毎朝、寝起きがダルイ、やる気が出ない、イライラするどうして何だろうって悩んでいませんか?

もし、かしたら、それは低血糖かもしれません。
今回は近頃何かと話題になっている低血糖の症状と手軽なサプリメントを飲んで
寝起きをすっきり改善する方法について説明したいと思います。

低血糖の症状は?

あなたが今悩んでいる、寝起きが悪いやる気がでない疲れやすい
偏頭痛がするイライラする、身体がだるい症状はなぜ起きるのか?
とてもわかりやすく説明してくれています。

今回はこの動画に沿ってお伝えしますね。

先ほど挙げた症状は驚くかもしれませんが
血糖値の激しいアップダウンが関係して起こっている場合があります。

人間の体は白ごはんやお菓子などを食べると、血糖値が上がるように出来ています。
そして、血糖値が上がり過ぎないように上がり始めると、インスリンと言うホルモンがでて血糖値が下るようになっています。

このように、健康な人の体は血糖をコントロールできるようになっています。
しかし、低血糖の人はこの血糖調整を上手く行うことが出来きません。

インスリンがでて血糖値が下がり始めた時に
普通ではそこまでいかないというレベルまで下がり過ぎてしまう傾向があるのです。

では、血糖値が下がりすぎるのは何が悪いのでしょうか。
実は、血糖値が下り過ぎることは命の危険を意味しているのです。

ですから、体は全力で血糖値を上げようとします。
血糖値を上げるためには糖質を食べるまたは、ホルモンを使う、この2つの方法があります。

その時に使われるホルモンにはアドレナリンコルチゾールなどがあります。

しかし、アドレナリンは血糖値を上げる一方で興奮させたり、
イライラ不安を引き起こす原因となりひどい疲れを引き起こすもとにもなっているのです。

「だったら、お腹が空いた時や血糖値が下がった時に飴玉でも舐めればいいや」
と思う人もいるかもしれませんが、飴玉(糖質)を舐めると血糖値が一気に跳ね上がります。

血糖値が上がれば上がるほどインスリンを出して血糖値を下げようとします。
そして、また下がり過ぎた血糖値を上げようとして体に負荷がかかっていくという悪循環を繰り返してしまうのです。

血糖値についてはこちらの記事もご参考に!

低血糖の人でも朝スッキリ起きれる方法

そこで、低血糖の人が朝スッキリ起きられる方法をお伝えします。

その方法は、夕食時に血糖値を上げる糖質を食べない、
つまり「糖質制限夜ごはん」にすること。

主食である白ごはん、パン、パスタ、うどんなどは食べずに
肉、魚、サラダ、豆腐などのおかずだけをお腹いっぱい食べてください。

低血糖の人が寝起きが悪い理由は以下です。
白ごはんやパンなどは吸収されやすいので、血糖値がすぐにググッと一気にあがってしまいます。

そしてその後にまた一気に血糖値が下がり過ぎて睡眠中低血糖症状になり
お腹がすいてよく眠れないまま朝を迎えるので寝起きが悪いんですね。

逆に肉や魚は食べても血糖値が上がりにくく体に負担をかけませんので、
お腹いっぱいになるまで食べてくださいね。

食後のデザートはもちろん食べてはいけません。
食後のコーヒーに砂糖を入れるのも、夜は禁止です。

なれるまでは、大変かもしれませんがこの方法はやった次の朝から効果が実感できると思います。

もし、試してみてあなたにあっていると思ったら夜だけではなくて、
朝も糖質制限ごはんにしてみる、
さらに体の調子がよければ3食全て糖質制限ごはんにも挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

まずは無理をせず夕食時だけグッスリ眠れて、スッキリ起きれる「糖質制限ごはん」にしてみましょう!

低血糖に効果的なサプリメントと低血糖予防法

それではここからは低血糖に効果があるサプリメントを紹介します。
サプリメントなら外出先で手軽に口にすることができてとっても便利です。

L−グルタミン酸

L−グルタミン酸は、数多くあるアミノ酸の中でも低血糖の症状にとても効果的なアミノ酸です。

グルタミン酸は筋肉の維持血糖値の安定化に効果的なだけでなく、
腸の活動を助ける効果もあるので、胃腸障害のある方にも愛用されています。

普段からできる低血糖予防法は?

低血糖の予防法としては
自分自身がどんな時に低血糖症状を起こすかいくつかのパターンを知っておくことが重要です。
例えば、食事の時間がいつもより遅れた時または、朝ごはんを食べなかった時に症状がでるなど
パターンを知ることで、事故を未然に防げます。

次にお菓子や甘いジュースを飲まないようにします。
もし、食べたくなったらナッツチーズなどで代用しましょう。

白ごはん、パスタ、パン、うどんなどの糖質摂取量をできるだけ減らすことも効果的です。
血糖値が一気にあがりますので気をつけてください。

お酒好きにはつらいですがアルコールも減らしましょう。
アルコールを飲むと体の糖を消費するので低血糖の症状が現れやすいのです。

食事のとき、食べる順番を考える。
おにぎりを食べる時でも、いきなりおにぎりにかぶりつくのではなく
最初に豆乳を飲んだり野菜サラダを食べるだけでも血糖値には差がでてきます。


まずは野菜やスープなどから食べるのが理想的です。

まとめ

低血糖による寝起きの悪さサプリメントで解消する方法をお伝えしてきました。
この記事を読んで、わたしも隠れ低血糖かも?と感じた方もいるかもしれませんね。

低血糖はまさに現代の時代を反映した病気ということができると思います。
どこにいても簡単にお菓子を購入し、
喉が渇けば自動販売機やコンビニで好きな甘いジュースを口にすることができますし
昼ごはんも菓子パンやカップ麺などの糖質オンリーのようなもので済ませたりしていますよね。

白ごはんやパンなどの主食をタンパク質メインに変える前にまずは、
お菓子や甘いジュースをやめることから低血糖症改善をはじめてみませんか?