生牡蠣ノロウイルスの予防ができるのをご存知ですか?
単刀直入にいうと、ワインです。

だんだん寒くなってくると、牡蠣が恋しい季節となってきますよね。
プルンとした独特の食感に、食欲をそそる磯の香り。

ポン酢やお醤油、レモン汁などで贅沢に一口…
ですが、同時に怖いのがノロウイルス。
牡蠣のノロウイルスに当たってしまうと、2〜3日は寝込む覚悟が必要です。

職場にも迷惑をかけ、一日中家族からトイレも奪い、自分の体調もつらいと、まさに地獄です。
今回は、ワインを使ったノロウィルス予防策やノロウイルスに効果的なものをご紹介します。

ワインで生牡蠣のノロウイルスが予防できる!

ワインの中でも白ワインが、生牡蠣や魚介類の悪い菌をやっつけてくれる作用を持っています。
白ワインのもつ有酸菌が、アルコールと相乗効果を生み、
生牡蠣に含まれる大腸菌サルモネラ菌退治してくれるのです。

この成分は赤ワインにも含まれますが、白ワインの方がより効果を発揮してくれるそうです。

ある研究者が白ワインでサルモネラ菌と大腸菌を培養したところ、
サルモネラ菌は10分、大腸菌は20分で、10万個の細菌がなんとたったの数個にまで減少したと言います。

中世ヨーロッパでは、生魚などを食べる際にも食中毒を防ぐために白ワインを飲んでいました。
生牡蠣を食べながら、強い殺菌効力を持つ白ワインを飲むことで、ノロウイルスを防ぐことができるのです。

これほどの効力があるなんて、白ワイン恐るべし。
また、この殺菌効力はスパークリングワインにも見られるので
ご自身の好みに合う方を選んで飲んでみてくださいね。


牡蠣と白ワインは殺菌作用だけでなく、実際食べ合わせとしてもおすすめされています。
牡蠣といえば日本酒!という方も多いようですが、ノロウイルスを防ぐためにも、
今年は白ワインやスパークリングワインに変えてみてはいかがですか?

その他の予防といえば、徹底的な手洗い除菌滅菌です。
ノロウイルスを防ぐ手洗いの仕方を動画で見てみましょう。

また、ノロウイルスはアルコールに免疫があるため、効果はありません。

そこで必須なのが、次亜塩素酸水系の除菌液です。
これは肌には刺激が強いので直接付けたりせず、水で薄め、手で触るようなドアノブなどを拭いていきます。

ノロウイルスは、その菌を持っている人が触れた場所に違う人が触れただけで感染します。
もし、誰かがノロウイルスになってしまった場合は、徹底的な除菌を心がけましょう。

他にノロウイルスに効果的な食品は?

・めかぶ
・わかめ
・味噌汁
こちらの食品もノロウイルスには効果的です。

これらを食べたからといってすぐによくなるわけではありません。
ノロウイルスは現段階でも特効薬はなく、ただただウイルスが体内から排出されるのを待つのみ。

かからないことに越したことはないのですが、
もしかかってしまった時の緩和方法のひとつとして参考にしてみてください。

まず、めかぶやわかめについてですが、これら2つはいわゆる水溶性食物繊維です。
他にもなめこモロヘイヤなどがあげられるのですが、
もしノロウイルスにかかってしまった場合、酷く下痢が続きます。

水溶性食物繊維は、腸内の水分を吸収し、下痢を緩和してくれる作用があります。
なので、下痢の緩和という点でめかぶやわかめはノロウイルスに良いと言えるでしょう。

味噌汁は、タンパク質で、液体という点からノロウイルスに良いです。
卵や脂身の少ないささみなどでもいいのですが、固形のタンパク質を摂取するとなると、
ノロウイルスに感染してしまっている状態ではなかなか難しいので、
味噌を溶かして味噌汁として摂取する方が良いでしょう。

そのタンパク質ですが、胃の粘膜を保護してくれる働きがあります。

下痢と同時に引き起こされる嘔吐。
この症状を少しでも緩和してくれるのに、タンパク質は役立つのです。

ノロウイルスに感染しているのに無症状の人はいるの?

ノロウイルスが体内に侵入しても、小腸がその侵入を受け入れず、
そのまま体外に排出し、無症状でした!という人もいます。

「体が丈夫で良かったね!めでたしめでたし」
と言いたいところですが、この無症状こそ危険が潜んでいるのです。
それは、拡大感染

もちろん当の本人は体内にノロウイルスが侵入しても何にも問題はなかったのですが、
そのせいで普通に生活しちゃってますよね。
外の人との接触も普通におこなえます。

これが、盲点です。
ノロウイルスを持っている人と接触した人は、手に触れたり同じものを触ってしまうことによって感染します。

たとえば、スーパーに行って、その人が手に取った商品を、やっぱりやめた、と戻します。
他の人はそれを手にとって見る可能性があり、ノロウイルスに感染してしまいます。

ドアノブに触れば、他の人がドアノブに触れて感染し、お金を渡せば、
受け取り手がお金を触って感染し…まさに大惨事です。

ノロウイルスが体内に潜んでいる可能性がある人は、
少なくとも手洗いうがいを徹底したり、あまり外部と接触しないことが望まれます。

被害が拡大しないよう、ノロウイルスの増える季節は手洗い洗浄をしっかりおこないましょう。

ノロウイルスをカンタンに予防!

先ほどにも書いたとおり、ノロウイルス自体に効く特効薬はなく、抗生物質ももちろんありません。
なので、感染するのを防ぐことが一番の対処法です!

ワインの予防法は、お酒が飲める人じゃないとできないですよね。
そこで、子供も大人も安心して予防ができる除菌スプレーを使うと良いですよ(*^^*)

こちらはマヨネーズのキューピーから出ているスプレーです。
ノロクリアプロテインという成分がノロウイルス予防に良いのだとか。

このノロクリアプロテインは卵由来の成分なのでお肌や子供が口に入れるものでも
何にでも使用することができます。
このスプレー自体が全て食品由来でできています。

ワインを飲んだり、感染した後に特効薬がなくてしんどい思いをする前に、
こういったスプレーでノロウイルス感染を予防しておきましょう(*^^*)

まとめ

  • ノロウイルスを引き起こしやすい生牡蠣には白ワインを一緒に飲みましょう
  • 胃腸をいたわる食品は水溶性食物繊維とタンパク質
  • ノロウイルス無症状は危険!冬場は徹底的に注意を払いましょう
  • 予防には除菌スプレーも使える

今回の内容をまとめるとこのようになります。

ノロウイルスにならないためには手洗い、除菌、
そして生牡蠣を食べないことに越したことはないですが…冬場になるとやっぱり生牡蠣は外せませんよね。

今回ご紹介したとおり、白ワインには強い殺菌効力があります。
安心して生牡蠣を食べるためにも、今後欠かせないお供になりそうです。

そして、ノロウイルスに感染してしまった場合は、とにかく早く体外に排出してしまうことです。
とはいっても何日かは、やはり部屋とトイレを行き来する生活になるでしょう。
少しでも症状を和らげるために、薬や食べ物、飲み物を上手に摂りたいところです。

そんな生活、年に一度も嫌ですよね。
外から帰って手洗いをする習慣がない方は特に、寒くなる季節は気をつけましょう。

日頃の健康管理次第で、ノロウイルスだけでなく風邪やインフルエンザも予防することができますよ。