濃くて長いまつ毛は、女性なら誰でも憧れると思います。
でも、まつ毛が薄かったり短かったりでお化粧に苦労されていた方も多いかと思います。
最近では、まつ毛を濃く長くする「まつ毛美容液」に人気があります。
効果もあるのですが、目に塗っても大丈夫なのでしょうか?
目が痛くなる等の話も聞きますが、副作用の心配はないのでしょうか?
目に関わる物だけに、慎重になってしまいますが果たして目の美容液とはどの様なものなのでしょうか?

緑内障の治療薬だった「まつ毛の美容液」

2015-08-09b-2
緑内障の眼圧を下げる為に使われていた点眼薬に
まつ毛の成長が促進される作用がある事から、まつ毛の美容液として販売されるようになりました。
まつ毛美容液に使われている成分の「ビマプロスト」がまつ毛の成長を促進する作用があります。

これは、ビマプロストが毛包のプロスタミドsF2を活性化させてまつ毛の成長に影響しているからです。
メーカーの発表によると、使い始めて16週間で密度106%
長さ25%、色の濃さ18%アップするとのことです。
つまり、効果が出るまでに3~4カ月掛かると云う事です。

副作用について

低い確率(臨床試験では約3.8%)ですが
副作用として目の痒み充血、瞼の黒ずみや目の違和感等が報告されています。
3.8%とは、一般の医薬品等で起こる副作用の確率と殆ど変わりません。

目の周辺に使う物ですが、失明等の重い副作用の報告はされていません。
ただ、副作用はある為に、使用許可は18歳以上であることとされています。

また、妊婦やアレルギー、目の病気がある人は注意が必要です。

まつ毛の美容液ですので、まつ毛の生えている目の周囲に塗布するのですが、
誤って眼球に垂らしてしまう場合があります。

ですが、もともとが点眼薬として使用されていたものですので
眼球に直接触れても副作用の心配は基本的には必要有りません。

ただし、本来は目を閉じて、アイラインを書くように塗布するものですので
眼球にぼとぼとと垂らすように使用すると
目の痛みが起こる可能性が高くなりますので正しく使う必要があります。

正しい使用方法

副作用が起こる確率は低いとはいえ、副作用が全く起こらない訳では有りませんので
正しい使用方法で、塗布する必要があります。

  1. まつ毛エクステの使用を控える
  2. アイラインを書くように、目を閉じてまつ毛の際に塗布する
  3. コンタクトレンズを付けたまま使用しない

等です。
正しい使用方法で行っていれば、基本的には副作用は起きません。
しかし、目の痒みや痛み等、違和感を感じたらすぐに使用を中止して眼科で診察を受ける事が大切です。

安全なまつ毛美容液を選ぶ

まつ毛美容液は付け方によっては目に入って、眼球に付く可能性があります。
商品によっては、目に入ったときに痛みを感じる場合がありますので、
目に入った時でも目が痛くならない商品を選ぶ必要があります。

製薬会社で開発されたまつ毛美容液があります。

薬を開発するときと同じように、無駄なものは一切入れないという
コンセプトのもと作られているので、なんだか安心して使えますよね。

実際、超敏感肌の私でもトラブルが起きることなく使えていますし、
マツエク?と言われることもあるほど、効果を感じることができました(*^^*)

ですが、人によってアレルギーを起こす成分は違いますので
他の人にとっては問題なく使用できるのものでも
自分には猛烈な痒みを起こしたりすることも有ります。
使ってみないと、自分と相性の良いまつ毛美容液はわかりません。

もし、使ってみて痒みや痛み等の違和感が出たら、
即座に使用を中止して眼科で見て貰って下さい。

アレルギー体質の人は、まずは腕の内側などで
アレルギーが起きないかのパッチテストを行って、
異常が無ければ使用するようにする事をお勧めします。

目はとてもデリケートな器官ですので、
安全をしっかり確認してから使用することで副作用等のリスクが下がります。

まとめ

2015-08-09c-2
元々、緑内障の点眼薬として使われていたものなので
眼球に直接着いても大丈夫な様です。
しかし、痛みを感じたり、痒みを感じる等の違和感がある場合は、
使用をすぐに中止した方が良いです。
まつ毛の栄養剤は、沢山の種類が発売されていますが、
口コミ等で評判の良い商品を選んで使ってみる等して
自分に合う物を見付ける事が快適にまつ毛の美容液を使用する方法の様です。