大晦日に、年越しそばとしてそばを食べるのは、日本の約6割の人が行っている習慣なんだそうです。
5人いたら3人食べている、と考えるとかなりの割合ですよね。

当たり前のように大晦日におそばを食べていますが、どうして大晦日におそばを食べる
のかというのはあまり知られていません。
どうして、大晦日におそばを食べるのでしょうか?

大晦日にそばを食べる理由は?

2015-11-26a-1

当たり前のような習慣になっている大晦日に食べる年越しそば。
どうして年越し”そば”なんでしょうか?
年越しそばを食べる理由にはいくつかあると考えられています。
まずひとつめは、そばが切れやすいということ。

うどんやラーメンなど他の麺と比べても
切れやすいという特徴があるのがおそばです。
切れやすいというのが、1年の厄も切るという意味が込められているそうです。
もちろんそれだけではなく、二つ目は、長いから長生きという願いを込めていたり、

そばが強く育つ植物なので、健康という願いが込められていたりなどがあります。
また、金箔職人は昔散らばってしまった金箔を集めるときにそばを団子状にしたそば
団子にくっつけていたということから、金運を良くするという意味もあるようです。
このように、年越しそばには様々な理由があって食べられるようになっているのです。

いつから大晦日にそばを食べるようになったの?

では、大晦日に年越しそばを食べるようになったのはいつごろからなのでしょうか?

大晦日に年越しそばを食べる習慣が出来た時期にはいくつかの説がありますが、
その中でも一番有力だとされているのが江戸時代です。
江戸時代の年越しは、ちょうど節分の時期です。

当時、立春を1年のはじめとする考え方が主流だったので
立春が始まる節分が年越しとなりました。
この時期に、そばを食べるという習慣があったのに加え、
毎月の月末のことを晦日と呼んでおり、
その晦日におそばを食べるという習慣もあったことがあります。

これらが、新暦になったことで12月の月末を大晦日と呼んで、毎月の月末に食べていた
習慣が12月31日だけ残ったという説なのです。

また、室町時代の関東三長者のひとりであった増淵民部という人が、
大晦日の日にそばがきを食べて無病息災を願ったということも、
大晦日におそばを食べるようになったころともいわれています。
とはいえ、多くの人が食べるようになったのは江戸時代に入ってからというのは、

今のところわかっているところです。

そばは縄文時代には存在していた。

麺として当たり前のように食べているおそば。
そばが日本で食べられるようになったのは古く縄文時代の頃まで遡ることができる
のですが、今のように麺として食べられるようになったのは江戸時代に入ってからなのです。

では、それまではどのように食べていたのでしょうか?
奈良時代にようやくそばの実を挽いて粉にするという技術が伝わっていて、
その頃には今でいうそばがきの形で食べられていたんです。

その後江戸時代になると、そばがきを切った形ということから「そば切り」として
今のような麺状で食べられるようになったのです。
意外にも、麺として食べられたのはそこまで古い歴史ではないのです。

自宅で食べるそばメニュー色々

年越しそば、とひとくちに言ってもそばは食べ方が様々あります。
毎年同じメニューでもいいですが、たまにはちょっと違う食べ方で食べてみてもいいかもしれません。
自宅で作れるそばメニューについていくつかご紹介していきます。

メニュー1 おろしそば

おろしそばは、大根おろしをのせたおそばです。
大根おろしをすりおろしたら、それをそばにのせるだけで完成。
天ぷらなどよりもさっぱりとして食べることができます。

メニュー2 とろろそば

とろろそばは、お店などでは良く食べられますが自宅でも簡単に作ることができます。
いつも通りそばを作ったら、山芋をすりおろしてのせるだけ。
彩として、卵黄をのせるとよりお店っぽくなりますよ。

メニュー3 鴨そば

最近は、年末に合わせるかのようにスーパーで鴨肉が売られていることも多いですよね。
その鴨を茹でただし汁をベースに、そばつゆを作り、鴨をトッピングすれば自宅
でも簡単に鴨そばが食べられます。

メニュー4 チューシューそば

がっつり食べたい!という人にはおすすめなのが、チャーシューそばです。
普通にそばを作ったら、トッピングにチャーシューと味たまごを。
まるでラーメンのようですが、意外に合うのが驚きですね。

メニュー5 たまごとじそば

そばを作る時にときたまごを用意して、たまごとじ状にして食べましょう。
たまごの優しい味を楽しめるメニューです。

番外編

年末は忙しいのでお取り寄せしたものを食べるのもいいですね。

ネギなど好きなものをトッピングしてささっと
人気の越前そばをすすりながら年越しを迎えましょう。

まとめ

2015-11-26c-1

年越しそばを大晦日に食べる理由には色々なものがあります。
ただ食べるよりも、そういった意味を考えながら食べると「今年も頑張ったな」とか
「新しい年も頑張ろう」と思うこともできるのでは?
ぜひ、今年は理由も考えながら食べてみてくださいね。