普通に生活をしていると、喉が乾くことがありますよね。
喉の渇きは身体が水分を欲しているサインなのです。

身体は、その60%が水分で、その中のわずか2%が失われると脱水症になってしまいます。
その2%の攻防が体の中で繰り広げられている中、
身体の水分が減ると「喉が渇いた」というサインを脳が体に送るのです。
そのサインを無視すると、とんでもないことになってしまうのです。

マッサージ中や便秘をしているときに喉が乾くのはなぜ?

マッサージ、特にリンパマッサージをしていると、身体の新陳代謝が上がり
体の中の老廃物を外に出そうとする働きが始まりますので、喉が渇きます。

言ってしまえば、停滞していた身体の働きがマッサージによって突然動き出すのです。
人によっては、トイレに行きたくなったり、唾液や涙、鼻水が出たり、
あるいは、生理が早まったり等、様々な動きが現れます。

それらはすべてマッサージの効果が表れているという事で、病気や疾患のためではありませんのでご安心を。

また、便秘をすると喉が渇く方もいらっしゃると思います。
便秘は喉の乾きに関係しているのです。

そもそも便秘の原因の一つは、体内の水不足と言われています。
体内の水分量が少なくなると、日頃から水分を吸収している大腸が影響を受けます。

そのため、大腸の水分が減り、大腸に残っている便から水分を吸収します。
そうなると便が硬くなり、腸の扇動も聞かないほど停滞してしまい、
便の排出が困難になり、便秘になりやすくなります。

そのため、身体の水分が減る喉が渇く症状便秘の初期症状ともいわれています。
便秘になったら、お薬に頼る前に、水分を多めにとるようにしましょう。

喉が渇くのにトイレに行きたくなるのは「糖尿病」の可能性大

糖尿病になると、とても喉が渇き、水分やお茶、飲み物をがぶ飲みするようになったり、
トイレが近くなったりする他にも、身体の怠さを感じます。

糖尿病になると、すい臓の働きが弱まり、インスリンの分泌が弱まります。
インスリンは体の中のブドウ糖を分解する力があるので、
インスリンが少なくなると血糖値が高くなり、
すい臓は血液中のブドウ糖を水分と一緒に尿として体外に排出してしまいます。

その為にトイレが近くなり、喉が渇く症状が出るのです。

糖尿病は、動脈硬化等、様々な生活習慣病との合併症もあるとても恐ろしい病気ですが、
早期発見できれば、生活習慣を改善し通院の心配はなくなる病気です。

喉の渇き頻尿、そしてだるさ、この三つの症状を感じる方は、要注意です。
一度病院で診て貰いましょう。

トイレが遠いのに原因はあるの?

トイレの数や量が極端に多いことを「頻尿」というのに対して、
少ない事を稀尿といいますが、これには個人差があります。

けれど、排尿には、体内の水分量のコントロールや不純物を外に出す役割もあるので、
少なすぎると体に不純物が溜まってしまい、怠さ吐き気などの症状、むくみだるさの原因となります。

また、人によっては膀胱が大きい人や小さい人、
あるいは、仕事上「トイレに行きたいけどいけない」という環境で長い時間過ごしていると、
自然にトイレが遠くなり稀尿となってしまう人もいます。

そう言ったこともなく、病気としての原因も挙げられます。
それは、尿を司る腎臓のトラブルです。

例えば、腎臓に血流が不足していることが原因で起こる「腎前性乏尿無尿」や、
腎臓の病気によって尿の量が減少する「腎性乏尿無尿」、
そして、尿路が閉鎖することによって起こる「腎後性乏尿無尿」などが挙げられます。

こういった疾患は、内科腎臓内科で診てくれることが多いです。
心当たりのある方は、一度診て貰ってみてはいかがでしょうか?

喉が乾く原因はホットカーペットにも?

喉が渇く原因は、日常生活のなかにもたくさん潜んでいます。
例えば、こたつホットカーペットにも、喉が渇く原因が潜んでいます。

こたつやホットカーペットで温まっていると、知らず知らずのうちに体から水分が蒸発していきます。
よく、こたつやホットカーペットで温まっていると暖かくて眠くなったり怠くなったりしますが、
それは身体の水分が抜けてきているサインなのです。

そのまま眠ってしまったら、さらに脱水症状が進み大変なことになってしまいます。


ホットカーペットやこたつ、暖まって気持ちよいですよね。

けれど、こんな危険があるのです。
これからの季節、ホットカーペットやこたつでの暖まりすぎには十分注意してください。

喉の渇きに適した飲み物は?

皆さんは、喉が渇いたときに飲みたくなるものは何ですか?
コーヒーやお茶、ジュースなど…いろいろあるかもしれませんね。

けれど、喉が渇いて身体が本当に水分を欲しているときは、ずばりが一番なのです。
それ以外の飲み物は、逆に喉の渇きを強くする恐れがあります。

「水じゃ物足りない」、そう思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
けれど、喉が渇いているときに、ジュースや炭酸飲料、お酒を飲んでしまうと、余計に喉の渇きが強くなります。

なぜかというと、喉が渇いているときは、身体がすぐにでも水分が欲しい時なのです。
そんな時に砂糖アルコールカフェインなどの不純物が混ざった水分を体に入れても、
身体に吸収されにくく、余計に喉が渇いてしまうのです。

また、スポーツ飲料には塩分が多く含まれており、スポーツした後なら問題ないのですが、
単に喉が渇いているときには体の中の塩分濃度が多くなってしまい、余計に喉が渇きます。

喉が渇いているときには、普通のピュアウォーターが一番お勧めなのです。
けれど、どうしても水じゃ物足りない時には、
カフェインの入っていないほうじ茶麦茶無糖の炭酸水がおすすめです。

これらの飲み物でしたら、身体に負担はかかりませんし、どこのコンビニにでも売っていますよね。
また、水の飲み方ですが、喉が渇いていると、一気に水分をがぶ飲みしたくなりますが、
それはあまりお勧めできません。

コップ一杯のお水をこまめに飲む、といった方が効果的です。
喉が渇いたから水分を大量に飲むという飲み方よりも、
定期的に少しずつ身体の水を補給することで、身体が喉が渇くのを防ぐ効果もあります。

喉の渇きの予防方法は?

基本的に、「こまめに水を飲むこと」が大切です。
「喉が渇いた」と感じるときは、身体の中の水分が減っているサインなのです。

  • こまめに水分補給をする
  • お酒やたばこ、辛いものを控える
  • 部屋の湿度に気をつける
  • こたつやホットカーペットで眠るのは辞める
  • 冬の乾燥した時期はマスクをして、身体の水分が失われるのを防ぐ

喉が渇いたときに一気に大量の水を飲むよりも、
喉が渇く前から少しずつ水を飲んでおく方が効果的な水分補給です。

また、アルコールを飲むと体内でアルコールを分解するのに大量の水を必要として喉が渇きます。
塩味の濃いものや辛いものも、体内に入ると塩分濃度が濃くなり喉が渇きやすくなります。

特に冬は、部屋の空気が乾燥するとそれだけで体内も乾燥します。

また、ホットカーペットやこたつを使用すると身体の水分が蒸発してしまい、
喉が渇きやすくなります。部屋の湿度に気をつけて、
日頃からマスクで保湿し、ホットカーペットやこたつの使用は控えましょう。

加湿されたマスクもあるので、喉の渇きだけでなく
風邪予防にも効果的です(*^^*)

また、こういった外的要因の他に、ストレスや緊張も喉が渇く原因となりえます。
ストレスをためないようにリラックスするように心がけましょう。

まとめ

  • マッサージをすると新陳代謝が上がり、喉が渇きやすい
  • 体の水分量が減ると便秘になりやすい
  • 喉が渇く、頻尿の症状が続いている人は糖尿病の疑いがある
  • 稀尿の場合も、腎臓の病気の可能性がある
  • ホットカーペットやこたつを長時間使っていると体が乾燥して喉が渇きやすくなる
  • 喉が渇いたときには水を摂るのが一番良い
  • 喉の渇きの予防には、こまめに水分をとり、お酒や辛いものを控えるのが大切

また、空気の湿度も重要です。

いかがでしたでしょうか?
たかが喉の渇き…そう思うこともありますけれど、
喉の渇きは身体の水分量の乱れのサインと思うと、喉の渇きも侮れませんね。

これから寒い季節になると、空気も乾燥して、喉が渇きやすい季節になります。
こまめな水分補給を心掛けましょう。