女性にとって「痩せたい」というのは永遠のテーマであり目標かもしれません。
一見痩せているように見える人でも、並々ならぬ努力をしていることだってあります。
だからこそ世の中には、数知れないほどのダイエット方法があります。

過酷なものから簡単なものがありますが、出来るだけ簡単に痩せたいと思いますよね?

今簡単に出来るということで人気が高くなってきているのが下腹温めるダイエットなのです。
でも下腹を温めるだけでダイエットできるのでしょうか?
そのメカニズムなどについて詳しくみていきましょう。

下腹を温めるとどうして痩せる?

2015-09-07b-2

どうして下腹を温めると痩せることが出来るのでしょうか?
今自分の下腹を触ってみてください。
その時に、「冷たいな」と感じる人は内臓が冷えている証拠です。

下腹が冷たいということは、内臓である胃や腸が冷えているということです。
胃や腸が冷えているということは、それらの働きも悪くなっているのです。
それは体の不調にもつながりますし、何より内臓の活動が悪く冷たくなっていると血流も
悪くなるために、基礎代謝が下がり自然と太りやすい体になってしまうのです。

そのため、下腹を温めることで働きの悪い内臓の動きを良くします。
内臓の動きが良くなると血流が良くなるので体温も1℃上がるんです。
体温が1℃上がると、基礎代謝はなんと12%もアップするんです。

いつもと同じような生活をしていても、内臓が温かいか冷たいかで消費エネルギーがかわってくるのです。
だからこそ、下腹を温めることが痩せることにつながるわけなのです。

どうやって下腹を温める?

基本的に下腹を出して生活をしている人はあまりいないですよね。
それでも下腹は冷えてしまいます。
それを温めるには、下腹を温めるような働きをするものを使う必要があります。

一番手軽に出来るのが、貼るホッカイロです。
服や下着の上から簡単に貼ることが出来て、
温めてくれるので簡単に下腹を温めることが出来るんです。
貼るホッカイロダイエット、という著書なども出ているほどなのです。

注意点はあるの?

貼るホッカイロによって下腹を温めるダイエットに何か注意点はあるのでしょうか?

注意点は唯一「低温やけど」です。
ホッカイロは思っている以上に温度があがります。
それを同じ部分に貼り続けると低温やけどを起こしかねません。
そのため、素肌に直接触れないようにすることが大切。

下着の上からつけるのももちろん良いのですが、薄いショーツの上などではなくショーツであれば、
深履きのものなどおへそまでしっかりとカバーできるようなものの上から貼ってみてください。
低温やけどさえしっかりと防止できれば、仕事中でも手軽に出来るダイエットなので効果も出やすくなりますよ。

下腹を温めることで得られるダイエット以外の効果

下腹を温めることは、体にとってとても良いこと。
実はダイエット以外にも様々な効果を得ることができるんですよ。

その効果についてご紹介していきます。

効果1 冷え性改善

下腹を温めると内臓が温まるので、自然と体の血流も良くなります。
そのため、冷え性に悩んでいる人は改善させるのです。
冷え性によって、顔のくすみなどが気になる人も顔のくすみがなくなり健康的な顔色になりますよ。

効果2 免疫力アップ

免疫力に深い関係があるのは、胃腸です。
体の免疫の多くが胃腸に集中しているため
胃腸が冷えていると免疫が力を発揮できません。
そのため、下腹が冷えている人は
免疫力が低下しているので風邪などひきやすい傾向があります。
下腹が温まることで、胃腸内の免疫が活動的になるために免疫力が高まるので風邪など引きにくくなるのです。

効果3 胃腸障害改善

胃腸が冷えていることで胃腸に何かしらの障害が出てしまうことがあります。
胃腸の働きが活発になれば、そういった障害の改善が期待できます。

効果4 女性ホルモンの改善

内臓の冷えは骨盤内の子宮の冷えにもつながります。
子宮が冷えていると女性ホルモンのバランスが崩れていることが多く、
生理不順だったり生理が重かったりなどの症状が出ている場合が多いです。

そのため、下腹を温めることで女性ホルモンのバランスが改善することにつながるのです。

まとめ

2015-09-07c-2

貼るホッカイロだけで、ダイエットはもちろんのこと
体の不調を改善できることにつながります。
とても手軽に出来るものだからこそ、下腹を触って冷たいなと感じる人はぜひやってみてくださいね。