糖質制限ダイエット中で飲み会に誘われてしまったときの対処法について徹底解説!
せっかく低糖質ダイエットを実践している最中に外食へ誘われたら
メニューを限定して対応しよう!

低糖質ダイエット中でも食べてOKな居酒屋メニューの概要と特徴について紹介。

低糖質ダイエット中に食べては駄目なメニューと食べた方が良いメニューとは

糖質制限ダイエット中でもOKのメニュー

2015-07-14-2c

今現在、さまざまなダイエット法が開発されてきた中で
特に多くの人から高い支持を集めているのが
「糖質制限ダイエット」と呼ばれる、食事制限を主体としたダイエット法です。

糖質制限ダイエットとはその名のとおり、
糖質や体内で糖質に変換される炭水化物の摂取を制限しながら
食事メニューを決定していくダイエット法です。

糖質制限ダイエットでは糖質を制限する為に甘い食品はもちろん、
血糖値が上昇する原因となるパンやご飯、麺類など炭水化物を多く含む
「穀物類」の摂取量を著しく制限することになります。

しかし、普段の生活ではこれらの食品を意識的に制限できたとしても、
会社やプライベートで「外食」のお誘いが入った場合は
糖質制限ダイエットの継続が非常に困難に感じられます。

ここでは糖質制限ダイエット中でもOKの外食メニューについて簡単に紹介したいと思います。

まず、会社やプライベートの飲み会で利用する機会の多い
「居酒屋」を訪れた際のメニューについてですが、
糖質制限ダイエット中に居酒屋で食べてもOKのメニューとしては
「サラダ」や「枝豆」、「豆腐系料理」、「漬物」、「海鮮系料理(お刺身など)」、
「串焼き」などが挙げられます。

これらの料理は作り方がシンプルかつ糖分がほとんど加えられていないので、
制限糖質ダイエット中でも問題なく食べられます。

中でも「枝豆」は低カロリーで高タンパク、炭水化物も少なめなので
糖質制限ダイエット中の「パーフェクトフード」と言っても良いほど優れたおつまみです。

糖質制限ダイエット中にNGなメニュー

糖質制限ダイエット中はどうしても食べたい物が食べられなくなるストレスと
向き合う事になりますが、それが会社の飲み会やプライベートで
友人と外食するといった場面ではストレスが尚更大きくなってしまいます。

しかし、糖質制限ダイエットは如何に短期間で糖質の摂取を制限して痩せるかが鍵となる為、
ここで食欲に負けてしまっては全てが水の泡になってしまいます。

そこで今回は糖質制限ダイエット中に居酒屋や外食で食べると
NGなメニューについて簡単に解説してみたいと思います。

まず、飲み会や友人との食事で利用する機会の多い居酒屋メニューについてですが、
糖質制限ダイエット中に居酒屋で頼むとNGなメニューは主に
「炭水化物」と「糖質」を多く含む料理です。

たとえば甘辛く煮込んだ「モツ煮込み」や衣部分に炭水化物と脂質がたっぷり含まれた
「揚げ物系料理」、ドレッシングに糖質が多く含まれている
「シーザー・マヨネーズ系サラダ」などが挙げられます。

また、フライドポテトや長いも料理のような「芋系料理」は
炭水化物が豊富なので糖質制限ダイエット中は特に避けた方が無難なメニューと言えます。

また、糖質制限ダイエット中はコースの終盤で出される
焼きソバやチャーハンなどの「〆系料理」や「デザート」も我慢する必要があります。

糖質制限ダイエット中のお酒の飲み方

2015-07-14-2a

糖質制限ダイエット中に居酒屋などの外食にお呼ばれしてしまった場合、
気になるのは食べてもメニューとそうでないメニューの区別だけでなく
「飲んでもOKなお酒」に関する知識だと思います。

実はお酒にも糖質がたっぷりと含まれているアルコールメニューが幾つかあり、
特に乾杯の代名詞でもある「生ビール」には非常に多くの糖質が含まれています。

そのため、居酒屋で飲むお酒はビールを避けて糖質の少ない
「焼酎」や「ウイスキー」のような蒸留酒を中心に飲むのがオススメです。

しかし、中には最初から蒸留酒のような強いお酒は飲めない
という人も居るかと思いますので、
そんな人にはウイスキーをソーダで割った「ハイボール」をオススメします。

ハイボールであれば糖質はほとんど含まれておらず、
炭酸の刺激でビールに似た喉越しを味わうことが出来ます。
また、他にもカクテル系を飲むなら蒸留酒をソーダで割ったメニューを中心に飲む事が大切です。