炭酸水水素水はどちらも美容や健康に利用される為、
同じような物のように感じている人が多いと思います。
でも実際はその効果や、利用方法も全く違う物なのです。

より効果的に炭酸水や水素水を利用する為にも、それぞれの効果をきちんと知って、
上手に利用するようにしましょう。

炭酸水とは

2015-09-15b-1

炭酸水は二酸化炭素が溶け込んだ水の事です。
炭酸水の泡は二酸化炭素なんですね。

炭酸ガスはタンパク質を吸着する性質があるので、
皮膚の余分な角質や古い細胞を剥がしてくれる働きがあります。
更には炭酸水は弱酸性なので肌や髪をツルツルにして細菌を除去してくれます。

炭酸水の温泉である炭酸泉という物がありますが、
これは皮膚病などにも効くとても肌に良い温泉となっています。

一方、炭酸水を飲んだ場合には体は一度に大量の二酸化炭素を取り込む事になります。

ご存知のように人間は酸素を取り込んで二酸化炭素を吐き出しているので、
体は大量の二酸化炭素が血液中に溶け込んだ事で酸欠状態と感じて血管を広げ、
二酸化炭素を排出しようとします。

このため、血流が促進され、老廃物を体外に出す働きが活性化するのです。
Twitterに、美容系のツイートがありましたが、こういう感じですね。

水素水とは

水素水とは水素が多量に溶け込んだ水の事です。

水素水は特にアンチエイジングに効果があると言われています。

なぜなら、人間の老化の原因である活性酸素と結びついて取り除いてしまうからです。
このため、水素水は炭酸水ほど劇的な体の変化は現れませんが、長い時間続けていると
確実に身体の健康状態を向上させる事が出来ます。

いわゆる身体が錆びる状態と言われる酸化を止めてくれる働きがあるのです。

また、酸化と連動している糖化も、抑える事が出来る為、美容にとっては水素水は
重要な存在と言えるでしょう。
糖化は肌の弾力を失わせ、ハリツヤのない肌にしてしまう原因とされていて、
糖分とタンパク質が結びつく事で発生します。

この糖化も身体の酸化によって加速されるので、水素水が健康と美容に
重要な役割を果たすと言われているのです。
簡単で分かりやすく水素水について呟いているツイートがありました。


まとめるとこういう事ですね。

炭酸水と水素水はどんな場面で飲む?

炭酸水と水素水の役割が分かった所で、
それぞれ、どのような時に飲んだり使ったりすると良いか考えてみましょう。

炭酸水は血行を促進させ、代謝をアップさせます。
という事は運動の前後に飲むと効果がありそうです。

また、炭酸水は短期間に二酸化炭素が抜けてしまうので、
飲んだ場合胃を刺激する事になります。
二酸化炭素は腸までは届かないようです。
という事は、炭酸水は少量飲んで食事をすると、
胃を活性化して食欲を促進してしまう可能性があります。

炭酸水ダイエットの場合はある程度の量を飲まないと
逆効果になってしまうおそれがある訳です。
これには注意が必要でしょう。

また、炭酸水を飲んだ後の食事は
急激に血糖値が上がるというお医者さんのお話しがありました。
糖尿の人はその辺りも注意が必要です。

一方の水素水は常時飲むのが理想ですが、特に血液が酸化、糖化しやすい時間帯、
つまり目覚めてすぐに飲むのが効果的なようです。

水素水は作りたてが良い

2015-09-15c-1

炭酸水は圧力を掛ける事によって本来溶け込める以上の二酸化炭素を封じ込めています。
容器の蓋を開けると、大量の泡が発生するのは圧縮されて閉じ込められていた
二酸化炭素が逃げている為です。

ですので、開けたらすぐに飲んだり使用したりしないと
効果がどんどん薄くなってしまいます。
一方で水素水は飽和状態以上に詰め込んでも
分子が細かいのでなかなか閉じ込めておく事が出来ません。
アルミパウチでも逃げる水素を防ぐ事は出来ないのです。

つまり市場に出回っている水素水は
飽和状態かそれ以下程度の水素量という事になります。

より水素量の多い水素水が飲みたいなら、作りたてを飲む他ありません。
最近は水素水サーバーの携帯タイプも出ているようで、
健康志向に応える技術がどんどん開発されていて頼もしい限りですね。

市販の水素水に関してはパッケージ表記はあくまでも封入時の含有量なので、
日数経過によってどんどん水素が抜けていくという事は覚悟しましょう。

つまり市販の水素水を購入する場合は、製造年月日を見て、
出来るだけ短期間の物を購入するのが良いという事です。