あなたはニームオイルというものをご存知ですか?
実はこのオイル、インドでは何十年も前から医療品や歯磨き粉として使用されていました。
そして、美容にも最適なオイルなのです。

ニームとは、「奇跡の木」とも呼ばる樹木で、なんと200種類以上の害虫を寄せ付けないのです。
ガーデニングの肥料や害虫駆除としても使われ、ニームオイルを使えば強い植物が育つそうです。

そんな人にも植物にもありがたいニームオイルですが、使い方を間違えれば危険を伴うこともあります。
確かな安全性の情報を得て、美容に効果的なニームオイルを味方につけましょう。

ニームオイルの美容効果は?

  • アンチエイジング効果
  • 美白効果
  • 湿疹やニキビの緩和
  • 真菌を寄せ付けない
  • 保湿
  • 髪や皮脂トラブルの改善

ニームオイルは、これらの効果が期待できます。

ニームオイルは皮膚を清潔に保ち、保湿をしてくれる成分があります。
なので、肌だけでなく頭皮や髪の毛にも効力を持ち、フケシラミなどにも役立ってくれるのです。

また、ビタミンE必須アミノ酸も豊富に入っているため、抗酸化作用抗細菌作用
美白作用などの効力を持ちます。
聞くだけで女性に嬉しいオイルですね。

しかし、過剰な使用や摂取は副作用をもたらすことにもなります。
厚生労働省によれば、ニームの毒性は人間にとっては低く、
害を及ぼさない安全性のあるものとして認識されていますが、
体に良いからといってニーム入りの医薬品などを摂取しすぎて、
幼児や小児が痙攣を起こす危険性や、不妊が報告されたという事例もあります。

何事も、摂りすぎや使い過ぎは良くないということですね。

ニームオイルの原料はニームの「種子」匂いは?

ニームは樹木だと説明しましたが、
一体、木のどこからニームオイルを抽出しているのだろうと思う方もいるでしょう。
ニームは初夏頃から夏にかけ、オリーブのような丸い緑や黄色の果実を実らせます。
これがニームオイルの原料になるのです。

ニームを紹介する動画です。

匂いはニンニク臭硫黄臭など、お世辞にも良い香りとは言い難いものです。

しかし、最近では抽出方法や保管方法、保存方法などが改善され、だいぶ匂いの問題も緩和されました。
とはいっても、苦手な人も多いと思います。

化粧品に混ぜたりクリームに混ぜて使うと、使いやすくなりますよ。
中には他のオイルと混ぜて使う人もいるようです。

オイルマッサージには香りも重要なリラックス効果のひとつなのでうまく活用したいですね。

ニームオイルのスキンケア方法は?

ニームオイルを化粧水として使う際は、水で薄めて使用します。
10に対してニームオイル1の割合で混ぜ、化粧水を使う要領で肌に浸透させていきましょう。

エイジング、肌が明るくなることが期待できるのでぜひ取り入れたいスキンケアですね。

また、ヘアケアとして使用する際には、他のオイルと混ぜて匂いを軽減し、
頭皮に沿ってゆっくりと下から頭頂部にかけてマッサージしていきます。
頭皮をきれいに保つことで、髪の毛の質も改善することができます。

髪の毛に浸透させるのも効果的です。
枝毛やぱさつきが気になる方は、毛先を重点的にオイルを浸透させましょう。
つやつや実感が得られますよ。

また、ニームオイルを使った商品も多数出ています。
通販でも買えるので、ぜひ使ってみてください。
なかでもおすすめな商品はこちらです。

MAGI(マギー) マグーニームクリーム

ワセリンホホバオイルをベースに、ニームオイルが配合されたスキンケア用クリームです。
エッセンシャルオイルのラベンダーやローズマリー、ペパーミントなどを加えてニーム独特の香りを押さえています。

そのまま手や乾燥の気になる場所に塗って使用します。

  • 使い出した日から乾燥性湿疹がでなくなって感動
  • 匂いの点など 心配でしたが、実際使ってみると、ラベンダーやユーカリの香りが爽やかで、香料が苦手な私は 気に入りました。
  • ミントの香りが良いですが、その点でも、調理前などや、お茶を入れる時には不向きで、就寝前につける方が良いと思います。

ニームの匂いも気にならず、ミントの爽やかな香りが評判です。

もちろん使用感も満足されていて、リピーターも続出しています。
匂いがあるので料理前などは向かないそうですが、使う時間を調整すれば特に問題もなさそうです。

湿疹肌荒れ乾燥に良いそうなので、一度使ってみたい商品ですね。

ニーム インドセンダン石鹸 ビナニーム

こちらは洗顔石鹸で、防腐剤芳香剤などを一切使っていない天然由来のニーム石鹸です。
全身にも使うことができ、お肌の保湿を導いてくれます。

  • ニームの渋みなどにおいは気になりません。全身洗えてさっぱりします。
  • 洗いあがりは、さっぱりなのに、しっとり潤っています。子供は、今年は、あせもになっていません。
  • せっけんというより油のにおいで、劣化が心配なので早めに使った方がいいかもしれません

使用感の満足度は保湿、さっぱり感からもとても高いようです。
ただ、溶け出しが早いようなので、使用後は乾燥させるようにしましょう。

お子様に使える、無添加商品なのも嬉しいですよね。

ニームオイルの使用上の注意は?

ニームは植物由来のため、植物アレルギーの方はパッチテストをおこなった方が良いでしょう。
また、初めて使う際にもパッチテストをした方が安心です。

傷や腫れ物など、異常のある箇所には塗るのを避けましょう。
臓器などに疾患がある方や、妊娠・授乳中の方は専門医に相談するのをおすすめします。

オイルは品質劣化が心配されます。
高温、直射日光のあたる場所には保管せず、開けたら冷蔵庫に入れておくと安心ですよ。
酸化を防ぐことで、長期間の効果持続力がアップさせることができます。

また、全身にニームを行き渡らせる効果的な方法として、「ニーム風呂」があります。
ニームオイルを少しお風呂に入れ、まんべんなくニームを肌に浸透させることができます。
贅沢なお風呂ですが、お肌もすべすべになっておすすめです。

まとめ

  • ニームは美肌効果だけでなく頭皮ケアにもおすすめ
  • 独特な香りも緩和されているため使いやすい
  • 植物アレルギーの方はパッチテストを行うと良い

今回の内容をまとめるとこのようになります。

ニームオイルはまだまだあまり馴染みのない言葉ですが、
じわじわと日本にも確実に浸透してきています。
その効能の良さは、ぜひご自身のケアに取り入れたいですよね。

効力が強い分、人には無害とはいうものの、100%安全とはいえません。
過剰に使いすぎず、上手に付き合っていきたいです。

匂いが気になる人でも、気にせずに使える商品もたくさん出ています。
オイルケアは心のリラックスとしても大切です。
ご自分に合う香りが配合されたものを選び、癒されるものを使ってくださいね。