女性なら誰しもきれいな肌でいたいですよね。
きれいな肌のためには日焼けしないしわをつくらないなどもありますが
それ以上にシミは肌の悩みの中でも大きなものです。
こういった肌の悩みであるしみにはどういった方法で改善させることができるのでしょうか?

どうしてシミが出来るの?

2015-07-03-1b
なぜシミが出来てしまうのでしょうか?
肌にはチロシンというアミノ酸が存在しており
チロシンが変化してチロシナーゼという酸化酵素になります。
この酵素チロシナーゼがメラニンへとなります。

ただメラニンが全て悪者というわけではなく、
メラニンは紫外線から肌を守る働きがあります。
肌が紫外線からダメージを受けてDNAが破壊されたり、
細胞が死んで皮膚がんになったりしないようにしてくれるのです。

だからこそなくてはならないもので、肌のターンオーバーで通常は排出されていくのです。
ただ紫外線にあたりすぎたり、加齢であったり生活習慣などによって
ターンオーバーが正常に行われないと、メラニンが排出させることがなくシミとして残ってしまうのです。

しみの改善は出来るのか?

しみの改善方法としてまず大切なことは肌を健康的な状態にしておくことです。
というのも、肌が健康的な状態であればメラニンがつくられたとしても
肌のターンオーバーで大体28日ぐらいで垢としてはがれます。

そのため健康的な肌であればしみが出来てしまうことが少ないわけです。
ですが、健康的な状態でなければ正常に排出されないために
しみが残り沈着していってしまうのです。

肌を健康にするための方法として大切なのが、正しい生活習慣と肌ケアです。
生活習慣が乱れているだけでも、肌の健康状態は保てません。

食生活の偏り睡眠不足などこれらは肌にとって悪い影響を与えてしまうのです。
さらに肌ケアも洗顔から保湿まで正しい方法で行わなければ肌の状態は正常にならないのです。
といってもなかなか規則正しい生活を続けることは難しく、肌ケアに関しても同様です。

またそれ以外の加齢でもターンオーバーは崩れてしまうため、
どうしても肌を健康的に保つというだけではしみの改善が出来ないこともあります。
そこでしみに効果的だとされているのがトレチノインハイドロキノンなのです。

シミ対策についてはこちらの記事もご参考に!

トレチノインとハイドロキノンとは?

トレチノインハイドロキノンとは一体どういうものなのでしょうか?
まずトレチノイン。

トレチノインはビタミンAの働きをもつ物質です。
ビタミンAが肌においてどういう働きをするかというと、
肌の角質とよばれる部分の保湿力を高めたり肌の表面にある
表皮細胞という部分の保護機能を高めたりなど肌にとっては欠かせない存在です。

トレチノインはそのビタミンA50300の働きをするといわれています。
具体的な働きとしては、肌の古い角質をはがすことで皮膚の再生を促進させます。

そうするとこによって、肌奥の部分にまで沈着してしまった
シミやそばかすなどにも効果が期待できるのです。

また、コラーゲンの生成を促進させてくれるので皮膚のハリなどが戻り、
しわの改善にも効果が期待できます。

そしてヒアルロン酸の分泌も促してくれるので、保湿力の高い肌作りにつながるのです。
そのためしみしわ対策に効果があると考えられているのです。

そしてもうひとつのハイドロキノン。

アメリカでは当たり前のように美容成分として使用されているものです。
イチゴや麦芽などに含まれている天然成分であるハイドロキノンには酸化しにくくする働きがあります。

これが作用して、メラニンをつくる酵素、チロシナーゼを働かせないようにし、
メラノサイトというメラニン色素のもとになるものを減少させます。
もちろんこういったシミが出来る前の段階を予防するだけではなく、
肌の表面上に出来てしまったしみやそばかすにも効果が期待できるのです。

そのためトレチノインとハイドロキノンを併用することで、
肌の表面上のしみやそばかすはもちろん肌の奥にまで沈着したしみそばかすにも作用し、
さらにはしみそばかすの予防をすることもできるため、
この2つがしみそばかすに効果的だといわれているのです。

使用方法は?

どちらも作用が強すぎるため、正しい使用方法でないと
逆効果になるなどになってしまう可能性もあります。
そのため、正しい使用方法を知っておくようにしましょう。

まず丁寧に洗顔し、その後化粧水を顔全体につけます。
この時の化粧水はビタミンC誘導体が含まれるものだとより効果的です。

化粧水が乾いたら、トレチノインを使用します。
トレチノインは綿棒などを使用し、シミからはみ出ないように薄く塗っていきます。

トレチノインは効果が強いため、目の近くで使用すると失明してしまう可能性もあるため、
シミだけピンポイントに塗るようにしてください。

トレチノインがしっかり乾いたらハイドロキノンをシミ部分に塗っていきます。
ハイドロキノンはシミからはみだして塗ってしまっても大丈夫です。

デリケートな目の周り口の周りだけ避ければ顔全体でもOKです。
ハイドロキノンが乾いたら、乳液やクリームなどの保湿剤で保湿しましょう。
これを12、朝と夜行うことで効果が期待できます。

注意点はあるの?

トレチノインとハイドロキノンともに効果が強いもののため、
使用する上での注意点もあるので、注意点も知っておくようにしましょう。

トレチノインの注意点

まず効果が強いため、回り1㎝以内の使用はNGです。
特にデリケートな部分であるため、注意しましょう。

また、肌をはがしていくようなイメージのため
使用中の保湿日焼け止めだけは怠らないようにしてください。

使用してすぐに赤みが出て心配になりますが
使用を続けると赤みはなくなるので心配なく。
ただ肌に合わないなどで赤みがずっとひかないこともあるので、
そういった場合には使用をやめてください。

妊婦さんは使用できないので、妊娠が発覚した時には使用を中止してください。

ハイドロキノンの注意点

ハイドロキノンは熱や光に弱いという特徴があるため、
保存方法はしっかりと密閉して冷蔵庫などで保管するようにしましょう。

またハイドロキノンを使用している時も日焼け止めと保湿だけは怠らないようにしましょう。
ハイドロキノンも妊婦さんは使用できません
妊娠が発覚した時には使用を中止するようにしてください。

お肌に優しくシミ対策!

トレチノインやハイドロキノンは効果は高いけれど刺激が強いことがわかりましたね!
敏感肌だと、そんな刺激の強いもの使うにはとても勇気がいりますよね。
刺激が心配でシミのケアを諦めたこともあるのではないでしょうか?

そんな時に安心なシミケアのクリームがありますよ(*^^*)

まず、6つの添加物フリーでお肌に優しいです。
そして医薬品なので、安心して使えるのが嬉しいですね。

美白有効成分も配合されており、効果が期待大です!
シミだけでなく小じわへの効能評価試験済みなので
お肌の悩みを一気に解決してくれるので一本買っておいて間違いなしでしょう(*^^*)

まとめ

2015-07-03-1c
普段の生活習慣などを見直しまずは肌を健康な状態にしておくことが大切です。
ですがそれだけでは、しみを改善できないこともあるため
そういった場合にはトレチノインとハイドロキノンを正しい方法で使用してみて改善をさせてみてくださいね。