ダイエットにおいて水泳というのは有酸素運動と全身運動を兼ねた大変有効なものです。
しかし、プールの効果はダイエットだけではありません。
水の中に入って体を浮かせているだけでも、実はリラックス効果があるのです。
このリラックス効果は様々な点において、
私たちの体か柄でなく精神的な面でも健康的にしてくれるものです。

プールがなぜリラックス効果があるのか

2015-07-31-1b
毎日生活していると、当然ですが地球の重力に影響を受けています。
精神的にストレスが溜まっている状態の時には、
体にかかる重力すら重く感じてしまうものです。
それとは反対に重力による影響が体にあまりかからなくなると、
精神的にも気が楽になるものです。
こうした重力による影響からの解放は、ただ水の上に浮いているだけでも効果があります。
水流によるさざ波は「1/fのゆらぎ」というリラックス効果を生みだしてくれるのです。
また泳ぐことや水の中に浮くことは自然と人の体の中に備わっているものです。
体の力を抜いて水に身を任せると、自然と体が浮いてきます。
この状態では頭を使って考えることが少なくなるため、
左右の脳の働きにバランスが取れます。
すると脳がα波を出して、心身ともにリラックスしてくるのです。
こうした状態を作りだすことで、ストレスが解消されてきます。
忙しい状態で生活習慣が乱れてしまっている時には、
プールで浮くだけでもリラックス効果を得ることができるので、よく眠れるようになるでしょう。

プールでダイエット

プールは水の中に入っているというだけで、水圧を体中に感じることができます。
入っているだけでも運動になりますが、更にダイエット効果を高めたい場合は
やはり泳ぐことが良いでしょう。
水の中ならば普段は使わない筋肉も使って運動することができ、
落とし難い場所の脂肪も動かすことで落ちやすくなります。
いきなり無理をしてやりすぎて続かなくなるよりは、
自分のペースに合わせて運動を行うのが良いでしょう。
例えば15分泳いだら5分休みなど、体を休めつつ行うことも大切になります。
泳ぐのが苦手だという場合には、水の中をウォーキングするだけでも運動になります。
ひざが痛かったり腰が痛かったりすると、普通の状態ではウォーキングが困難といえます。
しかし、水の中ならば重力の負かがかからないので、
普段のウォーキングよりも楽に歩けることでしょう。
運動して時には休むことで、リラックス効果もあるのでダイエットのストレスも解消されることでしょう。

プールでウォーキングをする

ずっと泳いでいるのは体力的には無理という人には、
泳いだりウォーキングをしたりを交互に繰り返す方法をオススメします。
プールは一方向が深く、反対側が浅くなっているものが多いと思います。
プールの中でウォーキングをしてダイエット効果を上げるには、
浅い方では泳いで深い方に来た時はウォーキングをするという方法です。
こうすればプール内の水圧を存分にダイエットに生かすことができます。
プールの中には気付かなくても水流が存在しています。
この水流を身体に受けることで、マッサージ効果も生まれています。
全身をマッサージされることで体内の老廃物を流してくれる
リンパが良く流れるようになりむくみの解消にもつながります。
プールの中では単なるダイエットだけでなく、血流を上げてくれる効果もあるのです。
水の中にいるといっても運動をしているので、水分を取りながら行うようにしましょう。
でないと水の中なのに脱水を起こしてしまう可能性もあるので注意して下さい。
プールを利用してダイエットをしたいけど
水着姿を見られるのが恥ずかしいという場合は
このようなフィットネス水着がオススメです。

できるだけ露出部分を少なくしましょう。
いつか自信をもってビキニを着ることを目標に頑張りましょう。

プールにはダイエット効果とリラックス効果がある

2015-07-31-1c
水の中は普段歩いている時と違って、浮力があるために重力の負荷を受けにくくなっています。
そのため水の中で浮いているだけでもリラックス効果が望めるのです。
もちろん水の中には水圧が存在するために、入っているだけでダイエット効果もあります。
プールの中はダイエット効果だけでなくリラックス効果も受けることができるのです。
プールで泳いだり歩いたりするだけで、二つの効果を得ることができるのですからぜひやってみて下さい。