ニキビが出来るだけで、ため息が出て暗~い気持ちになります。
ましてや、デコボコしたニキビ痕になんてなったら、鏡を見るたびにため息をつきたくなりますよね。
スキンケアクリニックで、ニキビケアをするのが良いんだろうけど、
病院となるとちょっと大げさに思えるし、仕事帰りや休みに気軽に行けないかもと、躊躇してしまいます。
デコボコ肌と言えば、元プロ野球選手でメジャーリーガーでもあった
「松井秀喜」氏が頭に浮かぶ方も多いと思います。
でも、今の彼の肌ってデコボコしてない事をご存知ですか?
松井秀喜氏のデコボコ肌を治した「グリーンピール」って、一体どういう物なのでしょうか?

ニキビ痕が出来るメカニズム

2015-07-31-2b
ニキビは思春期に起こるホルモンバランスの変化や糖質や
脂質の過剰な食事摂取だったり、体質的な事等様々な原因で起こります。
通常なら、生活や体質の改善でニキビが出来なくなれば、
それまでに出来ているニキビも徐々に消えていきます。
ですが、にきびの痕がクレーターの様に残る事も有ります。
ニキビ痕は、ニキビが発生してニキビ菌が増殖したり皮膚が
保護力を失って、様々な雑菌がニキビに侵入します。
雑菌が侵入することで、ニキビが膿んでしまい、時にはいくつものニキビが固まるようにして出来る事も有ります。
このようになると、皮膚の深い場所までが雑菌に侵されてしまい、
周辺の組織を破壊してしまいニキビが治まったときに、
ヒキツレやケロイド、デコボコとした肌になります。
それ以外にも、アレルギー性体質の人の場合は、
皮膚が過敏な状態の事が多く蚊に刺された程度の小さな傷でも、
じくじくと赤味を持ち中々治らない事が起きます。
治ったあとには、色素沈着が起きて、皮膚が黒ずんでしまう事があります。
これと同じようにニキビも一種の傷ですので、炎症を起こしたり、
失った組織の埋め合わせの為に行われる、表皮細胞の活性化時に、
同時に色素細胞も連動して活発に活動する為に、ニキビの痕に色素沈着が発生する訳です。

グリーンピールって何?-ピーリングとは違います

ドイツで生まれた、100%天然ハーブを使った「皮膚深部再生療法」のことで、50年以上の歴史があります。
複数の配合されたハーブの力により、細胞レベルから新しい肌を作り、不要な角質は剥がれていきます。
身に見える効果がある為に、アンチエイジングや美肌に関心の高い方から高い評価を受けています。
また、古い皮膚が剥がれ新しい皮膚が作れらる事から、
ニキビ痕のケアに高い効果があります。

施術の流れ

グリーンピールで使用されるハーブは一人一人に合わせて配合されますので、
しっかりとカウンセリングを行います。
カウンセリング等をもとに、ハーブ等の配合を行います。
配合されたハーブを顔に塗布して、優しく擦り込んでいきます。
結晶化したハーブが目に見えない小ささで毛穴に入っていきます。
この時に、チクチクとした刺激が感じられます。
ハーブをすりこんだ後も、ハーブが乾かないように、肌の深部まで
ハーブの薬効が浸透するようにコンセントレート(美容液など)を様子を見ながら塗っていきます。
その後、顔に塗ったハーブを刷毛や専用のローションで取っていきます。
ちなみに、施術中に皮膚は剥がれません。
皮膚が剥がれるのは施術後数日(5日後位)です。。

まとめ

2015-07-31-2c
費用は、ちょっと高めかなとは思いますが、ニキビの痕が消えるならば有りかなと思いました。
でも、一回でニキビ痕が消える訳でもないようです。
ですが、ニキビの痕が薄くなり、消える可能性があるのならば、
挑戦してみても良いかなと思ってしまいます。
施術費用以外に、自宅でのスキンケア用品代が結構掛かりますので、
お店で費用を質問する時には、自宅でのスキンケア用品なども含めた費用を
聞くようにされた方がトラブル防止になると思います。

グリーンピール用のスキンケア商品はネットで買えば
クリニックよりは少し安価で手に入れることができます。

こちらは保湿効果が高いと評判が良さそうですね。
大切な顔に行う事ですから、費用ばかりを気にするのではなく、
評判の良いしっかりした御店選びを心掛けて下さいね。