少し寒くなってくると食べたくなるのが、おでんではないでしょうか?

最近では、どこのコンビニでも売っているのでかなり手軽に食べることが出来るようになっていますよね。
日本人なら寒い時期に食べたくなるおでんですが、
実はおでんって日本独自の食文化だってご存知でしたか?

そんなおでんを見た外国人はどんな反応をするのでしょうか?

おでんは日本独自の文化

おでんは日本独自の文化で、日本料理の煮物のひとつに分類されるものです。
おでんはそもそも、室町時代からある田楽料理のひとつなんです。

田楽というと、こんにゃくなどに味噌を塗って食べるものをイメージするかもしれませんが
現代の田楽は当時の焼き田楽で、現代のおでんは当時の煮込み田楽とされていたのです。
煮込み田楽が江戸時代にはおでんという呼び方になり、焼き田楽が田楽と呼ばれるようになったのです。

また、地域によってもおでんの形が違うというのも特徴かもしれません。
関東に代表されるものは、鰹節と昆布から出汁をとって濃口しょうゆで味付けしたもの。
西日本では昆布や煮干し、あごから出汁をとって薄口しょうゆで味付けをしたものと、

地域によって味付けはもちろんのこと、おでんの具にも違いが出てくるんです。
地域によってそれぞれの味があるほど、おでんは地域に根付いているもので、それくらい

日本人には欠かせない食べ物になっているのです。

よく、たこ焼きパーティーや鍋パーティーなんてよく聞きますが、
おでんパーティーも寒い冬にピッタリですね。

しかも、自宅で屋台おでん気分を味わえる鍋もあります。

今年の冬はみんなで、おでんをつつきながらお酒を飲んでこたつでのんびりしましょう♪

おでんは英語でOden?

日本特有のおでん。
つまり海外にはないってことですよね。

海外になかったものとして、カラオケはKaraokeと訳されるように、
おでんもOdenと訳されるのでしょうか?

おでんの英訳は実は色々あるんです。
まず予想通りOdenという英訳。
もちろんこれでもOKですが、おでん自体はそこまで有名なものではないので、
自ずとそれに説明が必要になってきます。

それ以外のおでんのえいやくとしてあるのは、
vegetables,fish dumplings and various other articles of foood stewed in a thin soy soup,and served hod.です。
単語というには長すぎる訳し方ですが、おでんが海外では当たり前ではないもの
だからこそこれだけの説明が必要になってしまうのですね。

おでんを見た海外の反応は?

海外の人にとって身近ではないおでん。
そんな海外の人がおでんを見たらどんな感想を持つのでしょうか?

この動画で普段知らないおでんに対して海外の人たちがどんな反応をするのか
ということがまとめられています。

おでんは練り物などが多く、海外の人にとっては見てもそれが一体何なのか
ということがわからない分、かなり不思議な食べ物のようですね。

地域ごとのおでんの特色

そんな日本特有のおでん文化。
地域によってかなり違いがあるのが特徴です。
日本にはどんなおでんがあるか地域ごとに紹介していきます。

北海道地方

関東のおでんに似ていて昆布出汁に薄く醤油で味をつけたもの。
ただおでんの具が独特で、昆布や蟹、ツブ貝などが入っています。
また、山菜なども入れるという特徴があります。

青森県

青森県の中でも青森市においては、ネマガリダケや大角天が入っているのが特徴。
さらに生姜味噌をかけて食べるんですよ。

関東

関東のおでんは鰹節や昆布から出汁をとり、濃口しょうゆで味をつけますが、
つゆは濃くなく透き通っているのが特徴。

静岡県

静岡県の静岡市のおでんの特徴は、おでんがつゆが濃く黒いことです。
出汁も鶏ガラや牛すじでとるのです。

さらに有名なのが、静岡おでんの黒はんぺん。
真っ黒いはんぺんを出汁粉をつけて食べるという食べ方をします。

愛知県

愛知県は味噌おでんが有名。
八丁味噌を基本にだいこんなどの具を煮込み、さらにはモツを
いれてモツ煮込みのようにもします。

香川県

香川では白みそを使用して、甘めのおでんになっています。
香川と言えばうどんですが、うどんの添え物としてもおでんは欠かせません。

沖縄県

沖縄のおでんの特徴は、豚足を入れるということ。
また、ソーキソバもおでんに入れて食べることも当たり前のようです。

まとめ

2015-09-05b-2

私たち日本人には当たり前のおでんですが、これは日本独特の文化。
海外から見ると、ちょっと不思議な食べ物に見えるようですね。

また、自分たちが思っているおでんでも日本全国でその食べ方は違うんです。
日本独特の食文化だからこそ、大切にしておきたいものですね。