コンタクトレンズをしている方、多いと思いますが、普段のお手入れはどうやっていますか?
コンタクトレンズ、ちゃんとこすり洗いしていますか?

面倒くさかったり、手元がくるってコンタクトが変形したり、面倒だし、
毎日は本当に面倒くさいですね。
でも、あのこすり洗い、すごく重要なんです。
コンタクトのお手入れを怠ったせいで目に取り返しのつかない病気を患ってしまった人もいるんです。

コンタクトレンズの基本の洗い方は?

「何をいまさら…」コンタクト愛用者の方はそう思うかもしれませんね。
けれど、念のためにもう一度、コンタクトの洗い方を確認してみましょう。

コンタクトをつける前は…

  1. 石鹸でよく手を洗ってコンタクトを取り出し、PMSを吹きかけてすすぎます
  2. コンタクトを目に装着
  3. コンタクトケースの中のMPSを捨てて、ケースの中を流水でよくすすぐ
  4. 清潔なティッシュ(ペーパータオルでもOK)の上に伏せておいて、よく乾かす

また、コンタクトを外した時は…

  1. 石鹸で手を洗い、コンタクトレンズを外し、PMSをふきかけてすすぎます
  2. PSPを入れたレンズケースにコンタクトレンズを入れます
  3. キャップをしっかりと占めて4時間以上置く(消毒完了)

この洗い方の手順に出てくる「こすり洗い」はとても重要です。


特に花粉のシーズン、コンタクトレンズはとても汚れます。
こすり洗いだけでは落としきれないという方もいます。

花粉シーズンに限らず、使った後のコンタクトレンズは汚れがたくさん付着しています。
その汚れは洗浄液につけ置きするだけではとても落ちません。
たとえ面倒でも、こすり洗いをしましょう

洗浄しないコンタクトをつけ続けるとひどい眼病になります!

目に直接つけるコンタクトレンズ。
そのコンタクトレンズが汚れていたら、当然目立って汚れますし、だってつきます。

目は粘膜なので、腕や足ほど強い皮膚に守られているわけではありません。
その眼球に傷がつき、傷から雑菌が入ればひどい炎症を起こし、さまざまな目の病気の原因となります。
最悪失明の可能性も出てくるのです!

目の病気について書いていきますね!

角膜浸潤(かくまくしんじゅん)

角膜に傷がつき、そこから雑菌ウイルスが入り炎症を起こした状態です。
かかると、激しい痛みと充血が起きますが、自覚症状が出ないこともあります。

角膜浸潤にかかると、角膜の輪郭や中心に白い斑点が出来ますが、肉眼ではわかりにくいです。
もしも、痛みや充血が起きなかったら、病院に行ってもまったく気が付かないこともあるそうです。

角膜潰瘍(かくまくかいよう)

角膜浸潤が悪化すると角膜潰瘍となります。
角膜の傷がもっと深く進攻してしまい、目の一部が欠けてしまいます。

角膜潰瘍になると、痛みや充血も激しくなります。
また、角膜潰瘍になると、目のバリア機能も著しく低下して、
目に雑菌やカビなどが感染しやすくなってしまい、場合によっては失明することもあります。

巨大乳頭結膜炎(きょだいにゅうとうけつまくえん)

最近急増してきたトラブルの1つで、これもコンタクトレンズに付着した汚れが原因で起こります。
特に、つけおき洗浄をしている人に多いトラブルです。

目が痒くなり、コンタクトレンズがずれやすくなります。
瞼の裏側に異物感を感じるようになり、目やにも増えます。
これが進行すると、大きなブツブツ(乳頭)が瞼の裏にできます。


コンタクトレンズのトラブルにかかっている人は多くて、深刻な状態の人も多いようです。

こうならないためにもコンタクトレンズの洗浄は念入りに行いましょう。

こすり洗い不要の洗浄液があるって本当?

はい。本当です。

つけおき洗いしておくだけでまるで新品のようにきれいになるそうです。
最近の洗浄液はとても優秀ですね。

そんな便利な洗浄液は、
・コンセプトワンステップ
・エーオーセプト クリアケア

です。
この二種類は、楽天やAmazonをはじめとしたネットショップでも取り扱いがあります。

是非お試しになってみてはいかがでしょうか?
また、コンタクトレンズ愛用者の間で最近「ファーストケアex」という洗浄剤の事を耳にします。

この洗浄剤は、ヨウ素系の洗浄剤です。
ヨウ素とは、目に優しいこすり洗いが不要な程消毒効果の高い要素です。

このヨウ素系の消毒薬は病院の手術室でも使われていて、
粘膜にも使える消毒液の中では最も消毒効果の高い成分です。

また、けがをしたときやうがいの時に使う薬品で茶色っぽいものは
みんなヨウ素系の消毒薬ですので、
見たことがある方も、実際に使ったことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

高い洗浄力を持っているので、正しい使い方をすれば、
こすり洗いも必要なく安全にコンタクトレンズを使うことが出来ます。

ツーウィークコンタクトを清潔に保つポイントは「装着時間」と「ケア方法」

この二つがとても重要なのです!
ツーウィークコンタクトレンズは、装着できる期間が2週間です。

寿命が二週間、という意味です。
例えば、1日数時間つけていたとしても、
1日20時間つけていたとしても(そんなにつけないかな?)、使える期間は二週間なのです。

まだ使えそうだから…と言って2週間以上使うのは辞めてください。
また、一日のうちにつけている時間が長すぎるのも良くありません。

装着する時間は1日12時間ほどにして、夜は外すようにしましょう。
また、使用後の消毒洗浄もしっかりとしましょう。

汚れたコンタクトを目につければ、目が傷つき病気の原因となります。
レンズを外すときは手をきれいに洗うこと、保存ケースに保存液をちゃんと入れておくこと。

レンズを外したら手のひらで、傷つけないようにやさしくこすり洗い、
すすいでケースに入れます。

コンタクトレンズ愛用者にとっては当たり前のことかもしれませんが、
清潔に保つにはとても大切な事なのです。

まとめ

  • コンタクトレンズの汚れを落とすにはこすり洗いがよい
  • つけ置き洗いでもきれいに汚れが落ちる洗浄液もある
  • 汚れたコンタクトレンズを装着し続けていると、目が傷つき眼病の恐れもある
  • コンタクトを清潔に使うには、着用時間、着用日数を守り、使った後のお手入れを忘れずに

目に直接入れるコンタクトレンズ、毎日清潔にしておきたいですよね。
毎日綺麗にこすり洗いするのが理想です。

けれど、こすり洗いが面倒くさいのも現実ですし、苦手という人がいるかもしれませんね。
そんな方は、過酸化水素洗浄液でつけおきでも。

いずれにしても、清潔なコンタクトレンズを使って、目も大切にしましょう。