。
フルーツ
フルーツの中でもグレープフルーツにはリコピンが含まれています。
リコピンと言えばトマト、グレープフルーツにはトマトと同じような効果が期待できます。
またりんごにはクエン酸が含まれていて、クエン酸によって
糖質と脂質をエネルギーに変えてくれるのでダイエットに効果が期待できるのです。

まとめ

2015-07-05-2c
痩せたいからといって食べずにいると体が飢餓状態だと勘違いし、
ダイエットしているのに結果的に痩せにくい体になってしまうのです。
そうならないためにも、痩せやすい食べ物を選び食べて痩せるようにしていきましょう。