雨の日や台風の日など、なんだか気分が乗らない。
そんな体験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?
でもどうして、雨の日や台風の日に憂鬱な気分になるのでしょうか。

「雨だから」とよく口にすることもありますが、具体的な理由と憂鬱な気分の解消法をご紹介します。

低気圧で情緒不安定になる理由は?

2016-04-25b-1

低気圧によって情緒不安的になってしまうのは、
気圧の変化と自律神経が深く関わっているからです。

自律神経とは、私たちが生きていくうえで欠かせない機関で体温を調節したり
血圧の上げ下げをしたりなど生きていくうえで、
必要だけれども私たちが普段意識していない部分は、自律神経が司っているのです。

自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあり
それぞれが必要なタイミングなどで優位になることで、体の調子を保っているのです。

この自律神経は、気圧の変化にももちろん適応しています。
私たちは低気圧なのか高気圧なのかということは一見してわかりませんが
体は様々な環境の条件から気圧の変化を感じることができます。

例えば、気圧が低くなると酸素が若干ですが薄くなり、外も光が少なく暗くなります。
さらに、耳の中にはより敏感に気圧の変化を感じる部分がありますが、
その部分でも気圧の変化を感じることができます。

こういった条件から、体は気圧が低くなったことを感知して
自律神経の内、副交感神経が優位となるのです。
副交感神経が優位になると、
体は疲労を感じやすくなったり眠気を感じたりするのが特徴ですが、
それだけではなく気持ちも落ち込んでしまうことがあるのです。
これがまさに、低気圧の際に情緒不安的になってしまう理由なのです。

副交感神経の具体的な働きは?

気圧が下がることで副交感神経が優位になるということをご紹介しましたが、
そもそも副交感神経が優位になることで体にはどのような変化が起きるのでしょうか?

副交感神経は、マイナスなイメージをもっている場合も多いですが、
決してマイナスな働きをするのではなく『リラックスしたときに働く』というように思っておくのが良いです。

基本的に私たちの生活において、
副交感神経が優位になるのは体をリラックスさせた場合になります。

食事中・睡眠中などがわかりやすい例です。
食事をする時、人は体を休めたいと思っているからこそ
食事ができるように副交感神経が優位となり、消化しやすい状態になるのです。

胃酸を多く出したり、腸を動かしたりなどをさせるのです。
副交感神経は、このように体をリラックスさせたいときに働く神経なのです。

天候によって憂鬱になってしまうのは?

では、天候によって気持ちが憂鬱になってしまうのはどうしてなのでしょうか?
特に「雨の日に憂鬱になる!」という場合が多いです。

これも、まさに気圧の変化による情緒不安定と同じ理由になります。
気圧が低くなる時、天候は雨や台風になります。
つまり、憂鬱だと感じる時の天候の場合には気圧が低くなっているのです。
これが天候によって憂鬱になってしまう原因なのです。

天気によって憂鬱になった時の対処法

雨や台風で気圧が下がることで憂鬱になってしまった場合、
それでも仕事や学校に行かなければいけません。
そういった時、憂鬱な気分を対処する方法はあるのでしょうか?

好きな音楽を聴く

好きな音楽や気分が高まるような音楽を聴いてみましょう。
好きな音楽を聴くということで、憂鬱な気分を高めることができますよ。

一度泣いてみる

思い切り泣いたことで気分がすっきりとすることありますよね?
雨の日の憂鬱な気分も、涙を流すことですっきりとさせることができます。
もちろんあまり泣いてしまうと、
その日の仕事や学校に影響してしまうこともありますが、
影響が出ない程度で涙を流すことですっきりとしますよ。

好きな香りをつけてみる

香水やアロマなどどんな方法でもよいので、
自分がリラックスできるような香りをまとってみましょう。

それだけで憂鬱な気分を解消することができます。
いろいろ試してリラックスできる香りを見つけましょう。

まとめ

2016-04-25c-1

天気によって情緒不安的になる原因は、気圧の変化によるもの。
体は敏感に気圧に反応するのです。

こういった気圧の低下によって気分だけではなく体調不良まで起きるようになることもあります。

その場合には、交感神経を優位にするような対処法をすることで
体調が改善することがあるので交感神経を優位にする対処法を試してみてくださいね。