美容や健康法で密かに人気のオイルプリングというものをご存知でしょうか。
主にココナッツオイルを使って口の中を濯ぐというやり方なのですが、

これが様々な身体の状態の改善に役立つとして、多くの著名人も行っています。
実はそのオイルプリングが、口の中の事で関係ないように思われる鼻炎にも効果があると評判なのです。

オイルプリングとは

2015-09-14b-1

オイルプリングとは、オイル、主にココナッツオイルを口に含んで
口の中で転がす感じでクチュクチュ濯ぐ事を言います。

オイルでうがいをすると表現する人が多いようですが、
うがいと言うと喉の事のように感じるのでちょっと誤解されそうな気がします。
あくまでも口の中だけで行う健康法です。

プリングという言葉には引き出すという意味があるとの事で、オイルで悪いものを
排出するという意味だと思ってもらえば良いと思います。
おおさじ1杯のココナッツオイルを15分から20分、ゆっくりと口の中を転がして吐き出します。
この口の中を洗ったオイルには悪い物が吸着されているので、絶対にそのまま飲んだりしないようにしてください。

また、下水に流すと悪い影響が出るので、目の細かい三角コーナー袋か
新聞紙か何かに吐き出すと良いでしょう。
人によっては大さじ1杯は多すぎる場合もあるので、自分に合った量で試しましょう。
吐き出した後は塩水などでうがいをしてさっぱりさせてください。

オイルプリングが鼻炎に効く?

オイルプリングは口の中で行う健康法なので鼻炎に効果があるというのはおかしいと
思う人もいるかもしれません。
ですが、実際に効果が出ている人もいるようです。


これはなぜかと言うと、鼻と口とが繋がっている関係で、口から細菌が鼻に上がっていた
という事もあるのかもしれません。
要するに鼻炎の元となっていた細菌をオイルプリングでシャットアウトした訳です。

ココナッツオイルには除菌の効果があるので、一番考えられるのはその辺りでしょう。
また、鼻と口が繋がっているという事は、ココナッツオイルの成分が香りとして
鼻に届いているという事でもあります。

この直接的な除菌効果も侮れないものがあるのではないかと思われます。
ココナッツオイルはダイエット効果のあるオイルとして知られていますが、

その成分にはラウリン酸という抗菌成分が多量に含まれていて、抗菌能力の高さも有名です。
どちらの仮定もあながち間違ってはいないのではないかと考えられます。

ココナッツオイルの効能

ここで改めてココナッツオイルの効能を確認してみましょう。
ココナッツオイルの有名なダイエット効果は中鎖脂肪酸によるものです。
中鎖脂肪酸は身体に蓄積せずにすぐにエネルギーに変わる為、太らない油として知られています。

また、中鎖脂肪酸を分解したケトン体をエネルギーとして使う事によって、
ケトン体をエネルギーとして使う事を身体に慣れさせて、結果として蓄積された脂肪を消費しやすい

身体になるという効果も期待出来るようです。
中鎖脂肪酸はすぐエネルギーに変わる為、油なのにコレステロール値を上げないという特徴もあります。
よくCMでコレステロール値が高いお父さんには中鎖脂肪酸のオイルで
料理を作りましょうと言われていますが、その理由はこれです。

その上、前述したようにラウリン酸には抗菌作用があり、免疫効果も期待出来ますし、
肌に塗る事で炎症を癒やす効果もあるとされています。

そして、活性酸素を除去するという抗酸化効果もあるので、身体の老化を抑える効能もあるのです。

最初はちょっと大変なオイルプリング

2015-09-14c-1

鼻炎の人にオイルプリングが良いという事でご紹介して来ましたが、
実際に始めると最初はなかなか大変なようです。
それはどうしてかというと、鼻炎の人は鼻が詰まっている場合が多いので、

口で呼吸をしている割合が高いからなのです。
そう、オイルで20分も口を塞いでしまうと、呼吸が出来なくなってしまう訳です。
これはとても深刻な問題です。

なので、最初は無理はせずに5分ぐらいから始めて、鼻の通りが良くなった感じがして来たら
少しずつ時間を延ばして行けば良いのではないかと思います。

真面目な人は最初から完璧にやろうとして却って苦しんでしまうのではないかと思うので、
その辺りは、自分が楽なように工夫してみてください。

そう言えば、このオイルプリングは元々は海外から入って来た習慣ですが、
ミランダ・カーとかアンジェリーナ・ジョリーなどが行っているという事で評判になったようです。
単純な憧れから始めたとしても、それを周囲が真似をして
みんなが健康になって行けるならそれはとても嬉しい話ですね。