だんだん気温が暖かくなり、
汗のケアに気をつかう夏が近づいてまいりましたね。

汗といえば、気になるのはわきが
自分では気付きにくいと言いますが、気にされている方も多いことでしょう。

わきが手術の効力や、テープによる予防の効き目等、
気になるわきが情報をまとめてみました!

脇の臭いの原因

2016-06-24b

脇の下は、汗を分泌する感染が集中している部位ですし、
心臓に近いこともありとても汗をかきやすい部位なんです。

実は、汗そのものは無臭なのですが、汗を大量にかくことで、
服についた皮脂から雑菌が繁殖してしまい、汗臭さの元に。

また、脇の下にある独特な汗腺、アポクリン線も臭う原因。
ここから分泌される汗は、脂質やたんぱく質、
アンモニア等が含まれているので、独特の臭いがあるんです。

ちなみに、わきがは遺伝要素が高いので、
家族や親戚にわきがの人がいましたら、
あなたもわきが体質の可能性が高いので、要注意です。

わきがの原因・女性の場合

ワキガというと、男性に多いイメージが強いものですが、
実際に悩まれているのは圧倒的に女性が多いんですよ。
性によってわきがの原因は違ってくるので、
ここでは女性の場合についてお教え致します。

男性と比べると、女性はアポクリン汗腺が多く、
皮脂を分泌しやすい性質もあるので、男性よりわきがになりやすいんです。

ストレスや食生活の乱れも、わきがの原因に。
脂っこいものばかり食べていたり、
ストレスが溜まっていたりすると脇の臭いが増加してしまいます。

ただ、女性は普段からエチケットに気を使う方が多いので、
臭いが抑えられ、わきがでも目立たない方が多いのが特徴です。

わきがの原因・男性の場合

一方、男性でわきがの方は、肥満体質な場合が多いです。
肥満ですと汗をかきやすく、
臭いの元になる常在筋により分解された臭い汗が皮脂と混ざって強烈な臭いを発します。

男性の場合は、腋毛を処理されていないことが多いのも、
臭いを増幅させる一因です。

女性なら、汗をかいてもこまめにケアする方が多いですが、
男性ですと、家を出てから帰宅するまで、
特にケアされることがない場合が多いので、
男性のわきがは、女性のわきがと比べると臭いがとても強烈です。

どんな予防方法があるのか

では、困ったわきがの臭いを予防するにはどんな方法があるのでしょうか?
ここでは、簡単にできる対策をご紹介します!

食生活の改善

肉や脂物の多い食生活だったり、
タバコ・お酒をたくさん愛飲されていると体臭が強くなる原因となります。

食事は野菜類を多く摂取、タバコとお酒は控えめに。
健康的な食生活を心がけてみてください。

衣類の洗剤や柔軟剤を変えてみる

衣類の雑菌も臭いの元なので、洗剤・柔軟剤は、抗菌、
防臭効果の高いものに変えて、汗をかいた衣類はなるべくこまめに洗濯するようにしましょう。

肌に直接触れるインナー類は、次の日も着用・・・
なんて横着は絶対にせず、毎日洗濯してくださいね。

脇の下にテーピング

腋毛を剃り、洗って清潔にした脇に
テーピングを貼るだけでも、臭い予防に効果的です。
テーピングは汗を吸い取るので、臭いを発散させ難いんです。

ただし、脇の下はデリケートなのでかぶれる可能性もあります。
又、普通のビニールテープでは絶対に行わないでくださいね。

このように脇専用のテープもたくさん種類があります。

こちらは透明のフィルムなので目立ちにくいです(*^^*)

わきが手術の効果は?

わきがで悩む方が、一度は考えるのが手術のこと。


だけど、手術は費用もかかりますし、
リスクもあるので、色々情報収集してから踏み切りたいですよね。

わきがの手術といっても何種類かあり、
施術法により、その効果も様々です。

ボトックス注射、電気凝固法は、
比較的安価に出来て、痛み等のリスクも少ないですが、
効果は永久には続きませんし、重度のわきがの方には向かない施術です。

レーザー治療、マイクロリムーブ法、剪除法は、
費用は高めですが、効果は半永久的に続きます。

手術方法や個人差により、術後の安静期間は異なりますが、
早くても1~2週間、遅いと2ヶ月前後は仕事復帰が難しい場合もあります。
特に剪除法の場合は、術前に余裕を持ってスケジュールを組んでください。

まとめ

2016-06-24c

いかがでしたか?

わきがは、自分が気になるだけでなく、
周囲の方にも迷惑をかけてしまいますし、
指摘されてしまうと恥ずかしいので、臭い対策は欠かせませんよね。

まずは、ご紹介した予防方法を試してみてから、
思うような効果を得られなかったら、
手術についても検討してみると良いかもしれません。

手術を受ける病院は、口コミ等をしっかり調べて、
信頼できる所を選んでくださいね。

気になる脇臭を撃退して、夏を楽しみましょう!