日焼けは防ぐもの、日焼けしてもいいことなしと思っていませんか?
むやみに紫外線を浴びることはおすすめできませんが、タンニングにはたくさんのメリットがあります。

例えば、肌が小麦色になるとはつらつとして元気そうに見えますよね。
でも、見た目だけではありません。
タンニングによって実際にあらゆる健康効果をゲットできるのです!
気になるタンニングの健康効果とは…?

タンニングが健康によいといわれる理由

タンニングとは、太陽光やタンニングマシンを使用して皮膚を黒くすることです。
それだけ聞くとなんだか怖いような気もしますが、タンニングにはあらゆる健康効果が期待できます。

タンニング光線には次のような生理作用があります。

  1. 光線が脳を刺激して、気持ちを明るく、前向きにします。
  2. 全身をリラックスさせて、疲労の回復を助けます。
  3. 細胞の生理活動を活発にして、体のエネルギー効率を向上させます。
  4. その結果、体力や運動能力を高めます。
  5. ボデイリズムの調整を助け、自律神経の乱れを改善します。
  6. ホルモンの生成や分泌のコントロール機能を改善します。
  7. カルシウムの吸収に欠かせないビタミンD3を体内で生成させます。
  8. ビタミンD3は、カルシウムの吸収を助けます。
  9. メラニン色素を生成させて、紫外線に対する皮膚の防衛機能を作ります。
  10. 皮膚の角質層を肥厚させて、皮膚の免疫機能を強化します。

気管の上部にあるホルモン分泌腺のひとつ「甲状腺」は、新陳代謝や発育などに重要な影響を及ぼす部位です。
太陽光線に含まれる紫外線には、ここを刺激することによって代謝を活発化させ、
カラダに溜まった余分な体脂肪の燃焼を促す作用があります。

日焼けには2種類あり、急激に紫外線を浴びて皮膚が火傷を起こした状態になるのは悪い日焼け。
一方、適度に浴びた紫外線により発生したメラニン色素自然に肌に定着するのが良い日焼けです。


紫外線は悪いものと捉えられがちですが、気力や体力の低下の原因は紫外線を浴びないことにあると言われるほど。
タンニングによって、精神的にも肉体的にもさまざまな健康効果が得られることがわかっています。

おすすめなのが日光を浴びるタンニング。
紫外線の強い午前10時から午後3時の時間帯は避け、
日差しの弱い夕方の20分程度からスタートします。

1〜2日おきに日差しを浴びながらゆっくりと日焼けするのがコツ。
お金もかからず誰でも手軽に始められるタンニングです。

日焼けによるむくみの原因と解消法

紫外線を浴び過ぎた皮膚は火傷をしたときと同じ状態になり、
血管がダメージを受けると血流が悪くなります。

水分調整もできなくなるためむくみの症状が現れます。
細胞組織が損傷して赤みや発熱などの症状が現れることもあり、
入院を強いられるほど体調が悪くなる人もいるようです。

部分的な火傷と違い、広範囲に及ぶ日焼けはからだに影響が出やすいんですね。

むくみを防ぐには、過度な紫外線を防ぐことが大事です。
外出前に日焼け止めを塗ったり、露出の多い服を控えるなど日焼け対策も忘れずに。
症状を軽く抑えるためには日焼け後のアフターケアも重要です。

個人差はあるものの日焼けをすると2〜6時間程度赤みヒリヒリ感を感じ始めます。
まずは肌を冷やして落ち着かせましょう。

全身を日焼けしている場合は
シャワーを浴びるのが手っ取り早い方法ですが、熱いお湯を浴びるのはNG。
体温くらいの温度で水圧を緩めにして30分程かけて浴びると効果的。
拭くときはゴシゴシこすらず軽い力で押さえるようにして水分を取ります。

それでも収まらないときは、濡らしたタオルやタオルで巻いた保冷剤を使い、熱を冷まします
ほてりが収まったら刺激の少ないボディークリームなどで保湿して肌を保護しましょう。

塗るだけで小麦肌!タンニングローションは事前準備が大事

簡単に小麦肌をゲットできるのがタンニングローション
皮膚の角質面のみを染め、紫外線を浴びることなく期間限定で小麦肌を楽しめます。

用意するものはタンニングローションと保湿用のボディークリームなど。
キレイな小麦色の肌を手に入れたいならイベントの2日前から準備を始めましょう。

タンニングローションがムラになるのを防ぐためムダ毛の処理は欠かせません。
処理が終わったらしっかり保湿して肌を保護します。

タンニングローションはイベントの前の日に塗ります。
足先から体の上部に向かって下から上に塗っていき、
数時間かけて自然乾燥させれば準備は完了です。

肌を均一に小麦色にするためには、まんべんなくローションを塗る必要があります。
首の後ろや耳の裏側などの塗りにくい場所には、化粧用のパフを使うと便利です。

背中は誰かに塗ってもらえればベストですが、
手の届く範囲は手の平を使い届かない場所は市販のグッズなどを利用して塗りましょう。

おすすめタンニングローションはこれ!

クオリス ブロンズターナー セルフタンニング

  • セルフタンニングはモノによっては色ムラがあると事前に調査済みでしたが、
    さすが1番売れてるだけあってしっかり色付いて安心しました。
  • 日サロで焼くのと比べると黄色っぽい感じになってしますが、並ばなければ分かりません。

約1週間の持続力があるタンニングローション。
やや黄味がかった小麦色になるとの感想が多いようですが、不自然なほどではないようです。
重ね塗りすることで黒さを調整できます。

サンレスタンニングローション

  • 1ヶ月持つので、コスパの良さはピカイチかと思います。
  • お風呂で強くこすると落ちちゃうので、そしたらまた上からぬれば大丈夫

大容量の300mlコスパ抜群のタンニングローション。
落ちるのが早いという口コミが見られますが、ひと夏使える量で大満足という声もあります。
ビニール手袋付きで届いたらすぐ使えます。

まとめ

  • タンニングには精神的、肉体的にさまざまな健康効果が得られること
  • 日焼けによるむくみは冷やして保湿することで改善する
  • タンニングローションはイベントの2日前から準備をはじめる

タンニングと紫外線を浴びることによる健康効果についてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

紫外線はからだに悪い影響を与えるだけと思われがちですが、
浴びることでたくさんの健康効果が期待できます。
肉体面だけでなく精神面にも作用するのは知りませんでした。
体脂肪の燃焼を促すダイエット効果があることも見逃せません。

長時間紫外線を浴び続けることはおすすめできませんが、
適度なタンニングは健康を維持するのに役立ちます。
紫外線が強い時間帯を避け、少しずつ日焼けする方法で健康を手に入れましょう。