オイルプリングってご存知でしょうか。
オイルを口に含んでくちゅくちゅとうがいをすることを言います。
もともとはインドのアーユルベーダの健康法の一つといわれています。
このオイルプリングが実は様々なものに効果が出ると、もっぱらの評判なのです。
この様々なものに効果があるオイルプリングを、
健康効果の高いえごま油で行うとどういう効果があるのでしょうか。

オイルプリングとは

2015-08-03-2a
オイルプリングは油を口に含んでくちゅくちゅとうがいをすることを言います。
口の中にオイルが行き渡るようにしてうがいを20分間行います。
うがいしたオイルには老廃物がたくさん出ていますので、
決して飲み込まずに吐きだすようにして下さい。
その後は死を水で口をゆすぎます。
最も効果的なのは朝起きた時の空腹時に行うことです。
オイルは排水溝に詰まりやすいので、排水溝に詰まらないように
ティッシュにとってゴミ箱に捨てるのが良いでしょう。
油を落とすのは油が一番なので、石鹸も元は油からできています。
口腔内の余分なものをキレイにするのに、油を使うというのは理に適っているといえるでしょう。

オイルプリングの効果

オイルプリングにはデトックス効果があります。
体内に溜まった老廃物を排出することで、体を中からスッキリとさせてくれるのです。
口の中にはものすごい数の細菌がいます。
それというのも人間は口から食べ物を摂取してエネルギーを得るからです。
口腔内の細菌が増えると、虫歯や歯周病、口内炎の原因になります。
実はオイルプリングをすることで、口内炎が早く治るのです。
オイルプリングが口腔内の細菌を洗い流してくれる効果があるからです。
オイルプリングは歯のホワイトニング効果もあるので、
歯を白くしたい人は毎朝オイルプリングを行うと良いでしょう。
オイルプリングの効果は口腔内だけではありません。
20分間くちゅくちゅとすることで、実はほうれい線にも効果が出るのです。
口の中をゆすぐという行為は、歯を磨いた時などで日常的に行っていますが、
20分間もやることはありません。
このゆすいでいる時間が顔の筋肉を使うエクササイズになるのです。
普段あまり使わない顔の筋肉をオイルプリングで使うことによって、
肌の弾力やシワに効果が出るのです。

オイルプリングに使うオイルは

オイルプリングに使う油に決まりはありません。
植物油ならば何を使っても大丈夫です。
身近なところでオリーブオイルやごま油でも大丈夫ですが、
よく使われているのはバージンここナッツオイルです。
バージンココナッツオイルにはデトックスや便秘解消効果があるのでオススメのようです。
他にもゴマ油は殺菌作用もあるので、口腔内の殺菌効果を期待するのならばごま油でもよいでしょう。
体脂肪を燃焼させる効果の高いえごま油は、
オイルプリング本来の効果だけでなくダイエット効果も期待できそうです。

えごま油自体に生活習慣病を予防する効果もある上、
老化防止やアレルギー抑制効果もあるのでオイルプリングにはより良い効果が期待できそうです。
しかし、えごま油は高価なので、毎日のオイルプリングに使ってしまうのは
少しもったいない気もします。
そこでえごま油を使いたいのであれば、普段は違うオイルを使用していて、
3日に1度くらいの割合で使ってみるのも良いのではないでしょうか。

オイルプリングにえごま油

2015-08-03-2c
オイルプリングはインドのアーユルベーダの健康法の一つで、
オイルを口に含んで口腔内をゆすぐ行為のことです。
口内には様々な細菌や雑菌が存在しているので、オイルプリングでそれらを排出するのです。
オイルプリングの効果は虫歯や歯周病、口内炎などにも効果があり、
20分間のうがいにより顔の筋肉を動かすためにほうれい線にも効果が期待できます。
オイルプリングに使うオイルの種類は植物性ならばどれを使っても大丈夫です。
生活習慣病や脂肪燃焼に効果のあるえごま油を使うことで、ダイエット効果も期待できます。