月の満ち欠けは地球の様々な生き物に影響を与えますが、
人体にも影響を与えているといわれています。

月が満ちている時と月が欠けている時、それぞれが人に与えている影響は違ってきます。
それならばスーパームーンといわれている状態の満月の時には、どのような影響があるのでしょうか。

心を落ち着けるための月光浴の方法をお話します。

スーパームーンとはどういうもの?

2015-08-29b-2

月は地球の周りを回る唯一の衛星ですが、その軌道は円ではなく楕円形です。
つまり月と地球との距離は常に一定という訳ではなく、
その時々によって微妙に変わっているのです。

その中でもスーパームーンとは地球との距離が最も近い時に、
満月もしくは新月になった月のことを言います。
スーパームーンになると、月の明るさが通常の月よりも30%増し、
大きさも14%も大きく見えるそうです。

その影響は潮位の差にもわずかですがあらわれます。
地球が影響を受けるのですから、
体の約70%が水分である人体にも影響があるのではないでしょうか。
スーパームーンという名称自体は近年になって言われ始めたものです。

占星術の用語で、災いをもたらすといわれていますが、果たしてどうなのでしょうか。

スーパームーンが与える人体への影響

月は人体において精神的な影響を与えるものとしてとらえられています。
精神異常や狂気をあらわすルナティックという言葉が、
月のルナから来ていることはご存知でしょう。

創作の世界においても月によってバンパイアが力を持ったり、人狼が変身したりします。
このように古来から人間にとって月は精神的に何かしらの影響を与えるものとして考えられてきました。

人によっても満月や新月の時に、ネガティブな感情に支配されてしまうといった人もいるようです。
満月の時には出産ラッシュになるといった話も聞いたことがあります。

月に影響を受けている場合は、満月、新月、下弦、上弦といった場合に、眠れないなどの影響がある人もいます。
ただの月でさえこれほど影響を与えているのですから、
スーパームーンの影響はさらに大きなものになるのではないでしょうか。

月の影響は悪い影響ばかりではない

月の与える波動は、浄化のパワーがあるといわれています。
最近流行ってきているパワーストーンですが、
悪い気を吸い込んだりしたストーンは浄化しなければなりません。

その浄化の方法の一つに、パワーストーンを月光浴させるという方法があるのです。

つまり月には浄化のパワーがあるのです。
インドのアーユルベーダの考え方では、月光浴することで細胞を活性化し、
再生を促進する力があるといわれています。

古代から月光浴は美人を作るための薬といわれてきました。
月光浴をすることで、内面から浄化されて美しくなることができるのです。

月から受ける波動が負のものではないと感じている人は、
月光浴を行って月の力を取り入れてみるのも良いでしょう。
特に地球に最接近するスーパームーンならば、そのパワーは計り知れないのではないでしょうか。

スーパームーンを楽しもう!

スーパームーンは月の周回軌道において、
地球に最も接近する時に満月や新月と重なることの名称です。

大きさや明るさも、普通の満月の時よりも大きく明るく感じられます。
昔から月は人体に影響を与えるものといわれてきましたが、
このスーパームーンのパワーはどのくらいの影響を与えるのでしょう。

月は人の精神に影響を与えてきているといわれていますが、
それを感じる人と感じられない人がいます。
月に負の影響を受けない人は、月光浴を試してみてはいかがでしょうか。

月は浄化のパワーがあると信じられており、パワーストーンの浄化も月光浴で行います。
内面を浄化して内面から美しくなるためにも、月光浴で月のパワーを取り入れてみましょう。

今年最大の満月「スーパームーン」札幌でも(2013/6/23)