20代〜40代の女性に流行りのオイルプリング
おうちで気軽にできる美容健康方法として話題ですが、
オイルプリングをした後に体調が優れなくなったことはありませんか?

実はこのオイルプリング、やりすぎには注意が必要です。
今日は適切なオイルプリングのやり方と期待される効果について説明します。

オイルプリングとは

オイルプリングとは、食用のオイルを使ってうがいをすることです。
うがいといっても、お口をくちゅくちゅさせる方のうがいですよ♪

えっ、油で!?と思うかもしれませんが、オイルで口をすすぐことによって
口内に潜んでいる毒素雑菌をより効果的に外へ引き出してくれるのです。
プリング(Pulling)は「引き出す、引き離す」という意味なんですね!

人間の口内は歯ブラシだけでは取り除けない細菌数億個以上も生息しています。
朝起きてすぐの口は大便と同じくらいの菌を含んでいるんだとか・・・。
これらの細菌を放っておくと、虫歯や口臭などのお口のトラブルだけにとどまらず、
身体中の様々な病気に繋がってしまいます。
うがいって大事ですね。

「油だから口に入れると気持ち悪そう・・・。」とイメージしがちのオイルプリングですが、
意外にサラサラしていてうがいもしやすいんですよ!
そして、なんといっても用意するものは食用オイルだけなので簡単にトライできることが魅力です。

オイルプリングの適切なタイミングや回数は?

やり方は、すっごく簡単!

  1. 大さじ1のオイルを口に含む

  2. まんべんなく口内にオイルをゆき渡らせ、15分〜20分口でクチュクチュする

  3. オイルを吐き出す

  4. 水で口をすすぐ

だけです!

唾液を出しやすくするために、お水で口を潤してから始めるといいかもしれません。
オイルなので、吐き出す際はテッシュなどで包んでゴミ箱に捨てましょう。

このオイルプリングを行う時間ですが、空腹時・起床時などがあります。
私のオススメは起床時です。

起きてすぐ行うと、寝ている時に増えてしまった細菌を朝食前に吐き出せますし
仕事前にお口がスッキリしていると、会社でも口臭も気にせず笑ったり話したりできますよね。
使うのは口だけなので朝の身支度にも取り入れやすいと思います。

1日1回行えば十分なので、寝起きの頭を起こすように15分〜20分やってみてください。

こちらの記事でもオイルプリングについて詳しく説明しています。

やりすぎ?合ってない?好転反応が出た場合

オイルプリングを始めて素敵な効果が出てくる反面、始めたての方に出る症状があります。

  • 気分が悪くなった
  • 発疹が出た
  • 発熱した
  • だるさや眠気が酷い
  • 吐き気
  • かゆみ

などの症状が現れる場合があります。
これらの症状は「好転反応」と呼ばれるものです。

オイルプリングはデトックス効果が大きいため、このような反応が出る方も少なくはないようです。


「好転反応」とは溜まっている老廃物毒素浄化に伴い、
体になんらかの悪化症状が現れることです。

「好転反応」は特に悪いものが多い箇所に現れると言われています。
そのほとんどが一時的なもので、しばらくすると症状が改善され本来の効果が発揮されていきます。

しかし、医療の知識のない素人では、好転反応かどうかの判断が難しいので
数日で症状が改善されない場合・症状が辛い場合は、中断してお医者さんに相談してみましょう。

オイルプリングの素敵な効果

とはいっても、オイルプリングにはたくさんの美容健康の効果が期待されます。
主な効果は…

  • ほうれい線
  • 小顔効果
  • 喉の痛み
  • 偏頭痛
  • 虫歯や歯の黄ばみ
  • 口臭予防
  • 花粉症

などの効果があります。

20分も口をくちゅくちゅしていると当然顔の筋肉をたくさん動かしますし、
舌も鍛えられるのでほうれい線薄くなったり小顔が十分に期待できますね!

歯はもちろん、喉も口内の細菌を飲み込んでしまうと
ダイレクトにダメージを受けてしまうので虫歯風邪予防にも最適ですね。

喉が痛いなと感じたらオイルプリングで喉のばい菌を取り除いてみましょう。
ばい菌を体内に取り込まないおかげで、偏頭痛などの慢性的疾患にも効果が期待できそうですね。

また、免疫機能も上がるので花粉症などのアレルギー症状緩和にも効果があります。
花粉も飛び始めたこの時期、オイルプリングで少しでも花粉症が改善されるといいですね。

オイルプリングにおすすめのオイルは?

食用オイルといってもたくさんありますよね。
その中でもオイルプリングにオススメと言われるオイルをご紹介します。

エキストラバージンココナッツオイル

多くの方は、ココナッツオイルでオイルプリングをしているようです。


ココナッツオイルは美容に優れた効能を持つので、
他にもスキンケアとして肌に塗ったり髪に使用したりと余すところなく使えそうです。
25℃より気温が下回ると白く固まってしまいますが、温めれば元に戻りますので安心してください。
常温保存で開封してからも2年ほど使用ができます。

オイルプリング専用オイル

食用オイルをそのまま口に含むことに抵抗のある方は専用のオイルがオススメです。
こちらはうがいをしやすいようにペパーミントや植物オイルがブレンドされているので口にも馴染みやすく、
マウスウォッシュの要領で始めることができます。

セサミオイル

セサミオイルはごま油のことです。
オイルプリングはもともとアーユルヴェーダという伝統医学で行われていたもので、「白ごま油」を使用していたそうです。

白ごま油をオイルプリングで使用する場合は、キュアリング(低温加熱による保存処理)をするのをオススメします。
キュアリングによって、酸化しにくくなるのでより抗酸化成分が働いてくれます。

さいごに

万病を防ぐためにも口内環境はより良くしたいものです。
おうちにある油1つで美容健康を促進できるなんてお得ですよね!
新しい毎日の健康習慣にオイルプリングはどうでしょう?
正しいやり方で、あなたもぜひ試してみてくださいね。